iPhone 3G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップル > iPhone > iPhone 3G
iPhone 3G
IPhone 3G logo.svg
IPhone 3G.png
メーカー Apple Inc.
製造元 Foxconn[1]
種別 スマートフォン
世代 第2世代 (2G)
発売日 2008年07月11日 (2008-07-11)[2]
売上台数 最初の週末までに100万台以上[3]
OS iOS 4.2.1 (build 8C148)
2010年11月22日(3年前) (2010-11-22リリースでサポートは終了したがサードパーティ製のOSあり(初期搭載iOS2.0)[4]
電源 1150 mAh, 3.7 V
内蔵、ユーザーアクセス不可
再充電可能 リチウムイオン[5]
CPU Samsung 32-bit RISC ARM 1176JZ(F)-S v1.0[6]
620 MHz
412 MHzまでアンダークロック[7]
メモリ 128 MB eDRAM[8]
ストレージ 8 or 16 GB フラッシュメモリ
ディスプレイ 3.5インチディスプレイ(対角線上)
解像度 320×480-ピクセル、163 ppi
アスペクト比 2:3
18ビット(262,144色) LCD
GPU PowerVR MBX Lite 3D GPU[9]
入力装置 マルチタッチパネルディスプレイ
3軸加速度計
近接センサー英語版
環境光センサー
マイクロフォン
ヘッドセットコントロール
デジタルカメラ 2.0 MPジオタギング英語版付き
外部接続 クワッドバンド英語版 GSM/GPRS/EDGE
(850 900 1,800 1,900英語版 MHz)
Tri-band UMTS/HSDPA 3.6
(850 1,900 2,100英語版 MHz)
Wi-Fi (802.11 b/g)
Bluetooth 2.0 + EDR
USB 2.0/Dockコネクタ[10]
オンラインサービス App Store, iTunes Store, iBookstore, MobileMe
サイズ 縦 115.5 mm (4.55 in)
横 62.1 mm (2.44 in)
奥行 12.3 mm (0.48 in)
重量 133 g (4.7 oz)
前世代ハードウェア iPhone
次世代ハードウェア iPhone 3GS
関連商品 iPad, iPod Touch一覧英語版
ウェブサイト apple.com/iphone

iPhone 3Gとはアップル インコーポレイテッドが設計・販売しているスマートフォンである。iPhoneの第2世代機で、2008年6月9日にサンフランシスコモスコーニ・センター英語版で開催されたWWDC 2008で発表された。

内面的には前機種と変わりは無いが、新たなハードウェア機能としてAGPS英語版3Gデータ、トライバンド英語版UMTS/HSDPAに対応している。また発売と同時にリリースされたiPhone OS 2.0の導入によってソフトウェアの改善も図られ、プッシュ型電子メールターンバイターンナビゲーション英語版やアップルが新たに立ち上げたサードパーティ製アプリケーションの販売プラットフォームであるApp Storeに対応している[11]

歴史[編集]

  • 2008年6月9日
  • 2008年7月11日、アップルはiPhone 3Gの8GBおよび16GBモデルを世界22カ国で発売した。16GBモデルは白か黒のカラーを選べた[12][13]
  • 発売1年後に後継機種であるiPhone 3GSが発売され、iPhone 3Gは黒の8GBモデルのみが実質無料で販売継続となった[14]
  • 2010年6月7日、iPhone 3Gは販売を完全に終了し、iPhone 3GSの8GBモデルが実質無料で販売されるようになった。

ソフトウェア[編集]

2008年7月に発売された時のiPhone 3GはiPhone OS 2.0搭載でApp StoreやMobileMeの搭載、Microsoft Exchange ActiveSyncやプッシュ型電子メールの対応やバグの修正といった改善が図られた。

2009年6月、iPhone OS 3.0にアップデートできるようになり、MMS、コピー・アンド・ペースト、多数のアプリケーションでのランドスケープ(横向き)モード、Bluetoothのステレオモードなどに対応した。

2010年6月、iOS 4.0にアップデートできるようになったが、後継機種と異なり、マルチタスキングやホーム画面での壁紙設定、Bluetoothキーボード対応といったiOS 4.0で搭載されている一部の重要な機能を使用することが出来なかったが、統一型メールボックス機能、ホーム画面でのアプリケーション用フォルダ、プレイリスト作成などは使用できた。また、このアップデートに関してiPhone 3Gユーザーからパフォーマンの遅さを批判されたが、同年9月にiOS 4.1がリリースされこの問題は改善された。しかし、iOS 4.1でもGame Centerアプリケーションなど一部の重要な機能はiPhone 3Gで使用することが出来なかった[15]

同年11月23日、iPhone 3GでiOS 4.2にアップデートできるようになり、YouTubeでの投票機能が追加され、セキュリティに関するバグも修正されたが、やはりAirPlayやSafariのテキストサーチなど多くの機能が使用不可だった。

iPhone 3Gをサポートする最後のOSは同年11月22日リリースの4.2.1で、2011年3月11日リリースのiOS 4.3はサポート外となりアップデートは終了した[12]

App Store[編集]

iOS 2.0の目玉となる拡張であるゆえにiPhone 3Gの重要な機能であったのが、自身のデバイスでサードパーティ製のアプリケーションを検索しインストールことができるApp Storeである。以前はカスタムアプリケーションをインストールするにはアップルが強く反対しておりサポート外行為となる脱獄行為しか無かった。App Storeの立ちあげ時には500タイトルのアプリケーションが配信されており、以降もアプリケーション数は劇的に増加している。

ハードウェア[編集]

デザイン[編集]

初代iPhone(左)の背面はプラスチックとアルミニウム製だがiPhone 3Gの背面は強化プラスチック製のみで出来ている[16]

iPhone 3Gの背面は初代のアルミニウム背面と異なり全面がプラスチックポリカーボネート製である。ボタンもプラスチック製から金属製に変更されており、機体の縁はテーパー状になっておりより握りやすくなっている。16GBモデルで外面の色を白か黒かを選ぶことが出来る。

寸法は初代iPhoneよりわずかに大きく、縦は4.55インチ (116 mm)、横は2.44インチ (62 mm)、奥行は0.48インチ (12 mm)となっている。初代iPhoneでは縦が4.5インチ (110 mm)、横が2.4インチ (61 mm)、奥行が0.46インチ (12 mm)である。

一方で一般発売後、数名のユーザーから白色モデルでひび割れあることが指摘された[17]

スクリーンと入力[編集]

3.5インチのタッチスクリーンは320×480(HVGA)の解像度、163ppi、傷のつきにくいガラス製であり、複数の指によるマルチタッチを感知するためにデザインされている。

センサーは前機種と同じであり、近接センサー(通話中に顔がディスプレイに近づいた時何も操作できないようにする)はバッテリーを節約したりユーザーの顔や耳で誤った入力を防止するために再配置された。環境光センサは周囲の光によってディスプレイの明るさを調整することでバッテリーを節約する。3軸加速度計は機器の向きを検知し、ユーザーが簡単にポートレートやランドスケープモードに切り替えられるようにスクリーンを変更できる。

プロセッサーとメモリ[編集]

iPhone 3Gの内蔵搭載機器の大半は先代のiPhoneをベースとしており、引き続きサムスン電子製32-bit RISC ARM11 620 MHzプロセッサー(412 MHzまでアンダークロック)とPowerVR MBX Lite 3D GPUと128MBのeDRAMを搭載している。

カメラ[編集]

背面に先代と同じ固定焦点の2.0メガピクセルカメラが搭載されている。光学ズームやフラッシュ、オートフォーカスは非搭載だった上、ビデオ撮影にも対応しなかった(ただし、ビデオ撮影を可能にするアプリケーションがいくつかあった)。またiPhone 3Gのオペレーティングシステムでは写真のジオタギング英語版に対応していなかった。

接続[編集]

iPhone 3GはEDGEのみならずAGPS英語版3Gデータ、トライバンド英語版UMTS/HSDPAにも対応したことでデータのより早いダウンロードや地図を使ったターンバイターンナビゲーション英語版が可能になった。

先代iPhoneや従来のiPodのようにiPhone 3Gでも充電のために独自の30ピンのDockコネクタが搭載されており、充電だけでなくコンピュータに接続して機器と同期したり、いくつかのアクセサリを接続することも可能になっている。

また、先代iPhoneの凹型ヘッドホンジャックに代わり埋込型の3.5mmヘッドホンジャックが搭載され、Apple製以外のヘッドホンが使用可能になった。

バッテリー[編集]

搭載している1150 mAhの内蔵二次電池は先代iPhoneと同様で、交換不可能である。アップルによればWi-Fiでのブラウジングで6時間、3Gで5時間、音楽の再生で25時間使用可能としている。またスタンバイ状態で300時間耐えることが出来る。

問題[編集]

iOS動作問題[編集]

2010年6月21日にiPhone 3Gにも対応しているiOS 4がリリースされた。

ウォール・ストリート・ジャーナルは同年7月28日付けのコラム「Digits」にてiPhone 3GをiOS 4にアップデートすると動作が遅くなったり、バッテリーの持ちが悪くなったり、過度に熱くなったりすると報じた[18]

メディアイベント中の同年9月1日にアップルはiPhone 3Gでのパフォーマンス問題やBluetooth、近接センサーなどを修正したiOS 4.1を同月8日にリリースすることを発表した。

iPhoneのタイムライン[編集]

iPhone 4S iPhone 4 iPhone 3GS iPhone 3G iPhone (初代)
出典: Apple press release library[19]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dalrymple, Jim (2009-07-28), iPhone manufacturer to pay family of dead worker, CNET, http://news.cnet.com/8301-13579_3-10297254-37.html 2010年4月6日閲覧。 
  2. ^ Robert PalmerFiled (2008-06-08), iPhone 3G announced — The Unofficial Apple Weblog (TUAW), http://www.tuaw.com/2008/06/09/iphone-3g-announced/ 2008年6月10日閲覧。 
  3. ^ Bowcock, Jennifer, Apple Sells One Million iPhone 3Gs in First Weekend, http://www.apple.com/pr/library/2008/07/14iphone.html 2010年6月20日閲覧。 
  4. ^ Main Page - iDroidWiki, Idroidproject.org, http://www.idroidproject.org/ 2010年12月19日閲覧。 
  5. ^ iPod and iPhone Battery and Power Specifications, iPodBatteryFAQ.com, http://www.ipodbatteryfaq.com/ipodbatteryandpower.html 2009年5月12日閲覧。 
  6. ^ Patterson, Blake (2008-07-07), Under the Hood: The iPhone’s Gaming Mettle, touchArcade, http://toucharcade.com/2008/07/07/under-the-hood-the-iphones-gaming-mettle/ 2009年3月20日閲覧。 
  7. ^ Dilger, Daniel Eran (2008-03-20), iPhone 2.0 SDK: Video Games to Rival Nintendo DS, Sony PSP, RoughlyDrafted Magazine, http://www.roughlydrafted.com/2008/03/20/iphone-20-sdk-video-games-to-rival-nintendo-ds-sony-psp/ 2009年5月12日閲覧。 
  8. ^ Apple (Samsung S5L8900) applications processor with eDRAM, SUBM TechInsights, http://www.ubmtechinsights.com/reports-and-subscriptions/device-library/Device-Profile/?SINumber=18016 2009年5月12日閲覧。 
  9. ^ Update: U.K. graphics specialist confirms iPhone design win, EE Times, http://www.eetimes.com/news/semi/showArticle.jhtml?articleID=200900740 
  10. ^ Apple — iPhone — Tech Specs, Apple; Wayback machine, (July 14, 2007), オリジナルの2007-07-14時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20070714051039/http://www.apple.com/iphone/specs.html 2009年1月19日閲覧。 
  11. ^ “Apple Introduces the New iPhone 3G” (プレスリリース), Apple Inc., (2008年6月9日), http://www.apple.com/pr/library/2008/06/09iphone.html 2008年6月9日閲覧。 
  12. ^ a b Costello, Sam, Initial iPhone 3G Country Availability List, about.com, http://ipod.about.com/od/iphone3g/a/iphone_3g_rel.htm 2009年1月11日閲覧。 
  13. ^ iPhone 3G Coming to countries everywhere, Apple Inc., http://www.apple.com/iphone/countries/ 2009年4月12日閲覧。 
  14. ^ 8GバイトiPhoneが実質0円 「everybody」キャンペーン、再び延長 1月31日まで
  15. ^ iPhone 3G Speed Test: iOS 4.0 versus iOS 4.1
  16. ^ Kirk, Edward (2008-07-13), iPhone 3G's "Plastic" Actually Stronger Than Aluminum iPhone?, iPhone Alley, オリジナルの2009-03-11時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090311141707/http://www.iphonealley.com/news/iphone-3g039s-quotplasticquot-actually-stronger-aluminum-iphone 2012年9月2日閲覧。 
  17. ^ Aamoth, Doug (2008-07-30), Question: Is your white iPhone cracking?, Crunchgear.com, http://techcrunch.com/2008/07/30/question-is-your-white-iphone-cracking/ 2010年12月19日閲覧。 
  18. ^ Valentino-DeVries, Jennifer (2010年7月28日). “Apple Probes Complaints About iOS4 on iPhone 3G”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/digits/2010/07/28/apple-investigates-reports-of-problems-with-ios4-on-iphone-3g/ 
  19. ^ Apple Inc. (2004-2010). Press Release Library. Retrieved June 24, 2010.

外部リンク[編集]

先代:
iPhone (初代)
iPhone 3G
第2世代
次代:
iPhone 3GS