Quick Look

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Quick Look
開発元 アップル
対応OS Mac OS X
種別 プレビュー
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Quick Look
テンプレートを表示

Quick Look(クイックルック)は、Mac OS Xに搭載されている、ファイルを手早くプレビューし確認することのできる機能。 Mac OS X v10.5Finderの機能の一部として、アップルのADC 2007で発表された。

概要[編集]

Mac OS X v10.4以前のFinderにおいてもアイコンプレビューは可能であったが、Quick Lookではファイルをアプリケーションで開くことなく、半透明なウィンドウにその内容をほぼ完全な形で表示することができる。また、Quick Lookの機能はFinderに限らず、メールiChat、「開く/保存」ダイアログ、Spotlightでも利用が可能である。Quick Lookでは、テキストファイル、PDF、画像、動画、iWorkのPagesNumbersのファイル、MicrosoftのWordExcelPowerpointのファイルを含む、ほとんどのファイルをプレビューできる。

ファイルを選択してキーボードのスペースキーを押すことで、Quick Lookのウィンドウが開く(OS X Mountain Lionでは、トラックパッドを3本指でタップしても開ける)。またSpotlightでは、ファイルにカーソルを乗せると自動的にQuick Lookが表示される。

歴史[編集]

Quick Lookは、Mac OS X v10.5から搭載された。

Mac OS X v10.6から、「開く/保存」ダイアログでもQuick Lookが利用できるようになった。

OS X Lionでは、対応するファイルの種類が増える、Spotlightでも利用できるようになる、他のアプリケーションに切り替えてもQuick Look ウィンドウが表示されたままになるといった大幅な改良が加えられた。

外部リンク[編集]