Macintosh IIcx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Macintosh IIcx

Macintosh IIcxは1989年、Macintosh IIxの発売の半年後にApple社から発売された。

IIxにより磨きをかけた機種で以前の機種よりもIIcxは静粛だった。(同時にファンへ供給する電力が少ない。)3つのNuBusスロットのみだったので設計はよりコンパクトだった。新しい筐体はApple社が横置き又は縦置き両方に対応した唯一の物で、後継機種のMacintosh IIciQuadra 700にも流用された。縦置きの概念は最初のミニタワー筐体の一つでCEOのジョン・スカリーが机上の占有面積を減らそうと提案した。[1]

使用者はRAMやNuBusスロットや電源等が螺子止めされずに手軽に設置できるのでIIcxを部分的に好んだ。IIcxの導入ではジャン=ルイ・ガセーが観客の前で部品を組み込めるIIcxのモジュラーデザインを実演した。[2]これにより製作、修理がやりやすくなった。

この機種はMacintosh IIciに置き換えられて廃止された。


外部リンク[編集]