クレイグ・フェデリギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)は、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長。

前々職のNeXTではWebObjectsの要であるEnterprise Objects Frameworkの開発を担当。関連する特許を複数取得している[1][2][3]。1997年、NeXTが買収されたことによりアップルに入社。1999年に一度アップルを離れ当時WebObjectsを中心技術として利用していたAribaに転職したが、2009年に復帰[4]。2011年3月23日、アップルを離れたバートランド・サーレイの後任としてOS X LionからMac OS X開発責任者となった[5][6]。 2012年8月27日、アップルにより上級副社長への昇格が発表された[7]。2012年10月29日、スコット・フォーストールiOS担当上級副社長の退任に伴い、OS XだけでなくiOSの開発担当も兼ねることとなった[8]

参考文献[編集]

  1. ^ Object graph editing context and methods of use
  2. ^ Distributing and synchronizing objects
  3. ^ Method and apparatus for binding user interface objects to application objects
  4. ^ 「Mac OS X」担当の新幹部C・フェデリギ氏--その人物像に迫る
  5. ^ Bertrand Serlet to Leave Apple
  6. ^ PCのあり方を再定義する「OS X Lion」 (1/4) 2時間超にわたるWWDC 2011基調講演のテーマは、「OS X Lion」「iOS 5」そして「iCloud」の3つだが、まずはフィル・シラー氏とクレイグ・フェデリギ氏が紹介したLionの内容について見ていこう。
  7. ^ Craig Federighi, Apple’s Vice President of Mac Software Engineering & Dan Riccio, Apple’s Vice President of Hardware Engineering Join Apple’s Executive Team as Senior Vice Presidents
  8. ^ Apple、ハードウェア、ソフトウェア、サービス間の協力を推進するための組織変更を発表 ジョニー・アイブ、ボブ・マンスフィールド、エディ・キュー、クレイグ・フェデリギの担当範囲を拡大

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
スコット・フォーストール
Appleソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長
2012 -
次代: