システムアドミニストレータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

システムアドミニストレータ英語:systems administrator、略称:シスアド)とは、情報システム及びそれらを構成するコンピュータシステムの管理者のことである。システム管理者とも呼ばれる。

概要[編集]

一般的に、システムアドミニストレータは情報システムやコンピュータシステムの利用者側に位置しており、企業内において自社が使用する情報システムやコンピュータシステムの日常的な運用・管理・保守に関する作業を行い、機能を維持する役割を負う。情報システムやコンピュータシステムの停止は事業の停止につながる可能性があることから、システムアドミニストレータが負う責任は大きい。また、一般社員などのエンドユーザーが利用するパソコンの管理やトラブル対応も役割の一つである。

情報処理技術者試験として、初級システムアドミニストレータ試験(2009年4月に終了)と上級システムアドミニストレータ試験(2008年10月に終了)があったが、これらは情報システムのエンドユーザを対象者像としたものであり、システム管理者向けの試験ではなかった。

民間が実施しているシステムアドミニストレータ試験は、サーティファイが実施しているシステムアドミニストレータ技術者能力試験がある。

求められる知識[編集]

システムアドミニストレータには、その役割上、情報システムやコンピュータシステム全般に渡る幅広い知識が求められる。例えば企業内のインフラを支えるネットワークの知識、サーバパーソナルコンピュータなどのハードウェアの知識、スクリプト言語プログラミング言語によるプログラミングの知識、ソフトウェアオペレーティングシステムの知識、オフィスレイアウトの知識、ソフトウェアの著作権に関する知識などに精通している必要がある。

関連項目[編集]