16ビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

16ビット: 16-bit)とは、コンピュータにおいて、連続した16個(桁)のビット(2オクテット)であり、バイナリで最大65,536(64K)までの数を表現できる。

16ビットアーキテクチャ[編集]

有名な16ビットプロセッサとしては、PDP-11, Intel 8086, Intel 80286WDC 65C816 がある。Intel 8088 は Intel 8086 とプログラム互換であり、16ビット長のレジスタと算術命令を持っていたので、外部バスは 8ビット長であるが、16ビットプロセッサと呼ぶことができる。

16ビット整数は216(または 65536)種類の値を保存することができる。符号なしの表現では、0 から 65535 までの整数値となる。2の補数の表現では、-32768 から 32767 までとなる。したがって、16ビットメモリアドレスを使用するプロセッサは、64KiBバイトアドレスメモリを直接アクセスできる(アドレス空間が64Kバイトである)。

16ビットプロセッサ全盛時代にパーソナルコンピュータで使われた主要なオペレーティングシステムには、PC DOS およびMS-DOSOS/2 1.x などがある(Microsoft Windows 3.0 は正確にはオペレーティング環境と呼ばれた)。

16ビットプロセッサはパーソナルコンピュータの分野ではほとんど使われなくなったが、多くの組み込みシステムでは使用されている。例えば、16ビット XAPプロセッサが多くのASICで使われている。

主な16ビットプロセッサ[編集]

16ビットマイクロプロセッサ を参照。

16/32ビットの Motorola 68000[編集]

データバスが16ビット幅であったため、MC68000 は"16ビット"と呼ばれている。しかし、汎用レジスタが32ビットであり、多くの算術命令が32ビットをサポートし、最大16メガバイトのRAMをサポートしたという点では、32ビットプロセッサと言うことができる。したがって、68000のソフトウェアは元来32ビットであり、32ビットプロセッサへの前方互換性を持っている。

16ビットファイルフォーマット[編集]

16ビットファイルフォーマットは、各データの要素が 16ビット(2バイト)の、バイナリファイルフォーマットである。Windows Metafile フォーマット が一つの例である。

関連項目[編集]