SC-02C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NTTドコモ GALAXY S II(SC-02C)
Galaxy S II Logo.png
Samsung Galaxy S II (3).jpg
グローバルモデルとしてのGalaxy S II
キャリア NTTドコモ
製造 サムスン電子
発売日 2011年6月23日
概要
OS Android
2.3.3 → 2.3.5 → 2.3.6 → 4.0.3
CPU Samsung Exynos 4210 Orion Dual-core 1.2GHz(S5PC210)
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz2.1GHz)
(2G:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz)
データ通信方式 3.5GFOMAHSDPA/HSUPA
2GEDGE
IEEE 802.11a/b/g/n準拠
形状 ストレート
サイズ 約126 × 66 × 8.9 mm
質量 約120 g
連続通話時間 約430分(音声電話時・3G)
約450分(音声電話時・GSM)
連続待受時間 約640時間(静止時・3G)
約480時間(静止時・GSM)
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth Bluetooth 3.0 + HS [1]
放送受信機能 ワンセグ
備考 1. SAR値:0.253W/kg
2. 製造国:韓国の旗 韓国
3.バッテリー容量:1,650mAh
メインディスプレイ
方式 SUPER AMOLED Plus
解像度 480×800
ワイドVGA
サイズ 4.27インチ
表示色数 16,777,216色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素CMOS
機能 顔検出AF
Full HD動画撮影機能
サブカメラ
画素数・方式 約200万画素CMOS
カラーバリエーション
Noble Black
Ceramic White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン GALAXY S II SC-02C(ドコモ スマートフォン ギャラクシー エス ツー エスシー ゼロニ シー)、後のdocomo NEXT series GALAXY S II SC-02C(ドコモ ネクストシリーズ ギャラクシー エス ツー エスシー ゼロニ シー)は、韓国サムスン電子(サムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパン)によって開発された、NTTドコモ第3世代移動通信システムFOMA端末である。世界モデル「GALAXY S II」の日本モデルとなる。ドコモ スマートフォンのひとつとして発売され、2011年冬モデル発表以降はdocomo NEXT seriesに分類されている。製品番号はSGH-N033

概要[編集]

2010年10月に発売されたGALAXY S(SC-02B)の後継機種。「GALAXY S」に比べ大幅にスペックアップされた世界モデル「GALAXY S II」の日本向けモデルで、CPUには「GALAXY S」よりもクロックアップされたサムスン独自のデュアルコアCPU「Exynos 4 Dual」を搭載しており、デュアルコアを搭載したスマートフォンとしては国内初の機種となる。また、当初は1.0GHzと発表されていたクロック周波数だが、発売時には1.2GHzへと改められた。OSも「Android 2.3.3」を搭載したことで従来に比べ大幅な動作速度の向上が図られている。

画面サイズが約4.3インチと「GALAXY S」よりもさらに大型化し、バッテリーも1650mAhと「GALAXY S」よりも1割ほど大容量化しているが、本体の厚さは8.9mm、重さも120gとスリムなボディを実現している。またグローバルモデルは背面部がマットな塗装だが、国内モデルは光沢感のある塗装を採用した。

ディスプレイにはサムスン独自の有機ELディスプレイ「SUPER AMOLED Plus」を採用し、「GALAXY S」に比べ実質2倍の解像度となるため、鮮明な画像を表示することができるほか、従来の「SUPER AMOLED」と比べさらなる輝度の向上や消費電力の低減を実現した。ディスプレイ表面には耐久性に優れ、傷が付きにくいコーニング社製「ゴリラガラス」を採用する。

世界モデルと異なりワンセグが搭載されており、録画予約にも対応する。しかし、世界モデルに搭載されているNFCは搭載されていない。ワンセグではiモードなどでは当然となっている「Gガイド番組表」アプリから視聴・録画の予約が可能なほか、持ち出し機能に対応したパソコンなどで録画した地デジ番組をmicroSDHCカードで持ち出して、外出先で試聴することも可能となっている。

センサーとしてA-GPS、Gセンサー、デジタルコンパス、光センサー、接近センサー、Wi-Fi Directなどが搭載されている。

本端末では通常のAndroid UIの他に、ドコモが開発したAndroid用のUIである「docomo Palette UI」が搭載されており、このUIを利用することで、たくさんダウンロードしたアプリなどをカテゴリ毎に整理することが可能となり、目的のアプリを簡単に見つけることができるようになる。またパレットは自分好みの色にすることができるほか、よく使うアプリを自動的に最上段に表示させることができる。またドコモ2011年夏モデルのスマートフォンの特徴でもある、iモード搭載携帯電話機能のiチャネルBeeTVメロディコールドコモ地図ナビといった機能が利用可能となっている。

通信機能としてはHSDPA14Mbpsに対応し、高速な3G通信に対応しているほか、Wi-FiにおいてもIEEE802.11a/b/g/nに対応し、最大150Mbpsの通信が利用可能となる。またWi-Fiテザリング機能にも対応したことで、本機を14Mbps対応のモバイルWi-Fiルーターとすることが可能となる。

フルHD動画の撮影・再生に対応。microUSB端子からHDMIへ出力するHDMI変換ケーブルSC01(別売)または各メーカーから出ているMHL変換アダプターを使うことにより、GALAXY S IIで録画した映像を対応のテレビに出力させることができる。

2012年3月26日、ドコモからAndroid 4.0へのバージョンアップが発表され、7月3日から開始された。しかし開始直後に不具合が発覚し翌4日に提供が一時停止、8月7日から提供が再開されている[2]

発表当時、本機とほぼ同時期に発売された富士通製のF-12Cや、2011年に発売されたソニー・エリクソンXperiaシリーズ(SO-01CSO-02CSO-03CSO-01D)のバージョンアップも検討されていたが、メモリ(RAM)不足の可能性があるため、これらのバージョンアップは全て7月2日に却下された。その結果、2010年冬春モデル・2011年夏秋モデルでAndroid 4.0へバージョンアップされた機種は本機のみとなった。

Android 4.0へのアップデートに伴う変更点[編集]

  • フェイスアンロック(顔認識ロック解除)機能の追加
  • 「Playムービー」・「災害用キット」アプリの追加
  • UIの変更
    • サブメニューのリスト化
    • 設定メニューのカテゴリ分け
    • バッテリ残量表示

メール・メッセンジャー[編集]

  • spモードに対応し、iモードメールと同様@docomo.ne.jpのメールアドレスがそのまま利用可能となっている。iモードメール同様、絵文字デコメールデコメ絵文字も利用可能となっている。また、メールはリアルタイムプッシュで着信する。
  • Android OS 2.3の特徴であるGmailの複数アカウントの同時利用が可能となる。また、Gmailはリアルタイムでプッシュ着信をする。
  • 通常のメールアプリでは、複数のPOPIMAPメールが利用可能であり、moperaメールはプッシュで着信する。
  • メッセンジャーでは、Google Talkがプリインストールされている。また、マーケットからWindows Live Messengerをはじめ、様々なメッセンジャーアプリをインストールし、利用することが可能となる。

ブラウザ[編集]

ブラウザはGoogle Chrome Liteベースのものが搭載され、Android OS 2.3の特徴でもあるFlash Player 10.2がアドオンされている。また、JavaScript(V8)もサポートされている。これにより、パソコンのブラウザとほぼ同等のフラッシュサイト、動画サイトが利用することが可能となり、ブラウザでYouTubeをはじめとした各種動画サイトが利用できる他フラッシュゲームなども動作する。

利用可能なアプリケーションマーケット[編集]

  • Android OS標準のAndroidマーケットが利用可能となっており、20万を超えるアプリケーションが利用可能となっている。
  • サムスン電子が提供するアプリケーションサイトである、SAMSUNG Apps及びドコモが提供するアプリケーションサイト、dマーケットから様々なアプリケーションがダウンロードが可能となっている。

プリインストールアプリケーション[編集]

その他搭載アプリ[編集]

アクセサリー[編集]

ドコモから純正オプションとして、バッテリー内蔵ジャケットを発売しており容量は1300mAh、内蔵バッテリー1650mAhと合わせて2950mAhとなる。

PCとの同期[編集]

Samsung Kies(サムスンキース)といわれるPC連携ソフトをパソコンにインストールすることで、連絡先、カレンダーの編集、保存、Outlookとの同期、さらに、メールやメモ、画像、動画、音楽などの管理、編集が可能となる。またOSのバージョンアップを行う際などにも利用することとなる。

主な対応サービス[編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー XiFOMAハイスピード[3] Bluetooth DCMXおサイフケータイ赤外線トルカ
ワンセグモバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS spモード電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[編集]

  • 2011年5月16日 - NTTドコモ、およびサムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパンより公式発表
  • 2011年5月19日 - FCC通過
  • 2011年6月10日 - 予約開始
  • 2011年6月23日 - 発売開始
  • 2011年7月5日 - 販売台数20万台突破[4]
  • 2011年8月4日 - ソフトウェアアップデート開始。以下の不具合の修正と変更がソフトウェアの更新でなされた。
    • ワンセグ視聴アプリの起動時、画面がぼやけることがある
  • 2011年8月11日 - 新色Ceramic Whiteを発表 [5]
  • 2011年8月24日 - Ceramic White予約開始
  • 2011年9月8日 - Ceramic White発売開始
  • 2011年10月20日 - ソフトウェアアップデート開始。以下の不具合の修正が行われた他,OSバージョンが2.3.3から2.3.5にバージョンアップされた。
    • ブラウザ設定が保存されないことがある
    • ブラウザで新規ページを表示する際、まれに既存のウィンドウが正常に動作しないことがある
  • 2012年1月10日 - ソフトウェアアップデート開始。エリアメールに対応し、以下の不具合の修正が行われた他,OSバージョンが2.3.5から2.3.6にバージョンアップされた。
    • 動画再生中に、まれに音声が途切れる場合がある
    • 一部のソフトウェアバージョンで、テザリングが正常に終了しない場合がある
  • 2012年7月3日 - Android 4.0.3へバージョンアップ開始[6]
  • 2012年7月4日 - 文字入力に不具合があるとしてAndroid 4.0.3へのバージョンアップを一時中断[7]
  • 2012年8月7日 - 不具合のあったAndroid 4.0.3へのバージョンアップを再開[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイルHSPHFPOPPA2DPAVRCPSPPHIDPBAPSAP
  2. ^ その後、2013年4月17日にdocomo with series LUMIX Phone P-02Dのアップデートが開始されるまで、ドコモが予定した機種のメジャーアップデートが完了するまで約9ヶ月の期間を要した。
  3. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  4. ^ キーパーソン・インタビュー冬モデル、LTE、周波数オークション――ドコモ山田社長に聞く(ケータイWatch 2011年7月8日
  5. ^ 「ドコモ スマートフォン GALAXY S II SC-02C、MEDIAS WP N-06C」に新色を追加<2011年8月11日>|NTTドコモ 報道発表資料
  6. ^ GALAXY S II SC-02Cの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  7. ^ ドコモからのお知らせ : 「docomo NEXT series GALAXY S II SC-02C」 Android4.0 OSバージョンアップ一時中断のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ
  8. ^ ドコモからのお知らせ : 「docomo NEXT series GALAXY S II SC-02C」 Android4.0 OSバージョンアップ再開のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

外部リンク[編集]

先代:
GALAXY S SC-02B
GALAXY S
GALAXY S II SC-02C
次代:
GALAXY S III SC-06D