Macintosh XL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Macintosh XL

Macintosh XLアップル社がかつて販売したApple Lisaの改良型のパソコンである。 Macintosh XL には MacWorks XL が同梱されていた。これは、Macintosh 128Kエミュレータである。Macintoshは、(販売不振の)Lisaに見切りをつけたアップル社が、より市場にマッチした製品として開発したパソコンである。Lisa OS のみを同梱するMacintosh XLと同型のマシンは Lisa 2/10 として販売されたが、大量に売れ残った。

ハードウェア[編集]

Macintosh XLは400K 3.5" FDDを持ち、内部に独自の10 MB容量の Widget ハードディスク備えていて、5 ないし10MBの外部ProFileハードドライブをパラレルインターフェースカードで装着することもできた。

MacWorks Plus[編集]

ユタ州ローガンのSun Remarketing社は、MacWorks Plus を MacWorks XL の後継として開発した。MacWorks Plusは アップルのMacintosh Plus(初代Macintoshの後継機種)と互換性があり、800K 3.5" フロッピーディスクとMac OSが6.0.3.までサポートされた。さらにMacWorks Plus II においては、MacOS7.5.5まで対応した[1]


Sun Remarketing による再販[編集]

1985年9月にアップルがXLの販売をやめた後 Sun Remarketing社 が多くのアップルの在庫を買い取り、アップルの許諾の元で、MacWorks Plusの更新と販売をMacintosh Professionalのブランドで行った。


関連[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]