FairPlay

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FairPlay(フェアプレー)は、QuickTimeマルチメディア技術に内蔵されiPodiTunes、及びiTunes Storeによって使用されているこのデジタル著作権管理 (DRM:Digital Rights Management) 向けにアップル社が名付けた名称である。iTunes と共に iTunes Store から購入したそれぞれのファイルはFairPlayと同時にエンコードされている。また同社の携帯音楽プレーヤー・iPodシリーズはこの方式のファイルをスムーズにシンクする。


「FairPlay」の仕様(v2)[編集]

  • パソコンでの再生:5台(コピーは無制限)
  • 全く同じ内容の音楽CD作成:7枚
  • iPodおよび対応携帯電話との同期:無制限
  • 純正iアプリケーションでの利用:可
  • ネットワークによる認証方式。解除、切り換えも可能。
  • 複数アカウントの共存が可能。

仕組み[編集]

FairPlayは公平かつ単純なDRM技術である。FairPlayで保護されたファイルは、暗号化されたAACオーディオストリームを含む正規のMP4コンテナファイルである。このAACはAES暗号化とMD5ハッシュの組み合わせを使っており、AACの暗号化を解くために必要なマスターキーもMP4コンテナの中に暗号化されて含まれている。このマスターキーの暗号化を解くために必要とされる鍵は“ユーザキー”と呼ばれている。

iTunesでファイルを購入する際に、マスターキーを暗号化する為の新たなユーザキーがランダムに生成される。この生成されたキーはAppleのサーバにアカウント情報と共に保存され、生成したiTunesにも送られる。受け取ったiTunesはユーザキーを、暗号化したキーデータベースへ登録する。このデータベースを使えばiTunesはマスターキーの暗号化を解く際に必要となったユーザキーを手に入れ、暗号化を解いたマスターキーを使ってオーディオトラックを再生出来るのである。

別のコンピュータ上から既存のアカウントで認証する場合、iTunesはそのコンピュータのユニークな識別子をAppleのサーバへ送り、アカウント情報と共に登録されたユーザキーを受け取る。このことによって、同一のアカウントで認証していれば別のコンピュータ上でも購入した楽曲を再生するために必要な全てのユーザキーを保持することができ、かつ認証できるコンピュータの数をAppleのサーバによって制限することを確実にしている。

コンピュータの認証を解除する場合、iTunesはAppleのサーバへコンピュータの識別子を削除するようにリクエストし、それと同時にiTunesのキーデータベースからユーザキーを削除する。

iPodもiTunesと同様に暗号化したキーデータベースを持っている。iPodへFairPlayで保護された楽曲をコピーする際、iTunesはiPodのキーデータベースへユーザキーをコピーする。iPodはそのユーザキーを用いて保護されたAACオーディオストリームを再生するようになっている。

これらの暗号化処理はQuickTimeとiTunesで固く施されているように見える。そしてデータベース自身も暗号化されているため編集が出来ないのである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]