32ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

32ビット: 32-bit)とは、コンピュータにおいて、連続した32個(桁)のビット(4オクテット)であり、バイナリで最大4,294,967,296(4G)までの数を表現できる。

32ビットアーキテクチャ[編集]

32ビットに格納できる符号なし整数の範囲は、0 から 4,294,967,295 である。2の補数で表現できる符号付き整数は −2,147,483,648 から 2,147,483,647 を格納できる。したがって、32ビットメモリアドレスのプロセッサは4GiBバイトアドレスメモリを直接アクセスすることができる(アドレス空間が最大4Gバイトである)。

他のビット数のプロセッサと同様、プロセッサ内部(論理)が32ビットでも、外部(物理)のアドレスバスやデータバスも32ビット幅とは限らない。例えば80386SXでは、プロセッサ内部は32ビットだが、外部アドレスは24ビット幅、外部データバスは16ビット幅である。またPentium Proでは、プロセッサ内部は32ビットだが、外部アドレスバスは36ビット幅、外部データバスは 64ビット幅である。
またプロセッサ内部においてもSIMD命令などへの対応のために、32ビット以外の構造を持つ場合がある。例えばPentium IIISSE命令のために128bitのレジスタを持っている(あくまで32ビットデータを4個同時に扱っているだけであり、128ビット処理をしているわけではない)。

32ビットは、32ビットプロセッサが主流であった世代を表す言葉でもある。パーソナルコンピュータで当時の主要なオペレーティングシステムには、OS/2 2.x、Microsoft Windows NT 3.xなどがある。

主な32ビットプロセッサ[編集]

有名な32ビットプロセッサとしては Intel 80386Intel 486Pentium シリーズ 及び MC68000 シリーズがある。モトローラ MC68000 は外部は16ビットであったが、32ビットの汎用レジスタと演算ユニットを持ち、全ての32ビットソフトウェアに対して前方互換性を持っていた。

上記以外の32ビットプロセッサには以下などがある。

類似のプロセッサには以下などがある。

  • IBMSystem/360 (32ビットの汎用レジスタを持ち、複数のアドレッシングモードを持っていたが、後に標準となったのは24ビットアドレッシングモードだった)
  • IBMSystem/370-XA (物理は32ビットだが、1ビットを過去(24ビット)との互換性に使用したため、論理アドレッシングは31ビットであり、アドレス空間は最大2Gバイト)


32ビットマイクロプロセッサ も参照。

画像データ[編集]

画像データにおいて、32ビットは8ビットアルファチャンネルを付加した24ビットトゥルーカラーを示す。

32ビットファイルフォーマット[編集]

32ビットファイルフォーマットは、各データの要素が 32ビット(4バイト)の、バイナリファイルフォーマットである。Enhanced Windows Metafile フォーマット が一つの例である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]