ニブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニブルは4ビット、すなわち1オクテットの半分。

ニブルは16通りの値を持つ。1バイト8ビット)は、2つのニブルとして表現できる。一般的な記述では、2桁の16進数で表現される。

16進数1桁を意図した処理など、特に明確な意味で4ビット単位の処理を行う場面で使われるが、例えば、単に1バイトの中に4bit毎の意味のある情報を持たせる場合は「上位4ビット」「下位4ビット」と呼ばれニブルと表現することはあまり無い。

英語のnibbleには動詞として少しずつ食べる、ちょっとかじる、また、名詞としてそのような場合の「少し」の意味がある。

ニブルゲームという遊びがある。

関連項目[編集]