8ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

8ビット: 8-bit)とは、コンピュータにおいて、連続した8個(桁)のビット(1オクテット)であり、バイナリで最大256までの数を表現できる。

8ビットアーキテクチャ[編集]

8ビットCPUは通常、8ビットのデータバスと16ビットのアドレスバスを持ち、アドレス空間は64KBに制限される。しかし、これは"自然法則"ではなく、例外がある。

最初に幅広く採用された8ビットマイクロプロセッサIntel 8080であり、1970年代後半と1980年代前半のホビー用PCに多く使用され、CP/Mオペレーティングシステムが動作した。Z80(8080と互換性があった)とMC6800も、同様のPCで使用された。8ビットCPUのZ80MOS 6502は、1970年代から1980年代のパソコン8ビットパソコンホビーパソコン)やゲーム機で広く使われた。多くの8ビットCPUやマイクロコントローラは、今日のユビキタスコンピューティングや組み込みシステムの基盤となっている。

8ビットは 28 (256) の値を取ることができる。(バイナリの場合)

世界で販売されたCPUのおよそ55%が8ビットのマイクロコントローラやマイクロプロセッサである。

なぜ8ビットか?[編集]

4ビットのマイクロプロセッサは1970年代の初期に開発されたIntel 4004が始まりである。インテルは迅速に8ビットのプロセッサに対応し、インテルの多くの競争相手は8ビットから開始した。性能と記憶領域の限界は、4ビットプロセッサがアプリケーションの要求から脱落していくことを意味していた。(しかし、4ビットプロセッサは、いまだに大量生産されている。)

主な8ビットプロセッサ[編集]

CPUは一つの命令で操作できるデータによって分類することができる。16ビットプロセッサが一つの命令で16ビットのデータを操作できるのに対して、8ビットプロセッサは一つの命令で8ビットしか操作できない。

8ビットマイクロプロセッサ も参照。

8ビットプロセッサの例

関連項目[編集]