iSight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
iSight
iSight。PowerBook G4 やMacBook Pro に取り付けるための器具が付属する。

iSightアイサイト)はアップルコンピュータによって製品化されたIIDC(IEEE1394で制定されたデシタルカメラ類の規格)に準拠したウェブカメラである。

概要[編集]

2003年6月24日に発表された[1]。当初はアップルのノートブック、ディスプレイ一体型デスクトップとFireWireで接続し、ディスプレイに装着するカメラであったが、現在ではMacBookMacBook ProiMacの画面上部に内蔵されたカメラ(USB 2.0接続)に対してもiSightと呼んでいる。

iSightはアップルのビデオ会議クライアントであるiChat AVのために開発された。iMovie 4及びそれ以降のバージョンでは iSightからの映像を取り込んで加工する事ができる。iSightが写す画像を加工するためのソフトであるPhoto Boothにも対応している。

FireWireで接続するiSightは、640×480、31万画素相当のCCDセンサーを用いており、秒間30フレームの映像を撮影することができる。筐体はアルミニウム合金である。発表当初は、市販されているウェブカメラ製品のうちでは高機能・高級の部類に属していた。

2007年モデルのiMac, MacBook Proには約130万画素のiSightが内蔵されている機種があることが確認されている。

なお、2010年モデルのMacBook AirではFaceTimeカメラ、2011年モデルのMacBook ProではFaceTime HDカメラと、それぞれ名称を変更している。

動作環境[編集]

Mac OS Xのv10.2.5以上で動作する他、Boot Campを用いることで、インテルプロセッサが搭載されたアップル機種上のWindows XPVista7でも動作する。

通常のPCでは、FireWireタイプは「1394 Desktop Video Camera」と認識されるが、適切なドライバーがないため動作は制限される。ユニブレインのドライバー[2]を用いることで大抵の機能は使用可能となる。

オープンソースによる対応について[編集]

iSightはIIDCに準拠した仕様であるため、libdc1394を用いることによりLinux等のオープンソース系OS上でも使用できる。さらにCoriander等といったカメラ・ユーティリティがすでに存在する。

脚注[編集]

  1. ^ アップル、iChat AVとiSightを発表 - Apple Press Info
  2. ^ Unibrain Software Download Section(2012年12月24日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]