Apple Remote

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple Remote(初代)

Apple Remote(アップルリモート)はiMac及びMac miniなど向けのリモートコントローラである。

概要[編集]

  • 2005年10月12日に発表されたiMac G5 (iSight)[1]の付属品として発表される。
  • 登場時以来iMacやMac mini, MacBookなどの本体に付属していたが、2009年現在は別売りとなっている。
  • 2009年10月21日にプラスティック製からアルミニウム製にモデルチェンジした[2]
  • Macでは、Front RowによりiPodに似た感覚でDVDの視聴、音楽の再生、ビデオの視聴、写真の閲覧、またKeynoteなどの操作が出来る。
  • Apple Remote対応のDockを使うことでiPodの操作にも利用できる。再生(もう一度押すと停止)・曲送り(長押しで早送り)・曲戻し(長押しで巻き戻し)・音量+・音量-ができるが、ブラウズは不可能。そのため、MENUボタンは操作に割り当てられていない。
  • iPod Hi-FiでApple Remote対応Dockと同様にiPodの操作が可能。ただし、MENUの長押しでiPod・外部入力の切り替えが可能となっている。外部入力時にはApple Remoteから音量+・音量-と、再生・停止ボタンでミュートが可能(もう一度押すと解除)。

ペアリング[編集]

複数のApple Remote対応機器が混在する場合は、ペアリングを行うことでApple Remoteと対応機器を紐付けすることができる。 ペアリングは、Apple Remoteを対応機器の受光部に向け、10cm以内の距離に近づけて「曲送り」ボタンと「MENU」ボタンを5秒間長押しする。ペアリングに成功すると、Macの場合はディスプレイが暗くなり、中央に白い鎖のマークが大きく表示される。iPod Hi-Fiの場合はLEDが点滅する。 一度ペアリングしたApple Remoteを他の機器とペアリングするには、あらかじめペアリングを解除する必要はなく、そのまま他の機器とペアリングするだけでよい。

意図的にペアリングを解除したい場合は、システム環境設定の「セキュリティ」パネルにて登録解除を行う。

対応機器[編集]

Apple Remoteが付属する旧iMacは、本体側面部に磁石が内蔵されており、Apple Remoteをくっつける事ができる。

Apple Remoteと互換を持ったデバイス[編集]

携帯電話に付いている赤外線通信を利用して、携帯電話をApple Remoteのように操作することができる。Apple Remoteのように操作するには、iアプリなどを利用することで使用できる。

脚注[編集]

  1. ^ アップル、新しいiMac G5を発表
  2. ^ 「Apple Remote」がアルミボディの新デザインに

関連項目[編集]

外部リンク[編集]