FileVault

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FileVault
開発元 アップル
対応OS Mac OS X
種別 暗号ソフトウェア
公式サイト Apple.com > OS X
テンプレートを表示

FileVault(ファイルヴォールト)とは、Mac OS Xに搭載されている暗号化機能である。 Mac OS X v10.3で初めて搭載され、OS X LionでバージョンアップされてFileVault2となった。Vaultとは、英語で、アーチ状の堅固な建築物を意味する。

FileVault[編集]

Mac OS X v10.3で搭載されたバージョン。ユーザーのホームディレクトリを、AES-128を用いて暗号化することができる。ホームディレクトリは暗号化されたファイルとして保存され、ユーザのログイン時にマウントされる。初期のバージョンでは、単一の暗号化されたディスクイメージが使用されていたが、Mac OS X v10.5以降のバージョンでは、細かく分割されたスパースバンドル[1]が使用され、OSのTime Machine機能に対応した。

このバージョンでは、移行アシスタントを使用してユーザーデータを新しいマシンに移行させる時に、一度FileVaultを無効化(暗号化を解除)しなくてはならない。

FileVault2[編集]

OS X Lionで搭載されたバージョン。ディスク全体を暗号化することができる。FileVault2を有効にすると、ディスクがXTS-AES 128[2]を用いて暗号化される。 パスワードを忘れたときのために復旧キーを設定できる。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 8MBごとに分割されたファイルで構成されるディスクイメージで、単一の巨大なディスクイメージファイルに比べて効率的な取り扱い(バックアップ等)が可能。
  2. ^ XEX (Xor-Encrypt-Xor)-TCB(Tweakable CodeBlock Mode)-CTS(CipherText Stealing) の略である。
  3. ^ 復旧キーは、オンラインでAppleへ保管を依頼する事ができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]