ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビット (bit, b) は、ほとんどのデジタルコンピュータが扱うデータの最小単位。英語の binary digit (2進数字)の略であり、2進数の1けたのこと。量子情報科学においては古典ビットと呼ばれる。

1ビットを用いて2通りの状態を表現できる(二元符号)。これらの2状態は一般に"0"、"1"と表記される。

情報理論における選択情報およびエントロピーの単位も「ビット」と呼んでいるが、これらの単位は「シャノン」とも呼ばれる(詳細は情報量を参照)。

省略記法として、バイトの略記である大文字の B と区別するために、小文字の b と表記する。

語源[編集]

bit は、ジョン・テューキー1947年1月9日ベル研究所のメモに“binary digit を縮めて bit とする”と書いているのが最初である[1]1936年ヴァネヴァー・ブッシュが、パンチカードに記録するものとして "bits of information" と書いている)。

ビットを情報量の単位として使ったのは、クロード・シャノンである。

エンディアン[編集]

バイトワードといった単位におけるビット位置の定義はCPUによって異なる。右端(数値としての最小位、LSB)を第0ビットにしている流儀と、左端(数値としての最大位、MSB)を第0ビットにしている流儀の両方がある。現在は前者が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語版“bit”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]