MobileMe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MobileMe
MobileMe logo.svg
開発元 アップル
初版 iToolsとして2000年1月5日
.Macとして2002年7月17日
MobileMeとして2008年7月9日
最新版 1.6.7 / 2011年10月12日(3年前) (2011-10-12[1]
対応OS Mac OS X
Windows
iOS
Web-based
サポート状況 サービス停止(2012年6月30日から機能はiCloudへ移動)
種別 インターネットスイート
公式サイト www.me.com
テンプレートを表示

MobileMe(モバイルミー)は、かつて稼働していたアップルの個人向け有料クラウドサービスである。クラウド上のデータが、任意の複数の端末と双方向的に同期(同一化)されていることを特徴とする。Mac OS XWindowsiPhoneiPod touchiPadで利用できる。

概要[編集]

クラウドとしてオンラインストレージを供給するサービス。

  • 年間利用料は9,800円($99.95)。
  • 初期容量20GB
  • 追加料金を支払えば最大60GB

クラウド上のデータと、Mac OS X、Windows、iPhone、iPod touch、iPad上のデータが、いずれの端末で変更されても、自動的に同一化される。アップルはこのデータ変更形式をプッシュと表現していた。クラウド上のデータにアクセスするために使用するブラウザはSafariFirefoxのみだったが、2010年6月のアップデートでInternet Explorerにも対応した。 MobileMeのサービスは2012年6月30日をもって終了(有料アカウントを所持しているユーザーは、追加料金なしでサービス終了まで使用できた)。既存ユーザは2011年10月開始のiCloudに移行可能である[2]が、この移行サービスも「あとしばらくの間だけ」稼働させた後に打ち切られる見通しである。

構成[編集]

(2010年11月現在)

  • メールIMAPPOPSMTPWebメール[3]
  • 連絡先(アドレス帳。他ユーザへの部分公開が可能)
  • カレンダー(スケジューラ。他ユーザへの部分公開が可能)
  • ギャラリー(写真公開)
  • iDisk(ファイルの保管と共有、Webサイト公開)
  • iPhoneを探す(紛失したiPhone・iPadの捜索、ロック、リモートワイプ(データの遠隔消去))

このうち「iPhoneを探す」は、iOS 4.2.1を適用したiPhone 4・iPod Touch(第4世代)・iPadのみ有料会員以外でも実行が可能となった。

歴史[編集]

  • 2000年1月 iTools (25MB) として、Macユーザ向けの無料サービスとしてスタート。
  • 2002年7月 .Mac (100MB) が有料で開始され、同年10月に無料のiToolsは終了。
  • 2004年9月 250MB(追加で最大1GB)に増量
  • 2005年9月 1GB(追加で最大4GB)に増量。
  • 2007年8月 10GB(追加で最大20GB)に増量。システム拡充。
  • 2008年7月 MobileMe iPhone 3Gの発売と同時に改称しサービスを拡充。しかしアクセス障害、同期障害、.Macからのメール移行不具合などのトラブルが発生したため、新しいデータ変更形式のプッシュという表現の使用を一時凍結し、無料試用期限を90日間延長する措置をとった。
  • 2010年6月 20GB(追加で最大60GB)に増量。Webアプリケーションを更新。新たにInternet Explorerにも対応。
  • 2011年2月 パッケージ版の販売を終了。
  • 2011年10月 iCloud、サービス開始。
  • 2012年6月30日 MobileMe、サービス終了。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MobileMe Control Panel for Windows”. Apple. 2010年10月28日閲覧。
  2. ^ MobileMeの移行に関する情報”. アップル (2011年6月8日). 2011年6月16日閲覧。
  3. ^ メールアカウントのドメインは、@me.com

外部リンク[編集]