Worldwide Developers Conference

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Worldwide Developers Conference(ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス、略称:WWDC)とはアップルが毎年開催している開発者向けイベントである。

概要[編集]

通例では夏(6月が多いが、5月開催や8月開催もある[1][2][3][4][5][6][7])に5日に渡って開催されている。

従来はSan Jose Convention Centerで開催されていたが、毎年規模が大きくなっていき(2005年の参加者は3,500人超、2006年は4,200人超、2007年は5,000人超)、2003年以降はサンフランシスコのMoscone West Convention Centerで開催されている。

参加にはApple Developer Connectionのメンバー登録が必要(無料のApple Developerで良い)、また参加登録の際にNDA(非開示契約)を結ぶ必要がある。初日午前中に行われる基調講演とApple Design Awardsの発表以外は全てNDAの元で非公開に行われていたが、2014年からは技術セッションの内容も即日一般公開されるようになった[8]。基調講演はアップルのCEOと幹部、及びゲスト出演者による。

主にMac OS X (Mac OS X Server) およびiOSソフトウェア開発者向けのイベントで有料である(学生は無料)。参加者の多くはプログラマシステムエンジニアシステムアドミニストレータ

1997年までは、東京でJapan Developers Conferenceも開催されていた。

2010年以降はiOSのハードウェアは発表されず、主にMac OSやiOS Mac製品についての発表が主である。

WWDCの中で唯一内容が公開される基調講演は、主題であるMac OS XやiOS関連以外にも大きな発表がある場合が多く、大きな注目を集める。主な発表としては以下の通り。

2014年現在、基調講演の映像はライブ配信が行われており、Safariでの視聴が推奨されている。また、終了の数時間後には公式サイトにてその映像が公開され、iTunes Store上でPodcastとして無償配信され、誰でも見ることができる状態になる。第三者によるビデオ撮影およびストリーム配信は禁止されている。

なお、一時期ライブ配信が行われていなかったことがある。この時期は、講演を傍聴している報道関係者等によるテキストメモ及び写真撮影にそれらの即時配信だけが許可されていて、講演のリアルタイムの様子は彼らがサイトにアップロードした内容をウォッチすることで把握するスタイルが確立していた(これらはWWDC基調講演に限らずアップルの公式イベント全てで同様であった)が、ライブ配信が再開されたため過去の様式となった。しかし報道関係者の許可内容はそのまま存置されている。

参考[編集]

  1. ^ スティーブ・ジョブズが、WWDC(世界開発者会議)の基調講演を 2000年
  2. ^ アップル、WWDC(世界開発者会議)2001を開催 2001年
  3. ^ アップル、WWDC(世界開発者会議)2002を開催 2002年
  4. ^ アップルのWWDC(世界開発者会議)、6月23日〜27日、サンフランシスコのMoscone Centerにおける開催に変更 2003年
  5. ^ アップルのエグゼクティブがWWDC 2006の基調講演でMac OS X “Leopard”をプレビュー 2006年
  6. ^ Appleのワールドワイドデベロッパカンファレンス、6月7日にサンフランシスコで開幕 2010年
  7. ^ [http://www.apple.com/jp/pr/library/2012/04/25Apple-Worldwide-Developers-Conference-to-Kick-Off-June-11-at-Moscone-West-in-San-Francisco.html Apple、WWDCをサンフランシスコのMoscone Westで 6月11日に開幕] 2012年
  8. ^ iOS 8 / OS X Yosemiteで「音楽」が変わる - MIDI over BLE”. Ascii.jp. 2014年6月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]