Processor Direct Slot

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LC PDS イーサネットカード PDS コネクタは写真の左下。多くの拡張カードは垂直にロジックボードに挿入されるが、PDSカードは平行になるよう取り付けられる。

Processor Direct SlotまたはPDSはアップルコンピュータのハードウェアに搭載されていた拡張スロット。(多くの場合多数の異なるソリューションである)いくつかのMacintoshモデルに対応しており、複数のデスクトップを設置する場所や価格を犠牲にすることなく本格的な拡張スロットを提供する。

通常、機械は複数の拡張スロットを備える。しかし、PDSスロットを超える物はない。異なるビットのハードウェア間で同時に通信して多くの部品とCPUに直接アクセスする。

それ故にPDSスロットはCPUの仕様の傾向やモトローラ68030を基にしたMacintosh SE/30では作動するが68040を基にしたQuadra 700では作動しない。

特筆すべき項目としてPDSの設計は原型となるMotorola 68020を基にしたMacintosh LC用に設計された。 これはApple社にとって最初の"低価格" Macで成功した。その後のモデルはCPUをMC68030MC68040PowerPCに換装しているがPDSスロットが保たれているのが見つかり、互換の原型となるLCといくつかの拡張カードは継続して作動する。

AGPとの強力[編集]

Accelerated Graphics PortまたはAGPは1997年から2005年にかけてPCのマザーボードに接続するグラフィックカードに幅広く普及している規格でPDSとバスの間のどこかにみなされる。

外部リンク[編集]