iPhone 4S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップル > iPhone > iPhone 4S
iPhone 4S
The iPhone 4S logo.
IPhone 4S No shadow.png
メーカー Apple Inc.
製造元 Foxconn
発売日
売上台数 発売後3日間で400万台(2011年10月14–17日)[1]
OS iOS 5.0
電源 3.7 V, 5.3 Wh (1,430 mAh)
System-on-chip used Apple A5
CPU Apple A5デュアルコア ARM Cortex-A9[2],800 MHz
メモリ 512 MB[3]
ストレージ 8, 16, 32, or 64 GB
ディスプレイ 対角線上3.5インチ (89 mm) アスペクト比1.5:1ワイドスクリーン
LEDバックライト IPS TFT LCD
解像度 640×960、326 ppi (0.61 MP)
コントラスト比英語版800:1(標準)
最大輝度 500 cd/m2(標準)
前面背面のガラス部分に指紋軽減オレオフォビック英語版コーティング
GPU PowerVR SGX543MP2
入力装置 4ボタン
スイッチ
マイクロフォン、タッチスクリーン、アクセラレーション、オリエンテーション
デジタルカメラ 背面:
8 MP 裏面照射型CMOSセンサー英語版
HDビデオ (1080p)、24/30 frame/s
IRフィルター英語版
口径 f/2.4
5 エレメントレンズ英語版
イメージシグナルプロセッサ(内蔵A5)
顔認証(静止画のみ)
手ぶれ補正機構
前面:
0.3 MP VGA 30 FPS (480p)
外部接続

Wi-Fi (802.11 b/g/n) (2.4 GHzのみ)
Bluetooth 4.0

組み合わせGSM/CDMAアンテナ: クワッドバンド英語版 GSM/GPRS/EDGE
(800 850 900 1,800 1,900英語版 MHz)
クワッドバンド UMTS/HSDPA/HSUPA
(800 850 900 1,900 2,100英語版 MHz) (800 MHzは発表無し)
デュアルバンド英語版 CDMA/EV-DO Rev. A (800 1,900 MHz)
GLONASS, GPS
オンラインサービス iCloud, App Store, iTunes Store, iBookstore
サイズ 縦 115.2 mm (4.54 in)
横 58.66 mm (2.309 in)
奥行 9.3 mm (0.37 in)
重量 140 g (4.9 oz)
前世代ハードウェア iPhone 4
次世代ハードウェア iPhone 5
関連商品 iPhone, iPad (第3世代), iPod Touch
ウェブサイト apple.com/iphone

iPhone 4Sとはアップルが開発したタッチスクリーンベースのスマートフォンである。iPhoneの第5世代機種であり[4]、前機種であるiPhone 4の外面デザインを引き継いでいるが、ハードウェア機能の改善やソフトウェアのアップデートが施されている[5]。「4S」という名の由来になったSiriと呼ばれる音声認識システム[6]iCloudというクラウドストレージサービスが搭載されている。端末の幾つかの機能がSiriを通して音声で操作できるとされる。

2011年10月4日、アップルはカリフォルニア州クパチーノにてiPhone 4Sを発表。7日より7カ国(アメリカ合衆国、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、日本)で予約が受け付けられ、14日にそれらの国で予約分が最初に発送されたのと同時に店舗での直接販売も開始された。22日にアイルランド、メキシコ、シンガポールなどさらに22カ国で販売が開始された[7]

iPhone 4Sはアメリカ合衆国内8キャリアを含む70カ国100社の携帯電話キャリアで販売されている[8][9]。また米国内ユーザー向けに2011年11月11日よりアンロック(契約無し)バージョンを販売している[10][11]AP通信によるとAT&T曰くiPhone 4Sの需要は早くも「桁外れ」だと説明していると述べている[12]。iPhone 4Sに対する評価は概ね良好であり、レビュアーはSiri、新しいカメラや処理速度は旧機種と比べて重要なアドバンテージとしている[13][14][15]。発売3日間でiPhone 4Sは400万台の売り上げを見せた。

歴史[編集]

WWDC以外のイベントを多く開催しているヤーバ・ブエナ芸術センター英語版の代わりにアップルキャンパス英語版にて"Let's Talk iPhone"イベントが開催された。

iPhone 4Sの発表までの間、様々な機能や商品名("iPhone 5")を含むアップルの次世代機についての憶測が広まっていたが[16]、発表後は新機種の名前に関して期待外れとする声が聞かれた[16]。2011年5月始め、商品名が"iPhone 4S"であることやA5チップの搭載、HSDPA+対応[17]、新しいカメラ、スプリントによる取り扱い[18]といったかなり正確な情報が流れるようになった。

iPhone 4SにおいてiPhone 4のCDMAモデルとの外見上の違いはSIMカードスロットがiPhone 4Sにあることを除いて存在しない[16]。ほとんどの変更点は内部的(iPhone 4のGSMとiPhone 4Sに僅かな外見上の違いがある上、iPhone 4のCDMAモデルとGSMモデルとの間にも違いがあった)に関することである[19][20]

2011年10月4日、カリフォルニア州クパチーノのアップルキャンパス英語版にて開催された"Let's Talk iPhone"イベントでiPhone 4Sは公開された[21]ティム・クックは今年初めのベライゾンでの基調講演を行なっていたがアップルでの基調講演は初めてだった。この時アップルの共同設立者であるスティーブ・ジョブズは健康状態の悪化により不在で、iPhone 4Sの発表翌日に死去している。Wired誌のティム・カーモディはクックを企業業績の観点から賞賛し、彼を「グローバルビジネスシンカー」「タスクマスター」と称している[22]

その他"Let's Talk iPhone"イベントではEpic Gamesのマイク・キャップスがiPhone 4Sで自社ゲームのInfinity Bladeの続編であるInfinity Blade IIのデモンストレーションを行った。キャップスはこのゲームではUnreal Engine 3Xbox 360Gears of War 3で使用されているグラフィック技術と同様の機能を使用していると豪語している[23]

2013年9月のiPhone 5s/5cの販売に合わせて、4Sから4sに、名称末尾のアルファベットを大文字から小文字に変更[29]。新たに8GBを設定し、5cの下位モデルとして無料で提供されることになった[30]

機能[編集]

ソフトウェア[編集]

The screen shown when the user first purchases an iPhone 4S. It is the setup screen.
iPhone 4Sのセットアップ画面。iPhone 4SはiOS 5を入れていることによりアクティベーション時にiTunesに接続する必要が無くなった。

iPhone 4SはアップルのモバイルオペレーティングシステムであるiOSを搭載している[31]。iOSのユーザインタフェースマルチタッチジェスチャーを使った直接操作インタフェース英語版の概念が元になっている。ユーザーの入力に対し即座に反応し流動するインターフェースを提供する[32]。「スワイプ」「タップ」「ピンチ」「リバースピンチ」といったジェスチャーが含まれるOSとの相互作用はiOSオペレーティングシステムのコンテキストやマルチタッチインタフェースにある特定の定義で実現される。内蔵加速度計は一部のアプリケーションが端末を振ったり(一般的な結果の一つにアンドゥーコマンドがある)、三次元に傾けたり(一般的な結果の一つにポートレートモードからランドスケープモードにスイッチする動作がある)する動作に反応するために使用している[32]

iOS[編集]

iPhone 4Sには2012年5月7日リリースのiOS 5.1.1が搭載されている[33][34]。WiFIやBluetoothやUSBを介してインターネット接続をする公衆無線LANのようにすることや[35]でアップルが開発し運営するiOSのデジタルアプリケーション販売プラットフォームであるApp Storeにアクセスすることが可能である。App Storeはアップルが提供しているXcodeiOS SDKで開発されたモバイルアプリケーション英語版をユーザーがiTunes Storeからダウンロードすることを可能にするサービスであり、GarageBandiMovieiPhoto、iWorkアプリケーション(Pages, Keynote, Numbers)といったソフトウェアを購入することができる[36]

4SにはSafari, Mail, Photos, Video, YouTube, Music, iTunes, App Store, Maps, Notes, Calendar, Game Center, Contactsと言った主要なソフトウェアがデフォルトでインストールされている[37]。また、全てのiOSデバイスのように4SもiTunesを使ってMacやPCと同期できるが、iOS 5以降は完全にPC不要で同期できるようになっている。セルラーネットワークを使った通話に加えて、ユーザーはWi-FiやVoIPアプリケーションを使ったセルラーネットワークを通して有線ヘッドセットや内蔵スピーカーとマイクロフォンによる音声通話も可能になっている[38]

さらに音楽や映画、テレビ番組、電子書籍、オーディオブック、ポッドキャストを再生することができ、メディアライブラリでタイトル(曲名)、アーティスト、アルバム、ビデオ、プレイリストジャンル、作曲者、ポッドキャスト、オーディオブック、コンピレーション別にソートすることもできる。また任意でiTunesで維持を設定したプレイリストを除いて常にアルファベット順にすることもできる[39]。iPhoneではユーザーの選択範囲を広げるために大きいフォントを使う。ユーザーはCover Flowにアクセスするために端末の向きを水平にしてランドスケープモード英語版にすることができる。iTunesのようにこの機能でフォトライブラリーのようにいろいろなアルバムジャケットの写真をスクリーン上で指をスワイプすることでスクロールで連続表示することができる。またヘッドセットの操作盤のように一時停止、再生、スキップ、リピート再生も可能。4Sでは音量調整をApple Earphonesでできる他、ボイスコントロール機能でトラックを識別したり、プレイリストや特定のアーティストの曲を再生したり、Geniusプレイリストを作成できる[39]

iPhone 4Sでの新たな独自の機能としてSiriという自動音声コントロール機能があり[19]、ユーザーはiPhoneに音声で対応する指示を出すことで実行し応答する。例として"What is the weather going to be like?"(「天気は?」)という指示を言うと、"The weather is to be cloudy and rainy and drop to 54 degrees today"(「今日は曇り時々雨で華氏54度まで下がる。」)と返答される。これらの対応する指示は非常に柔軟であり本機のほとんどのアプリケーションに対応している上、必ずしも特定の言葉である必要もなく自然言語も使用することができる。Siriはホームボタンを押すことで通常の操作と比べて余分な時間がかかる。Siriの衝撃はアップルのビデオメッセージでもたらされ、車の運転や運動にて端末の機能を手を使わず簡単に使用出来るという[16]。これは読み書きや見ることに障害のあるユーザーでも端末をより簡単に使用出来る事を意味している[16]

また、iPhone 4SではテキストメッセージをSpeech-to-textによる音声アシスタントで送信できるようになっており [16]iMessageという特別なインスタントメッセージプログラムおよび他のiOS5搭載製品にテキストメッセージを文字数制限なしで送信できるサービスを使用する。このプログラムではテキストメッセージを端末の音声制御によるソフトウェアアシスタントで作成したり送信したメッセージの返事を読み上げる事を可能にする。入力はマルチタッチスクリーンに表示されたキーボードかマイクロフォンに吹き込んだ音声をテキストに起こす機能を使用する。入力された文章は予測変換かスイスでのフランス語といった方言を含むスペルチェッカーのようなサジェッションソフトウェアでサポートされる[5]

発表によるとiPhone 4Sを多くの言語でサポートする計画があり、言語要件によって異なる機能として大容量の辞書を必要とする単語予想機能やスペルチェッカーのようなキーボードがある。常にではないが言語サポートはデバイス発売時のiOS 5に関連する。発売時Siriのデジタルアシスタントはフランス語、英語、ドイツ語のみでも対応だった。その後、iOS5.1.1がリリースされたことによって、Siriは日本語に正式に対応した。 マルチタッチディスプレイでキーボードが表示されるようになって以降、物理的に変更すること無く多くのキー配列に対応できるようになった。iPhone 4Sでは違う言語や文字を同時に表示できる[40]。 iOSは、2014年5月現在7.1.1までのアップデートが実施されており、2014年9月ごろのiOS8.0のアップデートに対応している。 WWDC2014 keynoteにて発表された。keynote終了後、iOSの開発者(developer)向けにBeta版が配布されている。  iPhone5は発売を中止したものの、4sは一部でラインナップとして残っている。これから更新がどうなるのかは全く予測できないが、おそらく次期iOS9(仮)には対応しないと思われる。



ハードウェア[編集]

The camera on the back side of the iPhone 4S.
iPhone 4Sには8メガピクセルカメラが搭載され、1080pビデオ録画が可能になっている。

iPhone 4Sはイマジネーションテクノロジーズ製PowerVR SGX543というGPUが内蔵されたSoCであるApple A5が使用されている。このGPUではOpenGL ES 2.0をハードウェアサポートしたピクセル、バーテックス、ジオメトリシェーディングを実現している。SGX543はiPhone 4Sの前機種であるiPhone 4に搭載されていたGPUの改良版である。またiPhone 4SはiPad 2と同じ方法でApple A5 SoCを統合したデュアルコアが使用されている[41]。アップルによればグラフィック処理はiPhone 4と比べて「最大7倍速い」としており、Epic Games代表のマイク・キャップスもそれを証明した[42]

また512MBのDDR2 RAMが搭載されており[3]、最大ストレージ容量は64GBまで増量されており、他には32GB、16GBモデルが販売されている。ディスプレイは旧機種と同じ3.5インチ (89 mm)で解像度は640×960(アップルのレティーナデザイン)であるが[40]、前機種と比べてインタラクティブマルチメディアアプリケーションが改善されている[19]

セルラー(GSM)アンテナもiPhone 4から改善された。新しいアンテナは2つに分割され側面に包められているステンレス鋼バンドに内蔵されている。それによってiPhone 4Sを握った時にセルラーアンテナの一部が弱まる場合でも握られていない部分を受信する[43]。iPhone 4SはHSDPA+による14.4Mbpsの理論上最大ダウンロードスピードをサポートしている。内蔵チップが改善された結果、ワールドフォンに加え、CDMAやGSMユーザーはGSMネットワークで国際的にローミングできるようになった[40]。また、Bluetooth 4.0にも対応している[5]

iPhone 4Sに搭載されているカメラはiSightカメラとして知られ、8メガピクセル(3,264×2,448ピクセル)の写真撮影、30fpsの1080p動画撮影が可能で明瞭度が30%改善、ホワイトバランスも26%改善、色精度といったクオリティのアップグレードも図られている[44]。レンズ自体もIRフィルター英語版、広角絞りf/2.4、イメージシグナルプロセッサ(内蔵A5)搭載となっている[40][45]

iOS 5.1ではカメラはロックスクリーンから直接アクセスでき、音量調整ボタンはシャッタートリガーを兼ねている。内蔵ジャイロスコープは動画撮影の際にカメラをスタビライズすることができる。その他の機能としてマクロ機能(接写時に使用)や初回撮影時は起動から1.1秒で次撮影時は半分の時間で撮影できる速写機能がある[19][40]

iPhone 4Sには3.5インチ (89 mm)、960×640ピクセルのマルチタッチレティーナディスプレイ英語版が搭載されている。左サイドには2つの音量調整ボタンとマナーモードに切り替えるスイッチが[17]、左上には3.5mmのヘッドフォン端子と通話やスピーカーフォン/FaceTime(ビデオ通話)モードでのノイズキャンセリングで使用されるマイクロフォンが、右上上部には電源ボタンが[17]、右サイドにはSIMカードスロットが、下部には右側にスピーカー出力があり左側にはマイクロフォン入力が、中央部に30ピンのDockコネクタがある[17]。また、AirPlayやアップル製のAVケーブル経由での映像出力に対応している[40]。対応ビデオフォーマットはH.264(1080p 最大30fps)、MPEG-4 video、Motion JPEG (M-JPEG)である[40]

ユーザーによる入力に加えて、3軸ジャイロスコープや加速度計、近接センサー、環境光センサーといった搭載センサーによって向きや外部環境に関する情報が端末に与えられる[5]。またiPhone 4Sはスタンバイ状態で200時間(iPhone 4は300時間)、3Gでの通話で8時間(iPhone 4は7時間)、2Gでの通話で14時間、3Gでのブラウジングで6時間、Wi-Fiでのブラウジングで9時間持つとされている[5][40][46]。さらに映像再生で10時間、音楽再生で40時間持つとも言われている[47]

デザイン[編集]

An iPhone 4 on top of an iPhone 4S.
iPhone 4のGSMモデル(上)とiPhone 4S(下)の比較。端末の周囲に境界を形成している再配置されたステンレス鋼のアンテナに注目。

iPhone 4Sにはステンレス鋼でできた2つのセルラーアンテナがある。アップルは、iPhone 4を持つ位置によってセルラー信号が減衰する問題があることがユーザーによって報告されたためにiPhone 4Sの設計にあたりアンテナを再設計した。改善点として端末が2つのアンテナをスイッチングすることによって常に良い信号を送受信を可能にしたことにある。2つのアンテナはiPhone 4Sの側面全体を包み込む独自のステンレス鋼バンドに組み込まれており[43]セルラー英語版GPSBluetoothWi-Fiでのやり取りに使われている[17][48]

iPhone 4、4Sは以前のアップル製品のデザインと異なり、前面と背面の間の帯のような背面の膨らみは無くなり、表面は平らになっている。この再設計は功利主義英語版iMaciPadといった既存アップル製品の均一性を反映したものになっている。iPhone 4Sの寸法は全体的に3GSより小型になっている[49]

縦が4.53インチ (115 mm)、横が2.31インチ (59 mm)、奥行が0.37インチ (9.4 mm)であり、縦が4.55インチ (116 mm)、横が2.44インチ (62 mm)、奥行が0.48インチ (12 mm)のiPhone 3GSと比較してiPhone 4や4Sは3GSより21.5%薄い。内蔵構成物はアルミノケイ酸塩製ガラスでできた2つのパネルに挟まっており、アップルは「プラスチックより20倍硬く、強度は30倍化学的に強化している」としており、理論的に旧機種よりさらに、傷に強く耐久性があることになる[50][51]

評価[編集]

A person holding an iPhone 4S with Siri open.
レビュアーは4SのSiriを最も画期的な新機能と評した。
An Apple Store with people trying out the iPhone 4S
Apple StoreでiPhone 4Sを使う顧客。

主な反応[編集]

iPhone 4Sに対する反応は概ね良好である。レビュアーはSiriや新型カメラ、処理速度に関して旧機種より重要なアドバンテージであると評している[13][14][15]Engadgetのティム・スティーブンスは「iPhone 4SはiPhone 4より全て優れているが、単純に実質的な違いまでは見いだせない。」と[15]The Verge英語版ジョシュア・トポルスキーは「車に例えるならメルセデスだ。」と、またSiriに関して「おそらくアップルがリリースしたアプリケーションで最も斬新。」と述べている[13]。レビュアーのほとんどはSiriをiPhone 4Sの最も重要な機能としており、Wiredのブライアン・チェンは「第5世代iPhoneの素晴らしいカメラやデュアルコアプロセッサーも上品な付加価値だが、Siriこそ購入する理由になる」と述べている[14]

Retveroがアメリカ合衆国内顧客1300人以上に調査したところスマートフォンユーザーの71%がiPhone 4Sには失望しなかったと答えたが、iPhone 4ユーザーのほぼ半分の47%のうち12%はより大きなディスプレイを、21%がリフレッシュされたデザインを、29%が4Gをそれぞれ求めているという結果になった[52]。Echoing technology punditsとロイターはiPhone 4による最も決定的な区別の不足は競合他社にチャンスを与える新たな市場を開拓したとしている[53]ガートナーのアナリストであるC・K・ルーはアップルには最先端を牽引することはもはや無く4Sはブランド信仰で売れているだけで固定ファンはiPhone 5により薄い外見、縁無しディスプレイ、より強力な機能を予測していることを信じていると述べている[53]。固定ファンはまた安く最低限なiPhone 4を求めているとしている[19]

iPhone 4Sでのゲームプレイは同じクアッドコア環境のみで同じSGX GPUが使用されているPlayStation Vita[54][55]ニンテンドー3DSといった携帯型ゲームになぞらえる。さらに、iPhone 4SはPlayStation 3Xbox 360でそれぞれ2億7500万、5億の毎秒ポリゴン処理数を誇る[41]据置型ゲーム機と比べて毎秒8000万ポリゴンを処理できる[56]

CVG誌のアンディ・ロビンソン副編集長はTechRadarで「iPhone 4Sは相違なくiPhoneを中核ゲーム機として非常に信頼させるものである。単にニンテンドー3DSを視覚的に凌ぐゲームを作り出すだけでなく、クラウドセービングTVストリーミングに対応する機能もゲーマーを本気にエキサイトさせている。」と[41]、ジョン・ペディー・リサーチのベテランゲームアナリストであるテッド・ポラックはiPhone 4Sでゲームをする時におけるもっとも大きい改善点がSiriによる音声コントロールだと信じており、「nintendogsのプレイヤーが賞賛する機能の一つがゲームで会話をすることだ。iPhone 4Sでゲームをしない理由は無く、遥かに洗練された音声コントロールになっている。」と述べている[57]

商業的実績[編集]

過去のiPhoneと異なりiPhone 4の販売数は4Sの発表までまだ最高潮に達していなかった。また過去のiPhoneは前機種の販売数減少の間か後に発売していた[13][14][15]。加えて、iPhone 4ユーザーはiPhone 4自体に満足していて高く評価していた[13][14][15]。にも関わらず、彼らはアップルにより需要を発していて、iPhone 4はまだヒットしていて、新ユーザーは見た目が変わらないことを気にしなくてもいいかもしれず以前よりiPhone 4自体を持っていないと感じるというアップルの考えを忘れているとしている[13][14][15]。iPhone 4Sの発表時、サムスン電子HTCノキアの株価は発表後の水曜日に上昇し、アップルの株価は下がった。しかし、翌日アップルの株価は反発し終値で1%上昇した[53][58]

予約開始時、AT&TはiPhone 4Sの需要は「桁外れ」と述べた[12][59]。AT&Tには20万台以上の予約が12時間で入った。ドイツテレコムも顧客の関心も高く満足していると述べている[60]。AT&Tに加えて、ベライゾン、スプリントでも2011年10月8日に予約分が完売し、9日に1、2週間分の新たな予約分を充填した。20日、AT&TでのiPhone 4Sのアクティベーションが100万台を突破した[61]。10月10日、アップルは予約開始から最初の24時間でiPhone 4Sの予約分が100万台を突破し、iPhone 4の60万台記録を破ったと発表した[62][63]。iPhone 4と4S間の16か月待ちで圧倒的な売上に貢献したと思われる[64][65]

2011年10月17日、アップルはiPhone 4Sが発売3日間で売り上げが400万台になったことと、2500万人のiOSデバイスユーザーがiOSの最新バージョンでiPhone 4Sにも搭載されているiOS 5にアップデートしたと発表した。アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラーは「iPhone 4Sはこれまでの携帯電話の中で素晴らしいスタートを切っていて、発売最初の週末で400万台を売り上げ、最初の3日間でiPhone 4の2倍の売上になった。」と述べている[1]。中古携帯電話市場では4Sの発表で一週間の間、下取り率が前代未聞となり、その後買取価格は下落した[66]。旧世代のiPhoneは様々な方法で市場を通してリサイクルされ、第三者のバイヤーも古いiPhoneを買い取ることができるようになったため、アップルも特別なプログラムで旧機種を買い取るようになった[66]。2012年4月24日、AT&Tは2011年第4四半期で760万台、2012年第1四半期で430万台売り上げたと発表した。総計でAT&Tは2012年第1四半期までに売り上げたスマートフォン550万台のうち78%がiPhoneだったという[67]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b iPhone 4S First Weekend Sales Top Four Million, Apple Inc., http://www.apple.com/pr/library/2011/10/17iPhone-4S-First-Weekend-Sales-Top-Four-Million.html 2011年10月17日閲覧。 
  2. ^ Toor, Amar (October 11, 2011), “Benchmarks clock iPhone 4S' A5 CPU at 800MHz, show major GPU upgrade over iPhone 4”, Engadget (AOL), http://www.engadget.com/2011/10/11/benchmarks-clock-iphone-4s-a5-cpu-at-800mhz-show-major-gpu-upg/ 2012年5月16日閲覧。 
  3. ^ a b iPhone 4S Teardown, iFixit, http://www.ifixit.com/Teardown/iPhone-4S-Teardown/6610/1 2011年10月13日閲覧, "Check out the marking, specifically E4E4, denoting two 2 Gb LPDDR2 die—for a total of 4 Gb—or 512 MB" 
  4. ^ Pachal, Peter (2011年10月8日). “Remembering Steve Jobs: His Best Keynote Moments”. PC Magazine (Ziff Davis). http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2394361,00.asp#fbid=ZJMbSzPiHYv 2011年10月8日閲覧。 
  5. ^ a b c d e Apple iPhone 4S, Apple Inc., http://www.apple.com/iphone/specs.html 2011年10月5日閲覧。 
  6. ^ Alexia Tsotsis (2012年5月29日). “Cook Reveals More Details About Apple’s Product Naming Policies, And Yes, The ‘S’ Stands For Siri”. TechCrunch. http://techcrunch.com/2012/05/29/cook-reveals-more-details-about-apples-product-naming-policies-and-yes-the-s-stands-for-siri/ 2012年8月30日閲覧。 
  7. ^ iPhone 4S Press Release, Apple Inc., http://www.apple.com/pr/library/2011/10/04Apple-Launches-iPhone-4S-iOS-5-iCloud.html 2011年10月23日閲覧。 
  8. ^ Trew, James (April 5, 2012), “iPhone 4S to launch with select regional carriers April 20th”, Engadget (AOL), http://www.engadget.com/2012/04/05/iphone-4s-to-launch-with-select-regional-carriers-april-20th/ 2012年4月22日閲覧。 
  9. ^ Goldman, David (2011年10月19日). “Tiny regional carrier C Spire lands iPhone 4S”. CNN (Time Warner). http://money.cnn.com/2011/10/19/technology/cspire_iphone/ 2011年10月18日閲覧。 
  10. ^ iPhone 4S – Apple Store (U.S.), Apple, http://store.apple.com/us/browse/home/shop_iphone/family/iphone/iphone4s?mco=MjU5MTk4NzE 2011年11月13日閲覧。 
  11. ^ Ionescu, Daniel, “iPhone 4S Pre-Orders Begin”, PCWorld (IDG), http://www.pcworld.com/article/241372/iphone_4s_preorders_begin.html 2011年10月7日閲覧。 
  12. ^ a b “AT&T: Initial demand for iPhone 4S 'extraordinary'”, USA Today, (October 8, 2011), http://www.usatoday.com/tech/news/story/2011-10-07/atampT-iphone-4s/50695302/1 2011年10月15日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f Topolsky, Joshua (October 11, 2011), “iPhone 4S review”, The Verge (Vox Media), http://www.theverge.com/apple/2011/10/12/2484524/iphone-4s-review 2012年5月1日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f Chen, Brian (October 11, 2011), “With Siri, the iPhone Finds Its Voice”, Wired (Condé Nast Publications), http://www.wired.com/reviews/2011/10/iphone4s/ 2012年5月3日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f Stevens, Tim (October 14, 2011), “iPhone 4S review”, Engadget (AOL), http://www.engadget.com/2011/10/14/iphone-4s-review/ 2012年4月23日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f Grove, Jennifer Van, “iPhone 4S: 4 Reasons to Upgrade”, Mashable, http://mashable.com/2011/10/04/iphone-4s-upgrade/ 2011年10月23日閲覧。 
  17. ^ a b c d e iPhone 4S - Technical Specifications, Apple, (October 14, 2011), http://www.apple.com/iphone/specs.html 2012年4月23日閲覧。 
  18. ^ Rothman, Wilson (May 16, 2011), “Rumors: Next iPhone called 4S, won't have 4G”, NBCNews.com (NBCUniversal), http://www.msnbc.msn.com/id/43050201/ns/technology_and_science-wireless/t/rumors-next-iphone-called-s-wont-have-g/ 2011年10月28日閲覧。 
  19. ^ a b c d e Diaz, Jesus (October 4, 2011), “New Apple iPhone 4S: All the Information”, Gizmodo (Gawker Media), http://gizmodo.com/5846504/new-apple-iphone-all-the-information 2012年4月24日閲覧。 
  20. ^ Panzarino, Matthew (October 4, 2011), “Apple announces iPhone 4S: Same design, GSM/CDMA, A5 chip, 7x faster graphics, 8MP, 1080p Video”, The Next Web, http://thenextweb.com/apple/2011/10/04/apple-announces-the-iphone-4s-with-same-design-a5-chip-7x-faster-graphics/ 2012年5月16日閲覧。 
  21. ^ Davies, Chris (September 27, 2011), “Apple "Let's Talk iPhone" event confirmed for October 4”, SlashGear (R3 Media), http://www.slashgear.com/apple-lets-talk-iphone-event-confirmed-for-october-4-27183125/ 2012年5月4日閲覧。 
  22. ^ Carmody, Tim (2011年10月5日). “Less Flash, More World Domination: Apple's Tim Cook Era Begins”. Wired (Condé Nast). http://www.wired.com/epicenter/2011/10/keynote-tim-cook/ 2011年10月17日閲覧。 
  23. ^ Stein, Scott (October 4, 2011), “How Apple's new iPhone 4S changes gaming”, CNET (CBS Interactive), http://reviews.cnet.com/8301-19512_7-20115380-233/how-apples-new-iphone-4s-changes-gaming/ 2011年10月10日閲覧。 
  24. ^ Vaknin, Sharon (October 13, 2011), “Where to buy the iPhone 4S on October 14”, CNET (CBS Interactive), http://howto.cnet.com/8301-11310_39-20119574-285/where-to-buy-the-iphone-4s-on-october-14/ 2012年5月14日閲覧。 
  25. ^ “iPhone 4S Arrives in Hong Kong & South Korea on November 11” (プレスリリース), Apple, (2011年11月1日), http://www.apple.com/pr/library/2011/11/01iPhone-4S-Arrives-in-Hong-Kong-South-Korea-on-November-11.html 2012年5月4日閲覧。 
  26. ^ Así se venderá el iPhone 4S en Colombia” (Spanish). Elespectador.com. El Espectador (2011年11月24日). 2012年8月8日閲覧。
  27. ^ Welch, Chris (December 5, 2011), “iPhone 4S launching in Brazil, Russia, other countries December 16th”, The Verge (Vox Media), http://www.theverge.com/2011/12/5/2612759/iphone-4s-brazil-russia-philippines-saudi-arabia-south-africa-taiwan 2012年5月4日閲覧。 
  28. ^ “iPhone 4S Arrives in China on January 13” (プレスリリース), Apple, (2012年1月4日), http://www.apple.com/pr/library/2012/01/04iPhone-4S-Arrives-in-China-on-January-13.html 2012年5月4日閲覧。 
  29. ^ これからは「iPhone 4s」、Sが小文字になります - GIZMODO 2013年9月11日
  30. ^ Apple、 iPhone 4Sを「無料モデル」として継続、iPhone 5は消滅 - techcrunch 2013年9月11日
  31. ^ Apple – iOS 5 – 200+ new features for iPad, iPhone, and iPod touch, Apple Inc., http://www.apple.com/ios/ 2012年4月8日閲覧。 
  32. ^ a b iPhone User Guide, Apple, (May 7, 2012), http://manuals.info.apple.com/en_US/iphone_user_guide.pdf 2012年5月20日閲覧。 
  33. ^ iOS 5.1.1 Software Update, Apple, (May 7, 2012), http://support.apple.com/kb/DL1521 2012年5月14日閲覧。 
  34. ^ Wagstaff, Keith (2012年3月7日). “Apple Announces iOS 5.1, iPhoto App, and Updates to GarageBand and iMovie Apps”. TIME. Time Warner. http://techland.time.com/2012/03/07/apple-announces-ios-5-1-updates-to-iphoto-garageband-and-imovie/?iid=tl-main-feature 2012年3月8日閲覧。 
  35. ^ The new iPad: It's a Breakthrough because it features are., Apple Inc., (March 7, 2012), http://www.apple.com/ipad/features/ 2012年3月11日閲覧。 
  36. ^ Ankan Deka, Jim (2011年9月14日). “iPad – the Musician’s Genie”. EF News International (Eastern Fare Music Foundation). http://www.efi-news.com/2011/09/ipad-drastic-and-far-reaching-change-in.html 2012年3月31日閲覧。 
  37. ^ Apple - iPhone 4S - The best of everything. Built right in., Apple Inc., (October 4, 2011), http://www.apple.com/iphone/built-in-apps/ 2012年5月14日閲覧。 
  38. ^ Sarno, David (2010年1月29日). “Apple confirms 3G VoIP apps on iPad, iPhone, iPod touch; Skype is waiting”. Los Angeles Times. Tribune Company. http://latimesblogs.latimes.com/technology/2010/01/apple-confirms-3g-voip-apps-on-ipad-iphone-ipod-touch-skype-is-waiting.html 2012年3月31日閲覧。 
  39. ^ a b Apple - iPhone 4S - Hear your favorite music everywhere you go., Apple Inc., (October 11, 2011), http://www.apple.com/iphone/built-in-apps/music.html 2012年5月17日閲覧。 
  40. ^ a b c d e f g h Chaffin, Bryan (October 5, 2011), “Apple Announces iPhone 4S: New Antenna, 64GB Capacity (Update)”, c, http://www.macobserver.com/tmo/article/apple_announces_iphone_4s_new_antenna_better_battery/ 2011年10月5日閲覧。 
  41. ^ a b c Winchester, Henry (October 5, 2011), “Gaming on the iPhone 4s”, TechRadar (Future plc), http://www.techradar.com/news/phone-and-communications/mobile-phones/gaming-on-the-iphone-4s-1031978 2011年10月10日閲覧。 
  42. ^ Robinson, Andy (October 4, 2011), “iPhone 4S is official, games run 'seven times faster'”, CVG (Future plc), http://www.computerandvideogames.com/321267/iphone-4s-is-official-games-run-seven-times-faster/ 2011年10月10日閲覧。 
  43. ^ a b Sullivan, Mark (October 5, 2011), “New iPhone 4S: Antenna 'Death Grip' Now Slightly Harder”, PCWorld (IDG), http://www.pcworld.com/article/241186/new_iphone_4s_antenna_death_grip_now_slightly_harder.html 2011年10月9日閲覧。 
  44. ^ Lambert, Patrick (October 18, 2011), “iPhone 4S camera comparisons compilation”, TideArt, http://tideart.com/?id=4e9dc842 2012年4月25日閲覧。 
  45. ^ Foresman, Chris, “Why the improved camera in the iPhone 4S is good news for shutterbugs”, Ars Technica (Condé Nast Publications), http://arstechnica.com/apple/news/2011/10/why-the-improve-camera-in-the-iphone-4s-is-good-news-for-shutterbugs.ars 2011年10月23日閲覧。 
  46. ^ Apple iPhone 4”. Apple Inc.. 2011年10月5日閲覧。
  47. ^ Apple iPhone 4S, Apple, http://www.apple.com/iphone/specs.html 2012年1月31日閲覧。 
  48. ^ Shimpi, Anand, Apple iPhone 4S: Throughly Reviewed, Anandtech Inc., http://www.anandtech.com/show/4971/apple-iphone-4s-review-att-verizon/9 7/10/2012閲覧。 
  49. ^ Helf, Miguel; Wortham, Jenna (2010年06月07日 (2010-06-07)). “On Newest iPhone, Another Camera”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/06/08/technology/08apple.html?scp=7&sq=iPhone%204&st=cse 2012年05月17日 (2012-05-17)閲覧。 
  50. ^ Diaz, Jesus (2010年06月07日 (2010-06-07)), “iPhone 4: The Definitive Guide”, Gizmodo, http://gizmodo.com/5557101/iphone-4-the-definitive-guide 2010年05月17日 (2010-05-17)閲覧。 
  51. ^ Cooper, Daniel (October 4, 2011), “iPhone 4S vs. iPhone 4: what's changed?”, Engadget (AOL), http://www.engadget.com/2011/10/04/iphone-4s-vs-iphone-4-the-tale-of-the-tape/ 2012年5月18日閲覧。 
  52. ^ Epstein, Zach (October 13, 2011), “Survey: 29% of smartphone owners, 47% of iPhone 4 owners disappointed in iPhone 4S”, Boy Genius Report (PMC), http://www.bgr.com/2011/10/13/survey-29-of-smartphone-owners-47-of-iphone-4-owners-disappointed-in-iphone-4s/ 2012年4月25日閲覧。 
  53. ^ a b c Jim, Clare (2011年10月5日). “Apple stumble seen opening door for rivals”. Reuters. Thomson Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/10/05/us-apple-asia-idUSTRE7940JQ20111005 2011年10月5日閲覧。 
  54. ^ Peters, Luke (October 6, 2011), “Apple iPhone 4S Preview: Hands on”, T3 (Future plc), http://www.t3.com/reviews/iphone-4s-review 2011年10月10日閲覧。 
  55. ^ Castle, Alex (2012年4月10日). “Gaming Showdown: Playstation Vita vs iPhone 4S”. Maximum PC. Future US. 2012年5月6日閲覧。
  56. ^ “PS Vita vs Nintendo 3DS vs iPhone 4S: Specs Compared”, NowGamer (Imagine Publishing), http://www.nowgamer.com/features/1141172/ps_vita_vs_nintendo_3ds_vs_iphone_4s_specs_showdown.html 2012年6月6日閲覧。 
  57. ^ Peterson, Steve (October 4, 2011), “The New iPhone 4S: Game Changer?”, IndustryGamers (Eurogamer), http://www.industrygamers.com/news/the-new-iphone-4s-game-changer/ 2011年10月10日閲覧。 
  58. ^ Apple NASDAQ”. Google Finance. 2011年10月23日閲覧。
  59. ^ “iPhone 4S Presale Demand Is 'Extraordinary,' Says AT&T”, The Huffington Post (AOL), (October 7, 2011), http://www.huffingtonpost.com/2011/10/08/iphone-4s-presale-att_n_1001383.html 2012年5月4日閲覧。 
  60. ^ Geoffrey A. Fowler and Ian Sherr (2011年10月8日). “Pre-Orders for iPhone 4S Will Test New CEO”. The Wall Street Journal (Dow Jones and Company). http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203388804576615731788704032.html 2011年10月7日閲覧。 
  61. ^ Crook, Jordan, “AT&T Surpasses 1 Million iPhone 4S Activations”, TechCrunch (AOL), http://techcrunch.com/2011/10/20/att-surpasses-1-million-iphone-4s-activations/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Techcrunch+%28TechCrunch%29 2011年10月20日閲覧。 
  62. ^ iPhone 4S Pre-Orders Top One Million in First 24 Hours, Apple Inc., http://www.apple.com/pr/library/2011/10/10iPhone-4S-Pre-Orders-Top-One-Million-in-First-24-Hours.html 2011年10月10日閲覧。 
  63. ^ Anderson, Ash (October 10, 2011), “iPhone 4S Sells 1 Million in Under 24 Hours”, KeyNoodle (Ashan Media), http://www.keynoodle.com/iphone-4s-sells-1-million-in-under-24-hours/ 2011年10月10日閲覧。 
  64. ^ Rapaport, Lisa and Wang, Xu (2011年10月11日). “Apple received more than 1 million pre-orders for iPhone 4S in a day”. The Economic Times. The Times Group. http://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/apple-received-more-than-1-million-pre-orders-for-iphone-4s-in-a-day/articleshow/10307358.cms 2011年10月15日閲覧。 
  65. ^ Wi, Wendy (October 11, 2011), “iPhone 4S Sold Out: Pre-order Record in Memory of Steve Jobs? (OPINION)”, International Business Times, http://sanfrancisco.ibtimes.com/articles/228902/20111011/iphone-4s-sold-out-pre-order-record-memory-steve-jobs.htm 2011年10月15日閲覧。 
  66. ^ a b Daw, David (October 6, 2011), “Where to Sell Your Old iPhone or How to Pick One Up Cheaply”, PCWorld (IDG), http://www.pcworld.com/article/241366/where_to_sell_your_old_iphone_or_how_to_pick_one_up_cheaply.html#tk.mod_rel 2011年10月6日閲覧。 
  67. ^ Albanesius, Chloe (April 24, 2012), “AT&T Activates 4.3 Million iPhones in Q1”, PC Magazine (Ziff Davis), http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2403438,00.asp 2012年5月16日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
iPhone 4
iPhone 4S
第5世代
次代:
iPhone 5