制御装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

制御装置(せいぎょそうち、Control Unit)とは、一般に何らかのシステム全体あるいは一部を制御する装置を指す。


制御装置(せいぎょそうち、英:control unit)とは、プロセッサの一部で、プロセッサの演算装置レジスタの動作や、記憶装置の読み書き、入出力などを制御する装置である。

この装置の出力は他の装置の活動を制御する。制御装置は有限オートマトンでモデル化される。理論的にはシーケンス制御がおこなうことと同じだが、一般にはシーケンス制御の語はプロセッサの制御を指しては使われていない。

初期のコンピュータでは、「ランダム論理」によるワイヤードロジックによる制御がおこなわれていた。マイクロプログラム方式が発明され、以後よく使われた。初期に採用したものではSystem/360(互換性のためのエミュレーションと、下位機種のハードウェアの単純化の目的だった)が有名である。マイクロプロセッサでは歴史が繰り返され、だいたい16ビット化以降(たとえばインテルでは8086で採用されている)で、マイクロプログラムが使われるようになった。一方、RISCはワイヤードロジックによる高速化で猛威を振るい、負けじとCISCもワイヤードロジックを取り入れた(486)。RISCにも複雑な命令を備えるものが現れてきている。

古くは、プロセッサの構成要素として、「制御装置と演算装置」のように分類していたが、高機能化や高性能化のために、実行ユニットという考え方がされるようになっている。

バスマスタリングのように、各サブシステムがそれに付属するコントローラを持っており、そのコントローラが監督者として動作する、というようなこともおこなわれている。

制御装置の方式[編集]

いずれの方式も電子的制御信号を発生し、プロセッサの各部分を制御する。簡単な制御と複雑な制御で分担するような設計などもありうる。

関連項目[編集]