32ビットアプリケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

32ビットアプリケーションとは、32ビットCPUプロセッサ)および32ビットのオペレーティングシステムを前提に設計されたアプリケーションプログラムである。

概要[編集]

特にパーソナルコンピュータPC/AT互換機)では、主に以下の環境があり、32ビットのフラットなアドレス空間(フラットメモリモデル)で稼働した。

32ビットアプリケーションが登場する前は、MS-DOSOS/2 1.x、初期のMicrosoft Windowsなどのオペレーティングシステム(またはオペレーティング環境)上で16ビットアプリケーションが稼働していた。これらは当初は16ビットのIntel 8088Intel 80286 マイクロプロセッサの上で、セグメント方式のアドレス空間で稼働した。

PC/AT互換機での16ビットソフトウェアから32ビットソフトウェアへの移行は、Intel 80386の登場により可能となった。80386および後継のマイクロプロセッサは、16ビットのセグメント方式のアドレス空間と同時に、32ビットのセグメント(より厳密には、16ビットまたは32ビットのアドレスオフセットのセグメント)をサポートした。

WindowsやOS/2などのオペレーティングシステムは、32ビットプログラムと同時に16ビット(セグメント方式の)プログラムを稼働可能にした。16ビットプログラムは互換性のために存在し、32ビットプログラムは新規のソフトウェア開発に使用された。

関連項目[編集]

この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。