画像ビューア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

画像ビューアイメージビューア: image viewer)または画像ブラウザ: image browser)は、画像を表示・閲覧するためのプログラム

概要[編集]

一般的には、多様な画像ファイルフォーマットを扱えるよう便宜が図られている。画像データをディスプレイの特性(色深度解像度ICCプロファイルなど)に合わせて描画するのが主な役割である。

高機能なペイントソフトPhotoshopGIMP)を画像ビューアとして用いることもできるが、それらには単に画像を見るには不要な編集機能があり、そのために起動や動作が軽快でない場合もある。また、ビューアにはスライドショー形式でディレクトリ内の画像を順に表示する機能など、編集ソフトではあまり重視されない閲覧機能が備えられている。

画像ビューアは、ハードディスク上のディレクトリ構造の直接的なビューを提供することでユーザーに最大限の柔軟性を与えている。多くの画像ビューアは画像ファイル群の構成(ディレクトリ構造)をいじることはできず、その仕事はユーザーに任されている。しかし一部の画像ビューアは画像の整理・管理機能があり、一種の画像データベースの役目を果たす。それらは画像管理ソフトウェアなどと呼ばれる。

機能[編集]

典型的な機能は以下の通り。

高度な機能としては、次のようなものがある。

画像ビューアの例[編集]

Windows
UNIX系
Mac OS X

関連項目[編集]