Power Macintosh 6100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Power Macintosh 6100/60 (1994)

Power Macintosh 6100アップルが1994年に発売したデスクトップパソコン。

アップルでは従来、モトローラが開発したCISCプロセッサであるM68000ファミリのプロセッサをMacintoshシリーズのMPUとして搭載し、本機手の直前の世代ではMacintosh Quadraシリーズをはじめ68040プロセッサ搭載機種が展開されていたが、本機種と同時開発のPower Macintosh 7100・Power Macintosh 8100の3機種以降、IBMが開発したPOWERアーキテクチャを基本にアップル・IBM・モトローラの3社の技術提携によって開発されたPowerPCプロセッサをMPUとして搭載するように変更された。

本機種はPower Macintoshシリーズ初代機3機種の中でもローエンドのエントリーモデルに位置づけられ、Centris 610と同じピザボックスタイプのロープロファイル筐体を継承している。

概要[編集]

CISCからRISCへのMPUのアーキテクチャ移行にあたり、既存機種ユーザーの乗り換えに最大限配慮してハードウェアが設計された。また、本機種をはじめとするPower Macintosh 3機種では既存ソフトウェアの動作互換性確保にも注力され、M68000ファミリの命令セットを動的にPowerPCの命令セットに変換するエミュレータ(Mac 68Kエミュレータ)が開発・搭載されている。

アーキテクチャ的には、高速動作する新設計のMPU・メモリ周りをローカルバスに閉じこめて分離し、ブリッジチップで接続されたSCSIやシリアル、ADB、サウンドなどのI/Oコントローラ類は従来のMacintoshの低速バスで動作するレガシーな設計のものをそのまま流用する、という過渡的構成となっている。本機種の開発コード名はPiltdown Man、つまり人の頭蓋骨とオラウータンの下顎骨を組み合わせてでっち上げられた偽の化石人類の名を与えられているが、それはこうしたアーキテクチャの特徴に由来する。

メモリは既存機種で高価なメモリを増設していたユーザーの乗り換えに配慮し、Macintosh Quadra / Centrisシリーズと共通の72ピンSIMMが採用され、オンボード搭載の8MBとSIMMソケット2本(32MB SIMM 2枚1組での増設)で公称最大72MBの搭載が可能となっている。対応DRAMはFast Page Mode (FPM) DRAMとEDO DRAMの2種である。なお、後述するAVカードあるいはビデオカードを601PDSスロットに搭載しない場合、メインメモリから640KBが画面表示用のビデオメモリに割り当てられる。

汎用拡張スロットとしては従来と同様にNuBusをサポートし、これとは別に601PDS (Power PC 601 Processor Direct Slot) と呼ばれる専用ローカルバススロットを実装する。NuBusはこの時期ストレージ系インターフェイスカードを中心に既に転送帯域性能の不足が露呈しつつあり、既にインテルの提唱によるPCIバスの規格化も行われていたが、本機種ではこれも高価な拡張カードを所有している既存ユーザーの乗り換えに配慮してNuBusが継続採用された。一方、601PDSスロットはMPUのフロントサイドバス直結となるためNuBusよりも高速なデータ転送が可能であり、本機種ではAVモデルと呼ばれる機種に標準搭載された、コンポジット映像信号S端子、それにステレオ音声よりなるAV入出力端子を備え、2MBのVRAMを搭載するAVカードや通常のビデオカード、それにPC/AT互換機相当の機能を実装したDOSカードなどの搭載に利用された。

なお本機種のMPUは、動作クロック周波数60MHzあるいは66MHzとPower PCの初号モデルであるPower PC 601の中でも上位2機種よりもローエンドのモデルがロジックボード直付けで搭載され、差別化が図られている。

内蔵ハードディスクドライブおよびCD-ROMドライブのインターフェイスはSCSI-2である。

Power Macintoshシリーズ初代機3機種は、この内上位のPower Macintosh 7100・8100シリーズがPCIバスを搭載する第2世代のPower Macintosh 7500・8500シリーズ(1995年)にリプレースされて生産終了となったが、代替機種のない本機種のみは66MHz版が1996年まで継続生産された。以後のPower Macintoshシリーズでは薄型のピザボックス筐体は採用されなくなったため、本機種が最後のピザボックス筐体Macintoshとなった。

仕様[編集]

別名: Performa 6110CD, Performa 6112CD, Performa 6115CD, Performa 6116CD, Performa 6117CD, Performa 6118CD, WG Server 6150

  • コードネーム: Piltdown Man
  • CPU: PowerPC 601
  • CPU 速度: 60/66 MHz
  • FPU: 統合
  • Bus アーキテクチャ: NuBus
  • Bus 速度: 30/33 MHz
  • Data Path: 64 bit
  • ROM: 4 MiB Old World ROM
  • RAM 種類: 72 pin EDOまたはFPM SIMM (装着は同じ形式で同容量のものをペアで使用)
  • 最高 RAM 速度: 60 ns
  • 最低 RAM 速度: 80 ns
  • オンボードRAM: 8 MiB ロジックボードに半田付け
  • RAM Slots: 2
  • 最大 RAM: 72 MiB (Apple社の公式メモリ量) (高容量のRAMは使用可能だが熱等で不安定になる可能性がある)
  • Level 1 Cache: 16 KiB データ, 16 KiB インストラクション (計32 KiB)
  • Level 2 Cache: オプション
  • VRAM: 640 KiB DRAM をシステムRAMから使用 (Power Macintosh AV カードの使用で 2 MiB)
  • 最大解像度: 1152x870 、数千色 (AVカード使用時)
  • Slots: PDSまたは7" NuBus (AVカードは両方を使用する)
  • フロッピードライブ: 1.44 MB SuperDrive
  • 光学ドライブ: オプションで 2x CD-ROM Apple 300i (内蔵 50-pin SCSI)
  • ハードディスク: 250 MB - 700 MB (内蔵 50-pin SCSI)
  • イーサネット: AAUI-15
  • ADB: 1
  • シリアル: 2 (プリンターとfax/modem)
  • SCSI: DB-25
  • ビデオ出力: HDI-45
  • オーディオ出力: ステレオ 16 bit ミニ
  • オーディオ入力: ステレオ 16 bit ミニ
  • スピーカー: モノラル
  • Gestalt ID: 75
  • 消費電力: 210 ワット
  • 重量: 14.5 lb
  • 外形寸法: 3.4" H x 16.3" W x 15.6" D (86 mm x 414 mm x 396 mm)
  • 最初のOS: 7.1.2 (60 MHz版), 7.5 (66 MHz版)
  • 最終のOS: 9.1
  • 発売: 1994年3月 (60 MHz版), 1995年1月 (66 MHz版)
  • 販売終了: 1995年1月 (60 MHz版), 1996年5月 (66 MHz版)

外部リンク[編集]