Macintosh Color Classic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Macintosh Color Classic
Macintosh Color Classic.jpg
製造元 アップルコンピュータ
発売日 1993年2月10日
1993年10月1日 (CC II)
標準価格 1400US$
販売終了日 1994年5月16日
1995年5月16日[1] (CC II)
OS System 7.1-Mac OS 7.6.1
CPU Motorola 68030 @ 16 MHz
33 MHz (CC II)
メモリ 4 MB, 10 MB/36 MB (CC II)まで拡張可能 (80 ns 72-pin SIMM)

マッキントッシュ・カラークラシック(Macintosh Color Classic)は、1993年アップル社から販売されたパソコンマッキントッシュ」の一機種。コンパクトマッキントッシュ (Compact Macintoshとして初のカラーディスプレイを持つモデルである。ディスプレイのタイプは10インチソニートリニトロンである。カラーのマッキントッシュとしては、12インチディスプレイを持つMacintosh LC II (Macintosh LCの後継としての性格が強く、画面の解像度も512×384ピクセルと同一である。本体とディスプレイ一体型のデザインが初代マッキントッシュの伝統を引き継いでいるため、「クラシック」の名称が付いている。日本とカナダ[2]をはじめとする各国では、この機種の後継機種は「マッキントッシュ・カラークラシックII」であり、これがコンパクトマッキントッシュとしては最後の機種となる。カラークラシックはアメリカ合衆国では「マッキントッシュ・パフォーマ250」(Macintosh Performa 250)の名称でも販売された。

特徴[編集]

先行機種のMacintosh SE (Macintosh SEMacintosh SE/30 (Macintosh SE/30と同じく、拡張スロットが1つしかない。ただしスロットの形状はマッキントッシュ LCと同じくProcessor Direct Slot(PDS)であり、SEとは互換性がない。これは、当時、学校教育用としてApple IIe (Apple IIeがまだまだ使われていたため、アップル社がこれをマッキントッシュに移行させるため、Apple IIeと互換性のあるマッキントッシュLCの廉価版として提供したためである。カラークラシックにアップルIIeカード (Apple IIe Cardを差してアップルII用のディスプレイ (Apple II graphics#High-Resolution (Hi-Res) Graphicsを繋ぎ、ディスプレイを切り替えると、Apple IIeの互換機種として使うことができる。これ以外の拡張カードとして、CPUアクセレータ、イーサネットカード、ビデオカードなどがある。

その後[編集]

カラークラシックはコンパクトマッキントッシュの最終機種であったため熱烈なファンが付き、能力が時代遅れとなってからもマザーボードをパフォーマ575 (Macintosh LC 500 seriesのものと置き換えたり(Mysticアップグレードと呼ばれた)、Power Macintoshのものと置き換えたり(Takkyアップグレードと呼ばれた)する者もあった。流行していたのは、ディスプレイの解像度を640×480ピクセルにすることであり、この改造をすることでゲームを始めとするその後の多くのソフトウェアが稼働するようになる。(なお、当時アップル社はユーザーがマッキントッシュの改造をすることを好んでおらず、専用の工具がなければ内部を開けられないようにしており、それを超えての改造である。)

さらにその後には、さすがに10インチディスプレイでは支障が多くなったため、マッキントッシュLC500 (Macintosh LC 500 seriesやパワーマッキントッシュ5200 (Power Macintosh 5200 LC用の大型ディスプレイを繋ぐユーザーが出てきたものの、1998年ごろにはついに拡張が断念された。ちょうどこの頃iMacが発売された事により、これがコンパクトマッキントッシュの後継として愛好家にも認知された事も影響している。

コンパクトマッキントッシュの変遷

関連項目[編集]

注釈、出典[編集]

外部リンク[編集]