Am386

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Am386DX

Am386アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) が開発した初のx86互換マイクロプロセッサである。

概要[編集]

Am386は1991年に発売された。AMD初の互換CPU。80386バイナリ互換である。

インテルは80286まではAMDなどにセカンドソースを認めていた。そのため、AMDなどは、インテルと内部構造が同一のプロセッサを製造していた(Am80286など)。しかし、インテルは自社の製造キャパシティが増加したなどの理由で80386以降のセカンドソースを認めなかった。それによりほとんどのセカンドソースメーカーはx86ビジネスより撤退したが、AMDを含む一部のメーカーはそれぞれ独自に互換プロセッサを開発し、x86ビジネスに残ろうとした。

インテルはAm386が自社のマイクロコードを使用しているとして、AMDを訴えた。その影響でAm386は一時出荷差し止めとなった。1991年、最終的にAMDはAm386の出荷を認められることになったが、そのときにはすでにインテルはi486の出荷を始めていた。

Am386SX 40MHz

Am386はインテルの80386より高クロックの40MHz版を出荷している。また、80386SXに対抗してAm386SXを出荷している。

後継はAm486である。

関連項目[編集]