スコット・フォーストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・フォーストール
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 Apple社CEO アドバイザー

スコット・フォーストール (Scott Forstall)は、アップルの前iOS担当上級副社長。2012年10月29日付けで引継の為にCEO ティム・クックのアドバイザーとなり、2013年にアップル社を離れることが発表された[1]

スタンフォード大学にて記号論およびコンピュータサイエンスの修士号を取得。アップルの他の多くの主要技術陣と同じくNeXT出身のソフトウェアエンジニアで、1997年アップルによる同社買収を経て、Mac OS XのAquaユーザーインターフェースの開発を担当。2006年にアビー・テバニアンが退社したことに伴い、Mac OS X v10.5の開発責任者を務める。2008年6月のWWDCの3日前に上級副社長に就任し、iOSプラットフォーム開発の中心人物となっていたが、2011年10月にスティーブ・ジョブズが亡くなって以降、同社幹部との確執が表面化し、地図問題[2]がきっかけとなり辞職に追い込まれた[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]