Microsoft Surface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Surface
MicrosoftSurfaceLogo
Microsoft Surface (black).jpg
Microsoft Surface RT
製造元 マイクロソフト
種別 タブレット端末 / コンピュータ
発売日 RT
2012年10月26日
Pro
2013年2月9日
CPU RT
NVIDIA Tegra 3
(クアッドコア)
Pro
Intel Core i5
(デュアルコア)
メモリ RT
2GB RAM
Pro
4GB デュアルチャネルRAM
ストレージ RT
32GB, 64GB
Pro
64GB, 128GB
ディスプレイ RT
1366x768 px (16:9), 10.6インチ
Pro
1920x1080 px (16:9), 10.6インチ
入力装置 RT&Pro
タッチスクリーンディスプレイ(10点マルチタッチ)
Pro
スタイラス(電磁誘導方式)
デジタルカメラ RT&Pro
フロントカメラ, リアカメラ
外部接続 RT
Wi-Fi (802.11 a/b/g/n), Bluetooth 4.0, USB2.0
Pro
Wi-Fi (802.11 a/b/g/n), Bluetooth 4.0, USB3.0
オンラインサービス Windows Store
重量 RT
680g
Pro
903g
関連商品 Windows 8
ウェブサイト www.surface.com

Microsoft Surface(マイクロソフト サーフェス[1])は、2012年6月18日に発表された、マイクロソフトが開発しているタブレット端末である。Windows 8 Proがインストールされたモデルと Windows RTがインストールされたモデルがある。Windows RT搭載モデル(以降、「RTモデル」と呼ぶ)はWindows 8の発売日と同じ、2012年10月26日に発売された。Windows 8 Pro搭載モデル(以降、「Proモデル」と呼ぶ)は、2013年2月9日発売。日本ではRTモデルを2013年3月15日に発売、Proモデルは2013年6月7日に発売。

概要[編集]

Surface Proには電磁誘導方式のペンが付属しており、搭載OSであるWindows 8に関しても、タブレットPC用の機能(Tablet PC入力パネル、Windows Journal等)が標準で搭載されていて、ハードウェア・ソフトウェア共に、タブレットPCとして使うことが出来る設計になっている。

1024レベルの筆圧感知に対応しており、液晶ペンタブレットとしての使い方が可能である。

ラインナップ[編集]

Surface[編集]

  • OS: Windows RT
  • CPU: NVIDIA Tegra 3
  • ストレージ: 32GB / 64GB (ユーザーの使用可能領域はおよそ16GBおよび45GB)
  • 画面サイズ: 10.6インチ, 1366x768
  • 厚さ: 9.3mm
  • 重さ: 680g
  • 発売日(日本国内での発売日): 2012年10月26日(2013年3月15日発売)
  • 価格:34,800 円(32GB・タブレットのみ)/44,800 円(64GB・タブレットのみ)/39,800円(32GB・タッチカバー付属)/49,800円(64GB・タッチカバー付属)
  • プリインストールソフト:Office Home and Student 2013 RT(日本向けモデルでは商用利用が可能なOffice 2013 RTが標準搭載されている。)
  • 販売当初はSurface RTと呼ばれていたが、現在の正式名称は単に"Surface"である。

Surface Pro[編集]

  • OS: Windows 8 Pro
  • CPU: 第3世代Intel Core i5(Corei5-3317U)
  • ストレージ(日本仕様): 64GB / 128GB(128GB / 256GB)
  • 画面サイズ: 10.6インチ、1920x1080
  • 厚さ: 13.5mm
  • 重さ: 903g
  • 発売日(日本国内での発売日): 2013年2月9日(2013年6月7日発売)
  • 価格: 89,800 円(128GB) / 109,800 円(256GB)
  • プリインストールソフト: なし(日本向けモデルではOffice Home and Business 2013が標準搭載されている。)

Surface 2[編集]

  • OS:Windows RT 8.1
  • CPU: NVIDIA Tegra 4
  • ストレージ: 32GB / 64GB (ユーザーの使用可能領域はおよそ16GBおよび45GB)
  • メモリ:2GB
  • 重さ:約676g
  • ディスプレイ: 10.6型液晶ディスプレイ 、1920×1080(フルHD) 、5点タッチ対応
  • 発売日(日本国内): 2013年10月25日(一般向け)/2013年11月1日(法人向け)
  • 参考価格:44,800 円(32GB)/54,800 円(64GB)
  • プリインストールソフト:Office Home and Business 2013 RT

Surface Pro 2[編集]

  • OS:Windows 8.1 Pro
  • CPU: 第4世代(Haswell)Intel Core i5(Core i5-4200U)
  • ストレージ: 128GB / 256GB / 512GB
  • メモリ:4GB(128GBモデル) / 8GB(256GBモデル、512GBモデル)
  • 重さ: 約907g
  • ディスプレイ: 10.6型液晶ディスプレイ 、1920×1080(フルHD) 、10点タッチ対応
  • プリインストールソフト: Office Home and Business 2013

アクセサリ[編集]

カバー[編集]

キーボードとカバーを兼ねたもので、ノートパソコンのようなスタイルで使うことができる。

初代Surface[編集]

Touch Cover
感圧式。タッチカバー付属モデルに付属。
  • 価格:7980円
  • 色:ブラック、ホワイト、シアンブルー、マゼンタピンク
Type Cover
薄型の物理キーボード。カバーにもなる。
  • 価格:10980円
  • 色:ブラック

第2世代Surface[編集]

Touch Cover 2
感圧式
  • 価格:11,980円
  • キーボードバックライトを搭載
Power Cover[2]
  • Type Cover と同じようにキーが沈む物理キーボードである。違いは大容量のバッテリーが内蔵されたこと。内蔵バッテリーによってSurfaceのバッテリー駆動時間を延長できる。
  • このPower Coverを使用するとSurfaceの稼働時間が、60~70%延長できる
  • 2014年3月19日(現地時間)にアメリカで出荷された。
  • バッテリー内蔵でありながら重さは約250g
  • (注意)初めて使う前に、Windows 更新プログラムを適用する必要がある。
Type Cover 2
  • 初代より1mm薄型化し、キーストロークは1.5mmになり初代より静音化できる。
  • キーにバックライトが追加されている。
  • カラーはシアン、マゼンタ、パープル、ブラックの4色がある。
Touch Cover 2
  • 2.75mm厚に薄型化・軽量化されている。
  • キーにバックライトが追加されている。
  • センサーの数が1029個に増えた。

歴史[編集]

2012年[編集]

  • 6月18日 - Surfaceが発表される。結果として、今までSurfaceとして開発販売していたテーブル型コンピュータは、Microsoft PixelSenseとなった。
  • 7月30日 - 発売日が明らかになる。
  • 10月26日 - RT モデルを発売。

2013年[編集]

  • 2月9日 - Pro モデルを発売。
  • 3月1日 - 日本マイクロソフトがRTモデルの日本での発売を発表。
  • 3月15日 - 日本ではビックカメラソフマップコジマヤマダ電機ベスト電器ヨドバシカメラでRTモデルの販売開始[3]
  • 5月17日 - RTモデルの販売店に上記の6社に加え、エディオン100満ボルトケーズデンキが追加。[4]
  • 5月29日 - 日本マイクロソフトがProモデルの日本発売を発表。他地域に先駆けて256GBモデルを投入する。[5]
  • 6月7日 - 日本でPro モデルが販売される。
  • 7月12日 - RTモデルを一律1万円値下げ。
  • 9月25日 - Proモデルを一律1万円値下げ。RTモデルを3000円から8000円値下げ。タッチカバーを2000円値下げ。
  • 10月24日 - 第2世代であるSurface 2及びSurface Pro 2を同月25日より日本に投入することを発表。
  • 10月25日 - Surface 2及びSurface Pro 2 の日本国内販売を開始。
  • 10月29日 - 日本マイクロソフトが公式Twitterアカウントで、Surface Pro 2の512GBモデルが延期することを発表。
  • 11月18日 - 日本マイクロソフトはSurfaceのショールーム「Surface表参道ショールーム」を、期間限定で表参道ヒルズ1Fで開設することを発表。期間は、2013年12月5日から2014年1月末まで。[6][7]
  • 11月29日 - 日本マイクロソフトはSurface Pro 2の512GBモデルを発売。
  • 12月5日 - 「Surface表参道ショールーム」を開設した。

Surface導入事例[編集]

  • 2013年8月 - 株式会社 北國銀行が、すべての行内業務行員の2,300名に対して、Surface Proを採用。[8]
  • 2013年9月30日(現地時間) - 米デルタ航空が、パイロット11,000人にSurface 2を携行させることを発表。航空機のマニュアルや地図などを電子化する目的で導入。[9]
  • 2013年11月5日 - 立命館小学校(京都市)は4~5年生の児童約240人にSurface RT(初代)を本格導入した。[10]
  • 2013年11月14日 - バレー全日本男子チームが公式タブレットに初代Surfaceを採用。[11]

問題点[編集]

  • RTモデルの発売直後、Touch Coverに亀裂が入り中の配線が露出するなどの不具合が多く報告された。マイクロソフトは交換に応じた[12]
  • RTモデルはストレージ容量32GBの場合、ユーザーが実際に使用できる空き容量は16GBにすぎない。Windows RTの使用容量がiOSAndroid等と比較して著しく多いためである。購入者の一部はマイクロソフトの周知が不足しているとして訴訟を起こした[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本語表記は、マイクロソフトサーフェス公式サイトに準ずる。
  2. ^ http://japanese.engadget.com/2013/09/23/surface-power-cover-type-cover-2-touch-cove/
  3. ^ 日本MSが10.6型タブレット「Surface RT」を3月15日発売、32GBモデルは4万9800円 ITpro
  4. ^ “進化したタブレット「Surface RT」の販売パートナーを拡大し、販売を加速”. 日本マイクロソフト. (2013年5月17日). http://www.microsoft.com/ja-jp/news/130516_surface_rt.aspx 2013年5月30日閲覧。 
  5. ^ “「Surface」シリーズの製品ラインアップを拡充。進化したタブレット型 PC「Surface Pro」を日本市場に最適化し、6月7日(金)より発売”. 日本マイクロソフト. (2013年5月29日). http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/May13/130529_surface_pro.aspx 2013年5月30日閲覧。 
  6. ^ http://topics.jp.msn.com/digital/microsoft/article.aspx?articleid=2297392
  7. ^ http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/Nov13/131118_Surface_omotesando.aspx
  8. ^ http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/Aug13/130828_hokkoku.aspx
  9. ^ http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20131001_617652.html
  10. ^ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1311/05/news127.html
  11. ^ http://news.mynavi.jp/news/2013/11/14/198/
  12. ^ “Surface tablet's Touch Cover splits at seam, users gripe”. CNET. (2012年11月9日). http://news.cnet.com/8301-10805_3-57547549-75/surface-tablets-touch-cover-splits-at-seam-users-gripe/ 2012年11月27日閲覧。 
  13. ^ “Surface 所有者、32GBモデルでも空き容量が16GBしかないとして Microsoft を訴える”. japan.internet.com. (2012年11月19日). http://japan.internet.com/busnews/20121119/4.html 2012年11月27日閲覧。 

外部リンク[編集]