Wikipedia:即時削除の方針

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雑草とり
ページの分割と統合
ページの改名
移動依頼
履歴複製依頼
日本語版にはない記事
スタブ
プロジェクト間の移動
バグの報告

執筆依頼
翻訳依頼
加筆依頼
修正依頼
査読依頼
画像提供依頼
Bot作業依頼
表示改善依頼
著作権問題調査依頼
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼

削除の方針
削除依頼
即時存続
版指定削除
版指定削除の方針
即時削除
即時削除の方針
リダイレクト削除の方針
リダイレクトの削除依頼
利用者ページの削除依頼
復帰の方針
削除の復帰依頼
管理者伝言板/削除

管理者伝言板
利用者名変更依頼
保護依頼
保護解除依頼
投稿ブロック依頼
チェックユーザー依頼
オーバーサイト依頼

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

いくつかのケースでは、管理者および削除者はページを見たその場で削除することができます。また、管理者・削除者でない利用者は、以下に示す各基準で個別に示されているテンプレートを利用することで、同様の処置ができます。 基本的には、{{即時削除|基準番号}}あるいは{{SD|基準番号}}の形式ですが、基準によっては、基準番号の後ろに、<!--◆と◆-->の間に必須情報が示されている場合があります。この場合、この<!--◆と◆-->を除去し、指定された適切な必須情報に置き換えてください。日本語が読めない利用者は、ウィキ横断荒らしやスパムなどの「グローバル案件」に限り、{{Delete|削除すべき理由}}(理由は日本語でなくてよい)の形式を使用することができます。

Wikipedia:削除依頼に提出されたページは削除の方針にあるように審議に1週間程度の時間がかかりますが、即時削除の場合はほとんど時間を置かずに削除されます。

対象となるケース

項目名の書き誤りは移動して下さい。移動の残骸については、それを誰が見ても明らかに誤りだとわかるときには即時削除とします。明らかに誤りだとわからない場合には誤表記であることを明記してリダイレクトの削除依頼へ提出してください(削除テンプレートの貼り付けは必要ありません)。よくある間違いや表記揺れの場合リダイレクトのまま存続となることがあります。

以下に列挙されているケースは有益な履歴を持っていないページに関してのみ適用されます。即時削除の方針に該当しない過去版がひとつでもある場合は、即時削除の対象にはなりません。なお、単純なリダイレクト、カテゴリ、言語間リンクなどのみの版は有益な履歴とは見なされません。

全般

これはすべての名前空間にあるページに適用されます。

全般1
内容が全く意味を持たないページ(意味不明な書き込み)
つurhlucwhglぐyうlhgjしゅいうhkすg、など
使用方法{{即時削除|全般1}}
全般2
投稿テストと思われるもの
書けるかな? '''強い強調(太字)''' [[項目名]]、など
使用方法{{即時削除|全般2}}
全般3
荒らしに分類される投稿
使用方法{{即時削除|全般3}}
全般4
宣伝・広告が目的であるページ
露骨な宣伝・広告のみが目的と思われるページ。特定商品の宣伝・広告で全文が占められているものや、百科事典的な記事にするためには根本的に書き換える必要があるもののことです。単に企業あるいは製品を主題とした記事に関してはこの方針における削除対象にはならないことにご注意ください。また、立項アカウントが記事名(人名・団体名など)と同じということは即時削除理由になりません。あわせて削除の方針#削除対象にならないものの『中立性を欠いた記事、広告・宣伝の類、個人的なエッセイ、論争になりやすい主題を扱ったもの』もご覧ください。
使用方法{{即時削除|全般4|2=<!--◆「露骨な宣伝・広告のみが目的」と判断される根拠(例:特売情報を前面に出しており、 出典も当該店の広告チラシへのリンクとなっている。)◆-->}}
全般5
問題があるため過去に削除審議を経て削除された文章や画像と「同一」または「ほぼ同一」で問題点が解消されていないものの再投稿
「改善なき再作成」として即時削除を求める場合、過去の削除審議へのリンクを貼ることが強く推奨されます。
この条項は、過去に削除審議を経ずして削除されたもの(削除依頼を一度も経ておらず、即時削除された履歴しかないもの)には適用されません。再作成された項目に、この条項以外の理由による即時削除理由が存在すれば、その即時削除理由を附して、再度の即時削除を求めることはできます。
使用方法削除依頼):{{即時削除|全般5|2=<!--◆過去の削除依頼ページ名◆-->}}
使用方法リダイレクトの削除依頼):{{即時削除|全般5 (リダイレクト)|<!--◆リダイレクトの削除依頼の年◆-->|<!--◆リダイレクトの削除依頼の月◆-->|<!--◆リダイレクトの削除依頼の過去版番号(oldid)◆-->|<!--◆削除対象のページ名(同一なら省略可)◆-->}}
全般6
ウィキペディア(他言語版を含む)内ページのコピー&ペーストによって作成された、またはリダイレクトなどが上書きされ記事となったページで、ペースト後に意味のある加筆が行われていないもの
ただし翻訳や分割などコピー&ペーストが有意な目的のためになされており、かつ必要な履歴継承もなされている場合は除く。
また、移動すべき場合にもかかわらずコピー&ペーストにより作成されたページについても本項による削除の対象とする。
使用方法{{即時削除|全般6|2=<!--◆コピペ元ページ名◆-->|3=<!--◆言語コード(日本語版の場合は指定不要)◆-->}}
全般7:(廃止)
全般8
初版投稿者または初めて有益な記述が行われた版の投稿者自身によって白紙化または{{即時削除}}添付が行われたもので、以下の要件を満たしているもの
  • ページの履歴にその投稿者の投稿しかない、あるいは、誤字脱字の訂正、カテゴリやリンクの追加など、ごく単純な編集しかないもの
  • リンク元がないか、そのページが削除されても問題のないリンク(例えば削除依頼からのリンクなど)のみである
  • 移動により自動生成されたリダイレクトでないこと
注意:白紙化された場合が対象に含まれているのは、救済規定です。白紙化すれば削除されると勘違いしないでください。故意に白紙化しないでください。また、以上の条件を満たしていたとしても、内容が有用な場合やカテゴリが使用中である場合など、必ず削除されるとは限りません。
使用方法{{即時削除|全般8}}
全般9
以下の条件を全て満たしていることによって、著作権侵害が明白であると判断されるもの。
  • ウェブ上で認証なしで閲覧できるページからの完全な複製であるもの(翻案は含まない)
  • 初版からほぼ全ての版において著作権侵害が認められ、著作権侵害部分を除去した場合に記事として成り立たないもの
  • 自著作物の持ち込みでないことが明白であるもの
  • 複製部分に明確な著作物性が認められるもの(きわめて短い文章、事実の羅列、リスト、表、年表、略歴等は含まない)
  • 複製部分の著作権が保護期間内であることが明らかであるもの
  • 複製元であるウェブページが著作権を有していることが明白であるもの(ウィキペディアもしくは他のウィキメディア・プロジェクトを含む、複製元ウェブページ以外のウェブサイトをソースとするものは含まない)
  • GFDLCC-BY-SA 3.0のデュアルライセンスで利用できないことが明らかであり、適切な引用とも認められないもの
以上の条件のうちどれか一つでも当てはまらない可能性が考えられる場合にはケースB-1として、通常の削除依頼へと回して下さい。
使用方法{{即時削除|全般9|2=<!--◆コピー元のURL◆-->}}

記事

これは標準名前空間にあるページに適用されます。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となる記事は以下の通りです。

記事1
定義になっていない、あるいは文章になっていないもの
  • 項目名だけ書いてあるもの
  • 文章になっているが、定義になっていないもの(例:「彼は非常に有名で多くの人に慕われていた。死ぬまでに3冊の本を書いて社会に貢献した。」)
  • その他、単なる単語の羅列等
なお、定義がないということの意味は「『項目名は○○である』という定義文がない」という意味ではありません。冒頭に定型定義文がないことは、即時削除の理由とはなりません。
使用方法{{即時削除|記事1|2=<!--◆記事の問題点、定義なしと判断される理由(例:数値データ表のみの記載で、 定義となる説明文が一切ない。)◆-->}}
記事2
言語間リンクカテゴリ・外部リンクのみのページ
使用方法{{即時削除|記事2}}
記事3:(廃止)

これら以外の記事は即時削除の対象となりません。削除依頼に提出してください。

リダイレクト

削除依頼の前に、どこからもリンクされていないことを確認してください。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となるリダイレクトは以下の通りです。

リダイレクト1:無意味なリダイレクト
リダイレクト1-1
直接関係のないページへのリダイレクト
赤リンクへのリダイレクトは、必ずしも即時削除の理由とはなりません。迷子のリダイレクトもご覧ください。
使用方法{{即時削除|リダイレクト1-1}}
リダイレクト1-2
単純なタイプミスなど明らかな書き誤りのもの
  • 存在しない名前空間のもの - 名前空間名の書き誤りなど
    • 例: 「Wikipedai:即時削除の方針」
  • 字体の似たひらがな・カタカナ・漢字等の取り違え
    • 例: 「二-べルングの指環」(下線部は「ニ」が漢字の「二」、「ー」が全角ハイフンマイナスの「-」、「ベ」がひらがなの「べ」、となっている)
よくある間違いや表記揺れの場合リダイレクトのまま存続となることがあります。少しでも微妙であればリダイレクトの削除依頼に提出してください。
使用方法{{即時削除|リダイレクト1-2|2=<!--◆書き誤り箇所(例:ニが漢字の二)◆-->}}
リダイレクト1-3
転送先が削除・未作成などの理由で存在せず、他のページへのリダイレクトに変更できないもの
ページ名の別名や略称など。ただし単に「現在の転送先が存在しない」というだけでは即時削除の対象となりません。転送先が変更できないか判断に迷う場合はリダイレクトの削除依頼へ提出してください。
  • 「株式会社○○○工業」(→「○○○工業」)、「○○○太社長」(→「○○○太」)など法人格や敬称がついているもの
  • 「○○○子 (歌手)」(→「○○○子」)など曖昧さ回避括弧のついているもの
  • その他、人物の芸名・ペンネーム・愛称などの変名等
使用方法{{即時削除|リダイレクト1-3}}
リダイレクト2記事名の付け方に反するリダイレクトのうち、以下のいずれかを満たすもの
リダイレクト2-1
全角と半角の使い分けに反する
半角カタカナ、全角英数字、全角スペースなどを使用しているもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-1|2=<!--◆使い分けが間違っている文字(例:全角数字8)◆-->}}
リダイレクト2-2
作品名の表記についての慣例に反する
作品名を「」または『』などでくくっているもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-2}}
リダイレクト2-3
記事名が作品名でない場合における読み等の併記
項目名に、読みがな、別名、別表記、原語を付記しているもの。
作品名については読み等までを含めて正式名称である可能性を考慮し、リダイレクトの削除依頼で削除してください。
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-3}}
リダイレクト2-4
Unicode基本多言語面(BMP)(U+0000からU+FFFFまで)に含まれない文字を使用しているもの
これは、いわゆる文字化け機種依存文字の使用に代わる、ページ名への文字の使用規定です。
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-4|2=<!--◆範囲外の文字(例:𧀰(U+27030)の使用)◆-->}}
リダイレクト2-5
曖昧さ回避の括弧の付け方に反する
項目名に曖昧さ回避の括弧を使用する場合に、左括弧の前に半角スペースがない、または、半角丸括弧以外を使用しているもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-5|2=<!--◆使い方の違反内容(例:括弧が全角丸括弧になっている)◆-->}}
リダイレクト2-6
人名の表記についての慣例に反する
漢字で表記される人物の記事名で、姓と名の間に、半角全角かかわらず空白が入っているもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト2-6}}
リダイレクト3項目名に曖昧さ回避の括弧を含むリダイレクトのうち、その括弧内が「曖昧さ回避」ではなく、以下のいずれかを満たすもの
リダイレクト3-1
事前に改名の議論を経て合意を得た移動により発生したもの
削除の理由の中で、どこで議論されたかを必ず明記してください。
使用方法{{即時削除|リダイレクト3-1|2=<!--◆改名提案へのリンク(例:ノート:ページ名#改名提案)◆-->}}
リダイレクト3-2
移動依頼を経た移動により発生したもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト3-2|2=<!--◆移動依頼で、その依頼のある節(例:1月上旬(1日から10日))◆-->}}
リダイレクト4
初版投稿者の履歴しかないページを初版投稿者自身が移動したときに作成されたリダイレクトで、初版投稿者によって白紙化または{{即時削除}}が添付されたもの
使用方法{{即時削除|リダイレクト4}}
リダイレクト5
事前に改名の議論において削除することが合意された、ノートの移動元リダイレクト
削除の理由の中で、どこで議論されたかを必ず明記してください。ノートのリダイレクトの削除に係る明確な合意がないものは、Wikipedia:ページの改名#ノートページのリダイレクトに従い{{移動済みノート}}テンプレートに置き換えるか、削除すべきと判断される場合はWikipedia:リダイレクトの削除依頼に出すことを検討してください。
使用方法{{即時削除|リダイレクト5|2=<!--◆改名提案へのリンク(例:ノート:ページ名#改名提案)◆-->}}

これら以外のリダイレクトは即時削除の対象とはなりません。リダイレクトの削除依頼に提出してください。

ファイル

これはファイル名前空間にあるページ(ページ名が「ファイル:」で始まるページ)に適用されます。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となるファイルは以下の通りです。

ファイル1ウィキメディア・コモンズに同等の物が存在するファイルで、ウィキメディア・コモンズの方針として受け入れられるファイルのうち、以下のいずれかに該当する場合
ファイル1-1:(廃止)
ファイル1-2
ウィキメディア・コモンズからのコピー
ただし、同名の画像が日本語版ウィキペディアに存在しウィキメディア・コモンズから表示できない場合を除く。
使用方法{{即時削除|ファイル1-2|2=<!--◆コモンズのファイル名(例:commons-file.png)◆-->}}
ファイル1-3
他プロジェクト由来のファイルで、以下の条件を全て満たすもの
  • ウィキメディア・コモンズの画像説明ページでそのプロジェクトを正しく出典元として掲示されている
  • 出典元の画像、ウィキメディア・コモンズの画像、および日本語版の画像のすべてに変更が加えられていないもの
使用方法{{即時削除|ファイル1-3|2=<!--◆コモンズのファイル名(例:commons-file.png)◆-->}}
ファイル1-4
ウィキメディア・コモンズに、日本語版ウィキペディアと同一の投稿者によって投稿されたもの
使用方法{{即時削除|ファイル1-4|2=<!--◆コモンズのファイル名(例:commons-file.png)◆-->}}
ファイル1-5
以下の条件を全て満たす、ウィキメディア・コモンズへコピーされたファイル
  • コモンズのファイルページの初版に、更新履歴やライセンス表示などの、ウィキペディア日本語版に記載されていた全てのファイル情報が記載されている
  • {{subst:コモンズへの移動通知}}等を使って、投稿者へ移動したことを通知済みである
Wikipedia:ウィキメディア・コモンズへファイルを移動する方法も参照のこと
使用方法{{即時削除|ファイル1-5|2=<!--◆コモンズのファイル名(例:commons-file.png)◆-->}}
ファイル2:(廃止)
ファイル3
重複ファイル
ここでいう重複は、同じ様な写真があるという意味ではなく、ファイル名が違うだけで全く同じ写真を指します。依頼する人は、重複する画像にリンクを貼っておくと、削除がスムーズになります。
使用方法{{即時削除|ファイル3|2=<!--◆重複ファイルのファイル名(例:file.png)◆-->}}
ファイル4:(廃止)
ファイル5
以下の各条件を全て満たすもの
  • {{No source}}、 {{No license}} の各タグが貼り付けられており、貼り付けから一週間以上経過している
  • {{Image source}} 等で投稿者に通知されており、通知から一週間以上経過している
    当該の画像について個別に通知されている必要はなく、過去に同様な通知がされているならば、その時点から一週間が経過していればよい)
使用方法{{即時削除|ファイル5|2=<!--◆投稿者への通知先(例:利用者‐会話:ウィキ助)◆-->}}
ファイル6
ファイルの内容およびファイルページの記述によれば、著作権法上の理由により自由利用できないことが明らかであって、自由利用できないファイルの受け入れ方針にも適合しないファイル
ただし、ファイルページや記事の編集、改変したファイルの再アップロードなどの対応によって、自由利用できないファイルの受け入れ方針への違反状態を解消できる可能性がある場合には、当該ファイルページおよび投稿者の会話ページへの通知から一定期間が経過しても、依然として違反状態が解消されないことを条件として削除する。通知期間および通知方法は、自由利用ができないファイルの各受け入れ方針による。
使用方法{{即時削除|ファイル6|2=<!--◆自由利用ができない根拠(例:画像に著作権保護のマークが入っている)◆-->}}
ファイル7
ウィキメディア・コモンズから呼び出しているファイル(秀逸な画像に選出された画像を除く)のファイルページ。
ただし、2006年10月以前に存在しており、かつ有意な内容があるものについては、投稿者へウィキメディア・コモンズへの転記を依頼し、転記が実施された後に削除するものとする。
使用方法{{即時削除|ファイル7}}
ファイル8
存在しないファイルのファイルページ
ただし、サーバ等のエラーによって一時的にファイルが見つからなくなっている場合があるので注意すること。
使用方法{{即時削除|ファイル8}}

これら以外のファイルは即時削除の対象とはなりません。削除依頼に提出してください。

カテゴリ

これはCategory名前空間にあるページ(ページ名が「Category:」で始まるページ)に適用されます。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となるカテゴリは以下の通りです。

カテゴリ1
初版から継続して他のページへのリダイレクトであるもの。ただし、カテゴリページの移動により生成したもので、なおかつ所属ページが残っているカテゴリを除く。
使用方法{{即時削除|カテゴリ1}}
カテゴリ2:(廃止)
カテゴリ3
「Category:利用者:(利用者名)」のような、私的カテゴリ
使用方法{{即時削除|カテゴリ3}}
カテゴリ4:(廃止)
カテゴリ5:(廃止)
カテゴリ6:(廃止)


これら以外のカテゴリは即時削除の対象とはなりません。削除依頼に提出してください。

テンプレート

これはTemplate名前空間にあるページ(ページ名が「Template:」で始まるページ)に適用されます。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となるテンプレートは以下の通りです。

テンプレート1:(廃止)

これ以外のテンプレートは即時削除の対象とはなりません。削除依頼に提出してください。

利用者ページ

これは利用者名前空間にあるページ(ページ名が「利用者:」で始まるページ)に適用されます。

全般にあるものに加えて、即時削除の対象となる利用者ページは以下の通りです。ただし、原則として、本人が書き込んだものは本人が望んでいる場合を除いて削除しません。

利用者ページ1
利用者ページ / 利用者ページのサブページで利用者本人が削除を希望するもの
他の利用者の編集が入っているものについては、会話ページとして使用されてきた履歴があるもの(会話ページからの移動により作成された過去ログなど)を除き即時削除対象とする。
使用方法{{即時削除|利用者ページ1}}
利用者ページ2
利用者登録されていない利用者の利用者ページ / 利用者ページのサブページ
使用方法{{即時削除|利用者ページ2}}
利用者ページ3
IPユーザーの利用者ページ / 利用者ページのサブページ
使用方法{{即時削除|利用者ページ3}}

これら以外の利用者ページは即時削除の対象とはなりません。利用者ページの削除依頼に提出してください。

サンドボックス

Wikipedia:サンドボックスは、管理者が必要と判断した場合には削除依頼を経ることなく削除を行なうことができます。この場合に限り、著作権侵害が疑われる場合にも即時削除の対象となります。問題となる記述を見つけたときは管理者伝言板にご連絡ください。

技術的理由による削除

管理者・削除者は、以下の場合も削除を行うことができます。

  1. 原則としてリダイレクトや白紙、上記の全般や記事の項に該当する履歴しか存在しないページに対して、他のページを移動する場合。
    • 管理者・削除者に対してこの理由による削除を依頼する場合は移動依頼を提出してください。
  2. カット & ペーストで移動を行われたページの履歴を統合(マージ)するための一時的な削除。
  3. 管理作業の残骸で使われる見込みの無いリダイレクト。

即時削除を貼る方および削除する管理者・削除者への注意

リダイレクトが即時削除の対象となる場合は、即時削除テンプレートを貼る前、または削除する前に、他の項目からリンクされていないことを「このページへのリンク元」を見て確認してください。リンクされている場合は、リンク元項目を修正してください。

注意事項

即時削除の対象は上述の通りであり、著作権侵害や名誉毀損などの権利侵害のみを理由とした即時削除は行なわれません(全般9ファイル6を理由とする場合およびWikipedia:サンドボックスを除く)。権利侵害のおそれがある投稿を発見した場合で、即時削除理由が無いときは、通常の削除依頼を提出してください。

迅速な削除を要する場合は通常の削除依頼でCategory:緊急案件を利用すると一週間を待たずして削除することも可能です。

また権利侵害の他、犯罪予告を見つけた場合も上記と同様に通常の削除依頼に提出してください。

外部リンクのみの投稿や、純粋に記事として書いたつもりの投稿など、善意の投稿にもかかわらず即時削除されてしまう場合も数多くあります。そのような場合に採用できる対処として、削除をした管理者や、即時削除のメッセージを貼ったユーザーが、該当する記事を書いたユーザーページに事情を説明したり、スタブにまで仕上げて教えてあげる、あるいはテストのようならばサンドボックスへのリンクを貼ってお知らせするなどの方法が考えられます。お知らせ用の定型文が参考になるかもしれません。新しい執筆者を誰もが待っているのですから友好的に行きましょう!

関連項目