DICOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DICOM(ダイコム)とは、Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、CTMRICRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のことである。

画像規格としてのDICOM[編集]

基本的には撮影直後の生成直後はビットマップ系のRAWフォーマットを用いる場合が多く、DICOMサーバなどへの短期保存時にはRAWフォーマットのまま、もしくはRLE圧縮やロスレスJPEGなどの劣化のない可逆フォーマットを用いる場合が多く、長期保存時にはロッシーJPEGなど非可逆フォーマットを用いる場合が多い。また、DICOMサーバからDICOMビューアへの配信時には、通信効率を上げるためにJPEG系のフォーマットを利用する場合が多く、一部ではJPEG 2000や独自フォーマットへ内包データを変換して配信している場面も見受けられる。

ただし、DICOMの仕様では、規格の特性上、画像を主とするものの、画像に限らず、ありとあらゆるデータを内包できるようになっている(コンテナフォーマット)。内包物がある場合はDICOMファイル内のタグ情報に、内包物のフォーマット名及びデータ長を記載するようになっており、加えて上記のタグ情報が複数ある場合は画像データも複数枚が内包されている状態となる。これをマルチフレームという。

以上のように、画像以外の情報も内包可能なため、超音波診断装置などでは、画像に加えて心拍などの音声データを内包している場合もある。また、この音声データと、前述のマルチフレーム等の画像データをパラパラアニメのようにし、同時再生することにより音声付き動画データとして扱うことも可能である。

通信規格としてのDICOM[編集]

DICOMの通信仕様については、RS-232などのシリアルケーブルを用いた通信など、幅広い通信手段を網羅するため、OSI参照モデルに準拠している。

しかし、1990年代中ごろからインターネットが爆発的に普及したことにより、OSI参照モデルではなく、RFC 1122(通称DARPAモデル)に準拠した製品が一般化することとなった。

この情勢の変化に対し、DICOMの最新仕様では、OSI参照モデルに準じたDICOM通信プロトコルをTCP/IPを用いてカプセル化する、という方法で大幅な仕様変更を回避している。

しかし、DICOM通信プロトコルでは、カプセル化によるオーバーヘッドが生じ、TCP/IPであればネットワークカード上のハードウェアで処理されるパケットの再構成処理などもカプセル化されたデータについてはソフトウェアで実現しなければならず、HTTPなどの純粋にTCP/IPを用いた通信プロトコルに比べ、負荷や速度などは大幅に劣る。このため、一部製品では、他社製品との通信にはDICOMに準拠するものの、自社製品間における通信は独自プロトコルを用いている場合も多く見受けられる。

その他の仕様[編集]

英語版に仕様書のリストが掲載されているので参照のこと。

印刷・データ保存に関する規定や、個人情報になりうる性質のデータである以上セキュリティに関する仕様も盛り込まれている。またDICOMフォーマットへのWebアクセスに関する規定もある。

問題点[編集]

実際の医療現場では、「DICOM準拠」をうたっているにも関わらず、実際にはメーカーによって画像フォーマットやテキストデータなどの扱いが異なっている(いわゆる「メーカー方言」が存在する)[1]ことが多い。そのために相互運用が行えないケースも多く、病院関係者から問題視されている[2]

またDICOMのフォーマットは「人間の医療情報」を保存することに特化しているため、人間以外の動物の医用画像(例:競走馬のレントゲン写真など)をDICOMで管理するためには病院側での項目の読み替えなどの手間が必要になる。この点についても、動物医療に携わる人間からは改善を求める意見があり、近年ではそういったニーズに対応して動物医療向けに強引にカスタマイズされたシステムも登場してきている。ただし、DICOM規格に準拠するという意味では、DICOM規格ではプライベートタグという独自拡張を認めており、その範囲内で適用すべきである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]