フロッグデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

frog design(フロッグデザイン)は戦略的クリエーテイブのコンサルタント企業で、1969年に工業デザイナーのハルトムット・エスリンガー、パートナーのアンドレアス・ハウグ、ゲオルグ・スプレングによってドイツムートランゲンにて“エスリンガー・デザイン”として創立された。それからすぐにオルテンスタイグに移転。現在の本社所在地はカリフォルニア州パロアルトである。1982年に社名をfrogdesignに変更。2000年に現社名に変更。8つのスタジオとコラボレイトし、従業員は325人を超えるまでに成長。拠点がある場所はカリフォルニア州サンフランシスコ、カリフォルニア州サンノゼテキサス州オースティンニューヨーク州ニューヨークワシントン州シアトルヘレンベルク(ドイツ)、ミラノイタリア)、上海である。

2004年にFlextronicsに買収され、2012年現在はコールバーグ・クラビス・ロバーツ及びセコイア・キャピタル傘下のサービス会社aricent社のグループ企業となっている。

デザインとクライアント[編集]

最初のデザインは1969年のWegaで、ドイツのテレビ製造業者のものだったが、それは後にソニーに買収される。フロッグデザインはソニーの仕事を続け1975年にはトリニトロンテレビのデザインを手がけた。(プロフィールシリーズは、ソニー社内の商品本部デザインセンターのデザイナによるもの)

彼らの最初のコンピュータ製造者向けのデザインは1970年のCTM (Computertechnik Müller) による商業的なシステムと1979年のDiehl Data Systemsだった。有名になったのはアップルコンピュータ向けのデザインでポータブルのApple IIcの筐体が最初で、それには1984年から1990年の間アップルによって使用されるSnow White design languageを導入していた。それからいくつかのMacintosh関連のデザインを行った[1]。1986年、SunのSPARCstation、1987年、NeXTNeXTcubeがフロッグデザインによりデザインされた。マイクロソフトのWindows XPのデスクトップの見た目をてがけた他、エイサーやマイクロンのデスクトップ機の筐体デザインなどを担当するなどコンピュータ関係の業務が多い。日本の家具メーカー・コトブキの屋外家具をデザインするなど、デザイン対象はかなり多岐にわたる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フロッグデザイン#参考文献

外部リンク[編集]