FaceTime

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FaceTime
開発元 Apple Inc.
初版 2010年06月24日(4年前) (2010-06-24 (iPhone 4)
最新版
iPhone 4/4S/5/5s/5c
iPad 2、iPad(第3世代)、iPad(第4世代)、iPad Air
iPad mini、iPad mini(第2世代)
iPod Touch(第5世代)

7.1.2 - 2014年07月1日(59日前) (2014-07-01

Apple TV第2、3世代
6.2 - 2014年06月30日(60日前) (2014-06-30
対応OS iOS 4以降、Mac OS X 10.6.6以降
サポート状況 現行
種別 ビデオテレフォニーインターネット電話
ライセンス フリーウェア
公式サイト

FaceTime for iPhone
FaceTime for iPod Touch

FaceTime for iPad
テンプレートを表示
FaceTime for Mac
開発元 Apple
初版 2011年02月24日(3年前) (2011-02-24
最新版 2.0 / 2012年07月25日(2年前) (2012-07-25
対応OS Mac OS X 10.6.6以降
サイズ 16.8 MB
対応言語 英語、中国語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、朝鮮語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語
サポート状況 現行
種別 ソーシャル・ネットワーキング
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.apple.com/mac/facetime
テンプレートを表示

FaceTime とはアップルが開発したVoIPビデオ通話(ビデオ電話)ソフトウェアアプリケーションおよびそれに関連するプロトコルである。

iOSの携帯情報端末やMac OS X v10.6.6以降のMacintoshコンピュータに対応する。使用にはiOSデバイスでは前面搭載カメラ(iPhone 4以降の全iOSデバイスに搭載)、MacintoshコンピュータではWebカメラが必要となる。ビデオ通話はFaceTime、音声通話はFaceTimeオーディオと呼ばれる。

概要[編集]

FaceTimeはiPhone4以降のiPhone、第4世代以降のiPod touch、第2世代以降のiPadMac OS Xが動くコンピュータに対応し、それ以前のiPhone、iPod touch、iPadでは現在対応していない。またアップル以外の機器や他のビデオ電話サービスとの互換性も無い。MacBook Proの2011年初期バージョンにて高解像度FaceTimeが搭載されたが、使用にはHD FaceTimeカメラが必要だった。またカメラが付属していないMacコンピュータでは、別途Webカメラを装着することにより使用できる。

FaceTimeオーディオ[編集]

2013年、iOS 7の登場により、ビデオ通話だけでなくFaceTimeオーディオの名称で音声通話のみの利用も可能となった。これにより、FaceTimeオーディオはiPhoneに携帯電話回線を提供する各キャリアと競合関係になった。

FaceTime/FaceTimeオーディオは、iPhoneにおいては別アプリケーションとしてでなく電話アプリケーション内で動作する。電話アプリ/連絡先アプリで呼び出しをした時にFaceTimeボタン/FaceTimeオーディオボタンを押すことで動作する。FaceTimeボタンはビデオレコーダーに似ており、FaceTimeオーディオボタンは受話器に似ている。FaceTime/FaceTimeオーディオでの発信は発信履歴や電話アプリケーションを参照して行うことも可能。

歴史[編集]

2010年6月7日に開催された2010 Worldwide Developers ConferenceにてアップルCEOのスティーブ・ジョブズによる基調講演英語版にてiPhone 4と共にFaceTimeは発表された。同年9月8日に第4世代iPod touchやカメラを付けた最初のiPod touchにも対応する形でリリースされた。

「FaceTime」という名はアップルが商標として買収したFaceTime Communicationsというから取られており、この買収に伴いFaceTime CommunicationsはActianceに社名変更している[1]

2010年10月20日にはApple Campusで開催された「Back to the Mac」メディアイベントにてMac OS X用FaceTimeが発表され、翌年2月24日、ベータ版から正式版になりMac App Storeにて0.99ドル(0.69ポンド)で販売が開始された。アップルは当初無料で提供するとしていたが、永久的な「煩わしい会計基準」の無い既に販売されている商品においてその商品の宣伝に無かった新機能を無料で追加することが2002年成立のSOX法に違反することで断念された[2]。しかし、無料のベータ版は未だにアップルのサーバーからダウンロードが可能である[3]。さらにMac OS X Lionには無料で組み込まれている。

2011年3月2日、FaceTimeは新製品で前背面カメラのあるiPad 2に対応することを発表した。

2013年9月に登場したiOS 7ではFaceTimeオーディオの名称で音声通話のみでも利用できるようになり、10月に登場したOS X Mavericksでは、MacでもFaceTimeオーディオの利用が可能になった。

3G回線を使用した通話[編集]

当初iPhoneでのFaceTimeは3G (UMTS/HSPA, EVDO)回線を使った発信には公式に対応せず、Wi-Fi使用端末からWi-Fi非使用の3G端末(iPod touchからiPhoneでも)にFaceTimeの発信をしても3G端末ユーザーには何も表示されず、発信を断念して直ちに発信失敗の表示が出ていた。

iOS端末を脱獄した場合サードパーティ製アプリケーションを使えば端末にWi-Fi回線で接続していると信じこませ騙す形で3G回線を使ったFaceTimeが可能で[4][5]、そのようなアプリケーションは脱獄したiPhoneのみで使用出来るCydia Storeで入手できる。iOS 5以前ではiPhone内の特定のファイルを手動で編集することで3G回線でFaceTimeが出来る可能性はあるものの無料で無制限にできるソリューションは無かった[6]。FaceTimeは1分の会話で3メガバイトのデータを使用する[7]。音声発信からFaceTimeの発信に切り替えた後セルラー通話時間はカウントされなくなる。

初代iPadでのFaceTimeは第4世代iPod touchにあるFaceTimeアプリケーションを移植することで可能になる可能性もある[8]

対応端末でのFaceTimeの発信者IDを端末に登録した電話番号かEメールアドレスにすることができる。また1つのEメールアドレスを複数の端末に登録することができ、そのアドレスでの発信で全ての登録デバイスを呼び出し音を同時に鳴らすことも出来る。

iPadやiPod touch、FaceTime for Macでは発信前にFaceTimeや連絡先アプリケーションで人物を追加する必要がある。

2012年6月11日、アップルはiOS 6にてiPhone 4S第3世代iPadで3G回線を使ったFaceTimeに対応させることを発表した。

規格[編集]

FaceTimeのプロトコルは多数のオープン業界標準を一部ベースにしている[9]:

iPhone 4発売時にスティーブ・ジョブズは、アップルはFaceTimeプロトコルを「オープンスタンダード」にするために標準化団体と共に直ちに行動することを約束していたが、2011年6月現在未だに標準化団体による承認を受けていない上、この約束がどれだけ進んでるか不明瞭でアップルは技術仕様書をリリースしていない。現在FaceTimeはアップル以外のデバイスには対応していない。

FaceTimeがオープンスタンダードを基にする限りアップルのFaceTimeサービスはクライアント側の証明書が必要になる[10]。言い換えれば、プロトコルが「オープンスタンダード」になったとしても、アップルのFaceTimeサービスへのアクセスはアップルがコントロールされていることになる。

使用の制限[編集]

2010年10月現在、アラブ首長国連邦で購入した端末でのFaceTimeは不可能となっておりIPでの通信技術の使用を制限する国内規制が原因という可能性がある。しかし、他国で購入した端末でのFaceTimeは可能である[11]サウジアラビアでも同様とされる。

エジプトヨルダンカタールクウェートでもiPhone 4でのFaceTimeは不可だったが、キャリア側のアップデートにより既に持っているユーザーや新たなiPhone 4の購入ユーザーに対して再び使用出来るようになった。

脚注[編集]

  1. ^ Our name”. Learn More. FaceTime Communications. 2010年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月12日閲覧。 “Apple has announced that it will use 'FaceTime' as the trademark for its new video calling application. Our agreement with Apple to transfer the FaceTime trademark to them comes as we are rebranding our company to better reflect our capabilities. We will be announcing (sic) a new name in the coming months.”
  2. ^ Macgasm, Apple charges for FaceTime, http://www.macgasm.net/2011/02/24/apple-charge-facetime 2011年2月24日閲覧。 
  3. ^ “Internet Utilities”, Mac, Softpedia, link within last sentence "The page provides access to FaceTime 0.9 Build 92 version", http://mac.softpedia.com/get/Internet-Utilities/FaceTime.shtml .
  4. ^ Sarah Jacobsson Purewal (2010年8月3日). “Jailbreak Your iPhone and Use FaceTime Over 3G”. Today @ PCWorld. PCWorld. 2011年11月25日閲覧。
  5. ^ Nosowitz, Dan (2010年8月2日). “Reason to Jailbreak Your iPhone: Use FaceTime Video Chat, Anywhere You Want”. Fast Company. 2011年11月25日閲覧。
  6. ^ Ben Reid (2011年11月16日). “How To Enable The Hidden FaceTime Over 3G Feature In iOS 5”. Redmond Pie. 2012年1月2日閲覧。
  7. ^ Eric Zeman (2010年8月2日). “iPhone 4 Jailbreak Unlocks 3G FaceTime Calls”. InformationWeek. 2011年11月25日閲覧。
  8. ^ Brian Purkiss (2011-02-15), iPad FaceTime now possible with hack, 9 to 5 Mac, http://www.9to5mac.com/50959/ipad-facetime-now-possible-with-hack/ 
  9. ^ Daniel Eran Dilger (2010年6月8日). “Inside iPhone 4: FaceTime video calling”. AppleInsider. 2010年6月9日閲覧。
  10. ^ Wright, Josh (2010年7月9日). “Special Look: Face Time”. Packetstan. 2011年3月6日閲覧。
  11. ^ Ray, Bill (2010年10月19日). “Apple wipes smile off FaceTime in the Middle East”. The Register. http://www.theregister.co.uk/2010/10/19/facetime/ 2010年10月19日閲覧。 

外部リンク[編集]