アドレスバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドレスバス(Address bus)は、CPUDMA を行うユニットが、アクセスしたいコンピュータメモリの要素/位置の物理アドレスを伝えるために使用するバスである。

アドレスバスの幅によって、アドレス指定可能なメモリ要素の位置とともに、アクセスできるメモリサイズが決定される。例えば 16ビット幅のアドレスバス (1970年代から1980年代の8ビットプロセッサで一般的に使用された) は、216 = 65,536 = 64Ki のメモリ位置にアクセスできる。32ビット幅のアドレスバス (2004年時点で一般的なPCプロセッサ) は 232 = 4,294,967,296 = 4Giのメモリ位置にアクセスできる。

大部分のマイクロコンピュータにおいて、アドレス指定可能な"位置"は8ビット"バイト"である。この場合、上の例は、それぞれ 64キビバイト(KiB) と 4ギビバイト(GiB) に変換される。歴史的には、16, 32, 64 ビット長のような、より大きなサイズ(ワード)に対してだけアドレス指定できる例も、稀に存在した。

関連項目[編集]