NVIDIA GeForce

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GeForce(ジーフォース)はアメリカ合衆国に在するNVIDIA社が製造販売する、Graphics Processing Unit(GPU)の製品群ブランド名である。

1999年に発表されたGeForce 256を筆頭に、その後8世代に渡って、競合するATI社(2006年アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)社に買収された)のRADEONと共にパーソナルコンピュータにおけるグラフィックス・テクノロジーを先導している。2013年10月現在の主力はGeForce 600シリーズおよび700シリーズである。

目次

概要[編集]

多くのビデオチップ(画面表示を担うLSI)開発メーカーがひしめき合っていた時期において、NVIDIAは「開発スピードの速さ」という点で突出していた。

同社のグラフィックスアクセラレータ製品はGeForceをベースに、ノートパソコン向けに『GeForce Go(8世代からはGeForce M)』シリーズ、ワークステーション向けにOpenGL処理を向上させた『Quadro』シリーズを展開している。

GeForceシリーズはその名称でビデオチップの大まかな相対性能を知る事ができる。なお、2008年6月17日発表のGeForce GTX 200シリーズより従来のGeForce4 Tiシリーズから使われていた命名規則を一新した。 これまでの命名規則では最後に置かれていた、性能指標であるアルファベットを前に置きクラスを表すものとし、後の三桁の内、最初の一桁で世代を、残り二桁の数字でその世代での性能差を表している。

具体例を挙げると「GTX 260」ならば GTX→クラス 2→世代 60→性能指標である。

  • クラス
GeForce GTX *** ハイエンド
GeForce GT *** パフォーマンス
GeForce GTS ***
GeForce GS *** メインストリーム
GeForce G *** ローエンド
GeForce ***(無印)
  • 性能指標
GeForce * *9* 上位
GeForce * *8*
GeForce * *7* 中位
GeForce * *6*
GeForce * *5*
~*0*
下位

旧世代の製品(GeForce 9シリーズ以前)は基本的に、同世代間であれば搭載GPUのクラスを示す型番の数字と性能指標で性能比を判別可能で、型番末尾2桁の部分でさらに細かく性能比を判別出来る。

例として、「8600 GT」ならば 8→世代 6→クラス 00→バージョン GT→性能指標である。

  • クラス
GeForce *9** ハイエンド
GeForce *8**
GeForce *7** メインストリーム
GeForce *6**
GeForce *5**
~*0**
ローエンド
  • 性能指標
GeForce **** GTX 最高位
GeForce **** Ultra
GeForce **** GT 上位
GeForce **** GTS
GeForce ****(記号なし) 中位
GeForce **** GS
GeForce **** SE 下位
GeForce **** LE

以上の形式で判別が可能であり、上記の「8600 GT」の例では「8シリーズのメインストリームビデオカードの上位機種」であることがわかる。

なお同数同指標の製品でもベンダーによって性能には差違があるので、導入の際には確認が必要である。

それぞれのクラスにすべての性能指標の製品モデルがあるわけではなく、同一世代間では「あるクラスの上位の性能指標の製品モデルが、製品名のナンバーの大きい別のクラスの下位の性能指標の製品モデルに勝る」といった現象は基本的には起こらない。Ultraはハイエンドチップの製造過程での選別品を用いて製造されるエンスー向けモデルであり、新シリーズの立ち上げ後暫く経過してから発売される。

近年は、同シリーズのGPUやそれから派生や発展させたチップを使った汎用コンピューティングのための統合開発環境技術の開発 (: Compute Unified Device ArchitectureCUDA) に注力している。そのため、3Dグラフィックス描画に直接関係がない回路を追加しているため、トランジスタをAMD(ATI)社よりも多く積んでいることから、チップのダイサイズや消費電力も3Dグラフィックス性能の割に大きくなりがちな傾向がある。

歴代の製品[編集]

デスクトップPC向け[編集]

GeForce 256[編集]

Canopus GeForce 256 DDR

GeForce 256は、NVIDIAが開発したGeForceシリーズ初の製品である。1999年8月31日発表。開発コードネームは NV10

同社のビデオチップ製品 RIVA シリーズの後継製品で、DirectX 7に対応。これまで CPU (: Central Processing Unit) で行っていた T & L(: Transform & Lightning 、物体の配置と光線の計算) 処理を実行する機能を備えており、こうした製品は総括して CPU と対比的に GPU (Graphics Processing Unit) と呼ばれるようになった。この製品では、最大128MBまでのビデオメモリ容量、SDR(Single Date Rate、シングルデータレート)のSDRAMやSGRAM(グラフィクス機能を追加したSDRAM)に対応していたが、後にDDR(Double-Data-Rate、ダブルデータレート)に対応した。前世代のハイエンドRIVA TNT2 Ultraと比較すると、コアクロックやメモリクロックは低下しているものの、Riva TNT2の二倍の4パイプラインレンダリングエンジン、二基のジオメトリエンジンを搭載しており、性能が大幅に向上した。また、チップの集積トランジスタ数は2,300万、3D計算能力は50Gflops、製造プロセスが0.22μmとなっている。

当時、最大のライバルであった3dfxに対し、事実上勝利した事を印象づけた製品でもある。

  • GeForce 256[Core:120MHz Mem:150(SDR版)/300MHz(128bit)]

GeForce2[編集]

GeForce2 GTS[編集]

NVIDIA GeForce2 GTS

GeForce2 GTS(ジーフォース・ツー・ジーティーエス)は、GeForceシリーズの第二世代製品である。 2000年4月25日発表。開発コードネームは NV15

GeForce 256に改良を加え、テクセルフィルレートは1ギガテクセル毎秒を突破(GeForce 256の実に3倍以上を達成)。製品に与えられた GTS とは、ギガテクセルシェーダ (Giga Texel Shader)を意味している。後に、GeForce2 GTSのコア、メモリクロックを向上させた GeForce2 Ultra(ジーフォース・ツー・ウルトラ)、メモリクロックのみ向上させた GeForce2 Proが発売された。 元々、NV15は設計段階からメモリクロック400MHzに対応していたが、GeForce2 GTS発売時にはクロックが333MHzのメモリしか調達できなかった為、スペック的に制限がかかっていた。製造プロセスは0.18μm、集積トランジスタ数は2,500万となっている。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce2 GTS (0.18μm) 200MHz 333MHz(128bit) × -W
GeForce2 Pro (0.18μm) 200MHz 400MHz(128bit) × -W
GeForce2 Ultra (0.18μm) 250MHz 460MHz(128bit) × -W

GeForce2 MX[編集]

NVIDIA GeForce2 MX 400

GeForce2 MX(ジーフォース・ツー・エムエックス)(コードネームNV11)は、GeForce2シリーズの廉価製品である。GeForce 256の製造プロセスルールを0.18μmに微細化したもの。パイプラインを2つ減らし、メモリバスを半分に抑える事によってコストを抑えている。 性能的には前世代のハイエンドグラフィックスカードであるGeForce 256とほぼ同じであり、人気を集めた。派生としてGeForce2 MX 200GeForce2 MX 400が発売された。GeForce2 MXの対応メモリは64か128bitのSDRメモリ、64bitのDDRメモリであるが、GeForce2 MX 200は64bitのSDRメモリのみ、GeForce2 MX 400は128bitのSDRメモリ、64bitのDDRメモリに対応している。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce2 MX 200 (0.18μm) 175MHz 167MHz(64bit,SDR) × -W
GeForce2 MX (0.18μm) 175MHz 333MHz(64bit,DDR) × -W
GeForce2 MX 400 (0.18μm) 200MHz 333MHz(64bit,DDR) × -W

GeForce2 Ti[編集]

GeForce2 Ti(ジーフォース・ツー・ティタニウム)は、GeForce3シリーズ発売後に、GeForce Titaniumシリーズとして発売された廉価製品である。GeForce2 Ultraを置き換える製品であるが、スペックはメモリクロック以外は同一のものである。性能もメモリクロック低下分だけ落ちる。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce2 Ti (0.18μm) 250MHz 444MHz(128bit) × -W


GeForce3[編集]

Canopus GeForce3 Ti 500

GeForce3(ジーフォース・スリー)は、GeForceシリーズの第三世代製品である。2001年2月に発表された。開発コードネームは NV20。 バーテックスシェーダ・ピクセルシェーダー nfiniteFX を搭載し、DirectX 8に対応。 最初にGeForce3が発売され、その後GeForce Titaniumシリーズとして、GeForce3 Ti 500GeForce3 Ti 200が発売された。 これらはGeForce3のそれぞれ高クロック、低クロック版であり、オーバークロックすることで上位版とほぼ同じ性能となることから、GeForce3 Ti 200が人気を集めた。製造プロセスは0.15μm、集積トランジスタ数は5,700万となっている。

マイクロソフトゲーム機XboxにはGeForce3相当のGPUを統合したチップセットが採用されている。

  • GeForce3 Ti 200[Core:170MHz Mem:400MHz(128bit)]
  • GeForce3[Core:200MHz Mem:460MHz(128bit)]
  • GeForce3 Ti 500[Core:240MHz Mem:500MHz(128bit)]


GeForce4[編集]

GeForce4 Ti[編集]

MSI GeForce4 Ti 4800

GeForce4 Ti(ジーフォース・フォー・チタニウム)は、GeForceシリーズの第四世代製品である。2002年の2月に発表された。 開発コードネームは NV25

GeForce3を大幅に改良した製品であり、アンチエイリアス機能が強化された。人気オンラインゲーム (MMORPG)、ファイナルファンタジーXIをプレイするために、手頃な価格ながら十分な性能を有していたローエンド製品 GeForce4 Ti 4200 に人気が集中した。 GeForce4 Ti 4800GeForce4 Ti 4800 SEはそれぞれGeForce4 Ti 4600GeForce4 Ti 4400をAGP 8Xに対応させた製品であり、仕様では変化していない。製造プロセスは0.15μm、集積トランジスタ数は6,300万となっている。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce4 Ti 4200 NV25(0.15μm) 250MHz 250MHz(128bit) × -W 8.1
GeForce4 Ti 4400 NV25(0.15μm) 275MHz 500MHz(128bit) × -W 8.1
GeForce4 Ti 4600 NV25(0.15μm) 300MHz 650MHz(128bit) × -W 8.1
GeForce4 Ti 4800 SE NV25(0.15μm) 275MHz 500MHz(128bit) × -W 8.1
GeForce4 Ti 4800 NV25(0.15μm) 300MHz 650MHz(128bit) × -W 8.1



GeForce4 MX[編集]

GeForce4 MX(ジーフォース・フォー・エムエックス)は、GeForce4世代の廉価版製品である。開発コードネームは NV17。製品名ではGeForce4シリーズの一製品であるが、コードネームはGeForce2 MXのNV11に次ぐものであり、事実上GeForce2 MXの改良版といった位置づけの製品である。GeForce2 MXと比べ、コアクロックとメモリクロックが引き上げられ、メモリバス幅も最大128bitに拡張(一部64bitの製品もある)され、「Lightspeed Memory Architecture II」というGeForce4 Tiシリーズにも採用されているビデオメモリの帯域幅をより効率よく使うための機能を搭載しているため、GeForce2 MXより、およそ倍の性能になっている。また、製造プロセスが0.18μmから0.15μmに微細化した事により消費電力や発熱の低減もあった。しかし、GeForce4 Tiシリーズとは違い、DirectX 8の技術の一つであるピクセルシェーダーに対応しておらず、実質的にはDirectX 7世代のカードである。GeForce4 MXシリーズはAGP2.0(4X)対応であったが、AGP3.0(8X)対応のGeForce4 MX 440 With 8Xも販売された。また、メモリチップの容量の対応を増やした、 GeForce4 MX 4000という製品も発売された。この製品の命名規則は他のGeForce4 MXシリーズと異なっており、GeForce4 Tiシリーズの命名規則を当てはめたものと推察できる。

  • GeForce4 MX 420[Core:250MHz Mem:166MHz(64bit,SDR)]
  • GeForce4 MX 440[Core:270MHz Mem:400MHz(128bit)]
  • GeForce4 MX 440 With AGP 8X[Core:270MHz Mem:500MHz(128bit)]
  • GeForce4 MX 4000[Core:275MHz Mem:400MHz(128bit)]
  • GeForce4 MX 460[Core:300MHz Mem:550MHz(128bit)]


GeForce FX[編集]

GeForce FX(ジーフォース・エフエックス)は、GeForceシリーズの第五世代製品である。発表は2002年の11月である。

第5世代でありながらGeForce5でなくGeForce FXとなっているのは、買収した3dfxの技術が導入されていることによる。ただし、NVIDIAのドライバダウンロードサイトでは、GeForce 5 FXという表記になっている。

VLIWのプログラマブルシェーダを搭載し、DirectX 9に対応。NVIDIA拡張として、DirectX 9.0aに対応。OpenGLは、2.0に対応する。

特徴的なデザインとして、ピクセルシェーダーは非常に高いクロックで駆動する1機のみであり、シェーダーの演算結果を出力するROPも全モデルで4本しかない(当時の表現で4ピクセルパイプ)、という点が挙げられる。高速な1機のピクセルシェーダの演算結果を、4本のROPに順次流し込むというデザインは、シェーダユニットの動作やバスアクセスタイミングが、全て同時に行われるわけではない点に着目している(CPUでのスーパーパイプライン処理に類似する)。したがって、最上位の5900系から最下位の5200まで、ピクセルパイプとしては全て4本である。最上位のFX 5900/5800系列は、仮想8パイプ相当と公称されているが、この数値が達成されるのは、カラー・Z圧縮が最大限に効いた場合である。

また、DirectX 9.0では、実質的にATIがリファレンスデザインであり、これら、実数バッファ、MRT、テセレータと言った機能は、ATIのGPU自身でも実用には殆ど使われなかったが、実数フォーマットに関しては、FXでもハード的にサポートしているとコメントしつつ、対応ドライバを出す事は無かった。結局、対応したのは、後継製品のGeForce 6が発売された後であり、実数テクスチャのみ対応がなされた。この時期は、NVIDIAの対応が非常に消極的だったため、商品サイクル終了まで、FXは劣勢に立たされたままだった。

商品としては、殆ど良い点が無かったFXであるが、シェーダリソースの動的な管理、ピクセルシェーダでのテクスチャの扱いにほぼ制限が無い点、DirectX 10で正式に導入された指数付き整数フォーマット(ERGB)をサポートした、など技術的には見るべき点もあった。

この世代より、GPUの消費電力の増大とともにその冷却手段が課題となっていった。特に、ハイエンドモデル、さらに最初に発売される製品は製造プロセスルールが1世代古いものでハイエンドとして発売されることから、発熱は巨大なものとなっている。その多大な発熱を処理するため、高性能製品には大きな冷却機構を必要とするようになった。なお、5200、5500シリーズが150nm(0.15μm)、それ以外の製品では130nm(0.13μm)の製造プロセスで生産された。集積トランジスタ数は5200、5500が4,500万、5600、5700が8,000万、5800が1億2,500万、5900、5950が1億3,000万となっている。

Windows XP用のデバイスドライバは、バージョン175.19でサポートが終了した。Windows Vistaに関しては、当初は対応が予定されていたが、RTM版(6000以降)用のバージョン96.85のβドライバが存在するのみ。なお、このVista用βドライバは、パフォーマンスが非常に低く、また細かいバグが残っているが、FXファミリのサポートが終了した為に、更新予定は無い。

また、FXファミリの派生として、PCI Expressバスに対応したGeForce PCXシリーズも2004年2月18日に発表された。これは市場に出た初めてのPCI Express対応ビデオカードであるが、AGPネイティブ対応であるGeForce FXに、PCI Express high-speed interconnect(PCX HSI)と呼ばれるブリッジチップを載せる事でPCI Expressバスに対応したものであり、PCI Expressネイティブ対応はGeForce 6シリーズからになる。

GeForce FX 5200[編集]

  • GeForce FX 5200 SE
  • GeForce FX 5200 [Core:250MHz Mem:400MHz(128/64bit)]
  • GeForce FX 5200 Ultra [Core:325MHz Mem:650MHz(128bit)]

GeForce FXシリーズのローエンド向けモデル。開発コードネームは NV34。新世代GPUであるが、プログラマブルシェーダを用いない場面での性能の面では前世代のGeForce 4 Ti 4200に劣る。

GeForce FX 5500[編集]

NVIDIA GeForce FX 5500
  • GeForce FX 5500 [Core:270MHz Mem:400MHz(128/64bit)]

FX 5200の後継。実質的には、GeForce FX 5200の高クロック品である。開発コードネームは NV34

GeForce FX 5600[編集]

  • GeForce FX 5600 SE [Core:230MHz Mem:400MHz(128bit) ]
  • GeForce FX 5600 XT [Core:325MHz Mem:550MHz(64bit)]
  • GeForce FX 5600 [Core:325MHz Mem:550MHz(128bit)]
  • GeForce FX 5600 Ultra [Core:350/400MHz Mem:700/800MHz(128bit)]

GeForce FXシリーズのメインストリーム向けモデル。開発コードネームは NV31

GeForce FX 5700[編集]

  • GeForce FX 5700 LE [Core:250MHz Mem:800MHz(128/64bit)]
  • GeForce FX 5700 [Core:425MHz Mem:メーカーに依存(800MHz程度)(128bit)]
  • GeForce FX 5700 Ultra [Core:475MHz Mem:900MHz(128bit)]

GeForce FX 5600シリーズの後継モデル。実装されている付加機能の関係から、設計そのものは、FX 5900系を下敷きにしているとされる。開発コードネームは NV36

GeForce FX 5800[編集]

  • GeForce FX 5800 [Core:400MHz Mem:800MHz(128bit)]
  • GeForce FX 5800 Ultra [Core:500MHz Mem:1000MHz(128bit)]

GeForce FXシリーズの最初の製品でハイエンド向けモデル。開発コードネームは NV30

これまでにない冷却機構 FX Flow(エフエックス・フロー)を搭載していたが、動作音の大きさから不評を買った(アメリカなどではダストバスターと呼ばれていた)。FX Flowは、拡張ブラケットスペースを2個占有し、シロッコファンを用いて機外より外気を吸入して機外に排出するというもの。ちなみに、FX 5900の発表会ではNVIDIAのスタッフ自らがFX 5800をドライヤー代わりに使ったり、FX 5800の熱をコーヒーやバーベキューに利用したりといった、自虐的なジョークビデオが流された[脚注 2]。なお、FX 5900発表後は、NVIDIAのWebからも存在が抹消された。しかしその後、高性能グラフィックスカードで大型ファンを搭載した製品が大半を占めるようになっている。

GeForce FX 5900[編集]

Prolink GeForce FX 5900
  • GeForce FX 5900 XT [Core:390MHz Mem:700MHz(256bit)]
  • GeForce FX 5900 SE [Core:350MHz Mem:700MHz(256bit)]
  • GeForce FX 5900 [Core:400MHz Mem:850MHz(256bit)]
  • GeForce FX 5900 Ultra [Core:450MHz Mem:850MHz(256bit)]

GeForce FX 5800シリーズの後継モデル。開発コードネームは NV35

FX Flowではなく、5900シリーズではコアクロックとメモリクロックを下げ、従来の冷却機構に戻している。ただし、GPUの設計がリファインされ、メモリバスの幅が2倍になった事もあり、トータルでの性能は変わらない(ベンチマークでは若干性能が改善されている)。しかし一部のメーカーでは冷却に余裕を持たせる為に隣の拡張スロットにはみ出すような形状のものが多かった。

GeForce FX 5950[編集]

NVIDIA GeForce FX 5950 Ultra
  • GeForce FX 5950 Ultra [Core:475MHz Mem:950MHz(256bit)]

FX 5900の後継。実質的には、FX 5900の高クロック選別品。開発コードネームは NV38

GeForce PCX[編集]

  • GeForce PCX 5300 [Core:250MHz Mem:400MHz(128bit)]
  • GeForce PCX 5750 [Core:425MHz Mem:500MHz(128bit)]
  • GeForce PCX 5900 [Core:400MHz Mem:850MHz(256bit)]

PCI Expressに対応したFXファミリ製品。ブリッジチップによる対応である。 PCX 5300はFX 5200と同じNV37、PCX 5750はFX 5500と同じNV34、PCX 5900は FX 5900と同じ、NV35チップを使用している。

GeForce 6 Series[編集]

GeForce 6200 TurboCache

GeForce 6 Series(ジーフォース・シックス・シリーズ)は、GeForceシリーズの第六世代製品群である。2004年4月14日発表。 スーパースカラーのプログラマブルシェーダを搭載し、DirectX 9及び拡張版の9.0cに対応。PCI ExpressとAGPの両方に対応するアーキテクチャ。シェーダを動画再生支援に利用する PureVideo(ピュアビデオ)を搭載。PCI Express版のハイエンドモデルには2枚のビデオカードを特殊なブリッジコネクタで直結することで実現するマルチGPU技術 SLI(エスエルアイ)、ローエンドモデルにはメインメモリの一部をVRAMとして割り当て共有する TurboCache(ターボキャッシュ)が搭載されている。製造プロセスはNV42コアの6800シリーズ、NV43コア、NV44コアを採用した6200、6500、6600シリーズは110nm、それ以外は130nmプロセスとなっている。集積トランジスタ数はNV40、NV45コアが2億2,200万、NV41、NV42コアが1億8,600万、NV43コアが1億4,600万、NV44コアが7,700万となっている。NVIDIAはGeForce 6シリーズのアーキテクチャ名をCineFX 3.0としている。

GeForce 6150/GeForce 6100[編集]

AMD向けチップセット、GeForce 6100/nForce 400シリーズのノースブリッジ。GPU部は6200系のものを使用している。

GeForce 6200[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 6200 NV43V (110nm) 300MHz(300MHz) 550MHz (128bit) 4 3 × -W 9.0c 2.1
GeForce 6200 TC NV44 (110nm) 350MHz(350MHz) 700MHz (64bit/32bit) 4 3 × -W 9.0c 2.1
GeForce 6200 A NV44A (110nm) 300MHz(300MHz) 500MHz (128/64bit) 4 3 × -W 9.0c 2.1

GeForce6シリーズのローエンド向けモデル。それまでのGeForceローエンドチップに比べて3D描画性能が大きく底上げされており、前世代のミドルレンジ並みの性能を発揮する。 NVIDIAの公式呼称はいずれもGeForce 6200であるが、3種類のコアがある。

NV43V
当初はローエンド専用モデルが開発されていなかったため、メインストリーム向けモデルであるGeForce 6600(NV43)の機能を一部殺した廉価版を投入。PCI Expressネイティブコアであり、AGPにはブリッジで対応。メモリ最大容量は256MB。
NV44
PCI Expressの双方向性を生かし、ビデオメモリを削減してメインメモリで代用することでシステム全体の価格を引き下げるターボキャッシュ(TC)技術を搭載した製品。PCI Express専用。メモリ最大容量は64MB。
NV44A
AGP接続にブリッジを用いないAGPネイティブコアであり、AGP専用。通称GeForce 6200A。

GeForce 6500[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 6500 NV44 (110nm) 400MHz(400MHz) 666MHz (64bit) 4 3 × 22W 9.0c 2.1

GeForce 6200の後継。 ターボキャッシュ(TC)技術を搭載している。コアは高速化された NV44を使用している。

GeForce 6600[編集]

Gigabyte GeForce 6600 GT
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 6600 LE NV43 (110nm) 425MHz(425MHz) 500MHz (128bit) 4 3 -W 9.0c 2.1
GeForce 6600 NV43 (110nm) 300MHz(300MHz) 500MHz~550MHz[実装メーカーによって変動] (128bit) 8 3 28W 9.0c 2.1
GeForce 6600 GT NV43 (110nm) 500MHz(500MHz) 1000MHz (128bit) 8 3 48W 9.0c 2.1

GeForce 6シリーズのメインストリーム向けモデル。SLIに対応している。PCI Expressネイティブコアであり、AGPにはブリッジで対応。開発コードネームは NV43

GeForce 6800[編集]

PNY GeForce 6800 GT
NVIDIA GeForce 6800 Ultra
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 6800 LE NV40 (130nm) 300MHz(300MHz) 600MHz/700MHz (256bit) 8 3 -W 9.0c 2.1
GeForce 6800 XT NV41/NV42 (130nm/110nm) 325MHz(325MHz) 600MHz (256bit) 8 4 -W 9.0c 2.1
GeForce 6800 NV40/NV41 (130nm) 325MHz(325MHz) 700MHz (256bit) 12 5 39W 9.0c 2.1
GeForce 6800 GTO NV40 (130nm) 350MHz(350MHz) 900MHz (256bit) 12 5 × -W 9.0c 2.1
GeForce 6800 GS NV40/NV42 (130nm/110nm) 425MHz(425MHz) 1000MHz (256bit) 12 5 -W 9.0c 2.1
GeForce 6800 GT NV40/NV45 (130nm) 350MHz(350MHz) 1000MHz (256bit) 16 6 55W 9.0c 2.1
GeForce 6800 Ultra NV40/NV45 (130nm) 400MHz(400MHz) 1100MHz (256bit) 16 6 72W 9.0c 2.1

GeForce6シリーズのハイエンド向けモデル。SLIに対応している。UltraとGTとGTOの場合、開発コードネームは NV40及びにNV45(PCI-E用とAGP用)。GSの場合はNV40及びにNV42、無印とXTはNV40NV41、それにNV42。そしてLEはNV40のみとかなり分かりにくい。AGPネイティブコアのAGP対応版、AGPネイティブコアとブリッジチップを並べて実装したPCI Express対応版、PCI Expressネイティブコアが混在する。因みにPCI Expressネイティブコアとされているが、6800系のコアはAGPネイティブコアのNV40に前述したPCX HSIを組み込み、ワンチップ化したものであり(フルスペックのNV45、機能制限したものがNV41、NV41を110nmプロセスに移行させたものがNV42)、厳密にはPCI Expressネイティブコアではない。PCI-Eスロット対応版のみSLIに対応しており、メーカー独自派生商品としてGeForce 6800 GTを二つ搭載した製品が発売された[2]

GeForce 7 Series[編集]

GeForce 7 Series(ジーフォース・セブン・シリーズ)は、GeForceシリーズの第七世代製品群である。2005年6月22日発表。GeForce 6シリーズをもとに大幅な改良を施され、ワットあたりの性能が向上した。また、この世代の開発途中から開発コードネームがNV+数字からG+数字に変更されている。製造プロセスは7600、7900シリーズ以降は90nm、それ以外は110nmとなっている。集積トランジスタ数はG70(7800シリーズ)は3億200万、G71(7900シリーズ)が2億7,800万、G73(7600シリーズ、7300GT)が1億7,700万、G72(7300、7200シリーズ)が1億1,200万。NVIDIAはGeForce 7シリーズのアーキテクチャ名をCineFX 4.0としている。

GeForce 7050PV / GeForce 7025[編集]

nForce 630aを統合したAMD向けチップセットのGPU。なお、チップセットはワンチップでできている。DVI出力にも対応する。GeForce 7050PVはGeForce 7025に比べPure Videoに対応している点、HDMIの出力にも対応する点が異なる。

GeForce 7100 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7100 GS NV44 (110nm) 350MHz(350MHz) 533MHz (64bit) 4 3 × 22W 9.0c 2.1
7100 GS
GeForce 7シリーズで最もローエンドのモデル。内容としてはGeForce 6200と同じもので、機能差は無い。TurboCacheに対応。

GeForce 7200 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7200 GS G72 (90nm) 450MHz(450MHz) 800MHz (64bit) 2 2 × 23W 9.0c 2.1
7200 GS

2007年5月8日発表。GeForce 7シリーズのローエンド向けモデル。開発コードネームは G72

GeForce 7300 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7300 SE G72 (90nm) 450MHz(450MHz) 500MHz (64bit) 4 3 × 23W 9.0c 2.1
GeForce 7300 LE G72 (90nm) 450MHz(450MHz) 600MHz (64bit) 4 3 × 23W 9.0c 2.1
GeForce 7300 GS G73 (90nm) 550MHz(550MHz) 800MHz (64bit) 4 3 × 25W 9.0c 2.1
GeForce 7300 GT G73 (90nm)
G73-B1 (80nm)
400MHz(400MHz) 800MHz (128bit/256bit) 8 4 2-way 32W 9.0c 2.1
7300 SE、7300 LE
2006年3月22日発表。7300 GSのさらに下位モデル。TurboCacheに対応。
7300 GS
2006年1月16日発表。
GeForce 7シリーズのローエンド向けモデル。開発コードネームは7200と同じ G72。TurboCacheに対応。
7300 GT
2006年5月15日発表。7300 GTはシェーダーの数やメモリ幅が他の7300シリーズと違い比較的性能が高い。これは、7300 GTのみG73のダイを使用している為である。

GeForce 7600 Series[編集]

Gigabyte GeForce 7600 GS
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7600 GS G73 (90nm) 400MHz(400MHz) 800MHz (128bit) 12 5 2-way 32W 9.0c 2.1
GeForce 7600 GT G73 (90nm)
G73-B1 (80nm)
560MHz(560MHz) 1400MHz (128bit) 12 5 2-way 65W 9.0c 2.1
7600 GS
2006年3月22日発表。7600 GTの下位モデル
7600 GT
2006年3月9日発表。GeForce 7シリーズのメインストリーム向けモデル。開発コードネームは G73

GeForce 7800 Series[編集]

BFG GeForce 7800 GS
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7800 GS G70 (110nm) 375MHz(375MHz) 1200MHz (256bit) 16 6 2-way 75W 9.0c 2.1
GeForce 7800 GT G70 (110nm) 400MHz(400MHz) 1000MHz (256bit) 20 7 2-way 85W 9.0c 2.1
GeForce 7800 GTX G70 (110nm) 430MHz(430MHz) 1200MHz (256bit) 24 8 2-way 110W 9.0c 2.1
GeForce 7800 GTX 512 G70 (110nm) 550MHz(550MHz) 1700MHz (256bit) 24 8 2-way 120W 9.0c 2.1
7800 GS
2006年2月2日発表。AGP対応製品として発表されたが、HSIブリッジチップでの対応である。
7800 GT
2005年8月12日発表。7800 GTXの機能を削減した製品。チップを二つ載せた製品も発売された[1] [2]
7800 GTX
2005年6月22日発表。この製品の開発コードネームである、G70コアは改名される前に、NV47というコードネームであった。この事からも分かる様に、GeForce 7シリーズはGeForce 6シリーズの改良版である。しかし、様々な部分が改良されており、トランジスタ数で約1億もの機能拡張が行われている。また、アーキテクチャ名がCineFX 4.0、アンチエイリアス機能がIntelliSample 4.0にそれぞれGeForce 6シリーズから一つずつ上がっている。
7800 GTX 512
2005年11月15日発表。7800 GTXを改良し、より高クロックと512MBまでのグラフィックスメモリに対応した製品。
GeForce 7シリーズのハイエンド向けモデル。

GeForce 7900 Series[編集]

NVIDIA GeForce 7900 GX2
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7900 GS G71 (90nm) 450MHz(470MHz) 1320MHz (256bit) 20 7 2-way 80W 9.0c 2.1
GeForce 7900 GT G71 (90nm) 450MHz(470MHz) 1320MHz (256bit) 24 8 2-way 82W 9.0c 2.1
GeForce 7900 GTO G71 (90nm) 650MHz(700MHz) 1320MHz (256bit) 24 8 2-way 115W 9.0c 2.1
GeForce 7900 GTX G71 (90nm) 650MHz(700MHz) 1600MHz (256bit) 24 8 2-way 120W 9.0c 2.1
GeForce 7900 GX2 G71 (90nm) 500MHz(500MHz) 1200MHz (512bit[256bitx2]) 48[24x2] 16[8x2] Quad 150W 9.0c 2.1
7900 GS
2006年9月6日発表。7900シリーズ最下位製品。他の7900シリーズ製品よりも、バーテックスシェーダー、ピクセルシェーダーが削減されている。
7900 GT
2006年3月9日発表。7800 GTの後継製品。G71コアを採用した最初の製品。7800 GTXよりも性能が向上している。
7900 GTO
未発表で限定発売された製品。7900 GTよりも性能が高く、7900GTXに近い性能だが低価格であり、人気があった。
7900 GTX
2006年3月9日発表。7800 GTXの後継製品。G71コアを採用した最初の製品。7800 GTXより高クロックで動作するものの、7800 GTX 512よりもメモリクロックは100MHz低い。
7900 GX2 (7900 GTX Duo)
どちらもOEM販売のみで、正式には発表されていない。名前が異なるが同じカードである。基板を二枚重ねにした様なカードで、カード毎に6ピン補助電源が必要である。Quad SLIに対応している。

GeForce 7950 Series[編集]

NVIDIA GeForce 7950 GX2
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX OpenGL
GeForce 7950 GT G71 (90nm) 550MHz(570MHz) 1400MHz (256bit) 24 8 2-way 82W 9.0c 2.1
GeForce 7950 GX2 G71 (90nm) 500MHz(500MHz) 1200MHz (512bit[256bitx2]) 48[24x2] 16[8x2] Quad 143W 9.0c 2.1
7950 GT
2006年9月6日発表。G71コアを採用した、GeForce 7900GTの後継製品。リファレンスレベルでHDCPに対応している。
7950 GX2
2006年6月5日発表。G71コアを二つ搭載したハイエンドモデル。7900 GTXの上位に当たる、GeForce 7000シリーズ最上位製品。Quad SLIに対応している。

GeForce 8 Series[編集]

GeForce 8 Series(ジーフォース・エイト・シリーズ)は、GeForceシリーズの第八世代製品群である。

前世代まで、ピクセルシェーダとバーテックスシェーダに分離していたシェーダユニットは、ストリーミングプロセッサ (Streaming Processor : SP)に統合された。この統合型シェーダーユニットの事を「ユニファイドシェーダー」と呼ぶ。G80コアの8800モデルは動画再生支援機能であるPureVideoが前世代であるGeForce 7 シリーズと同じVideoProcessor1(VP1)のサポートに留まり、G84コアG86コアG92コアではHD動画再生支援を持つPureVideo HDVideoProcessor2(VP2)がサポートされた。 DirectX 10 Shader Model 4.0、Quantum Effects、HDCP(HDCPについてはオプションとなるものもあり)などをサポート。DirectX 10.1のGPUの仮想化は非対応。

GeForce 8200/8100[編集]

GeForce 8シリーズをベースにした統合GPUを搭載したチップセット。AMD製CPU向け。GeForce 6・7系の統合GPUはnForceに内蔵されたが、このシリーズからチップセット名もGeForceと呼ばれるようになり、nForceとは別個の製品となった。

GeForce 8300 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX [OpenGL]
GeForce 8300 GS G86 (80nm) 450MHz (900MHz) 800MHz (64bit) 16 × × × 10.0 3.3

GeForce 8シリーズのローエンド向けモデル。対応メモリはDDR2 メーカーOEM(組み込み向けモデル)なので個人が手にする機会は少ない。

GeForce 8400 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX [OpenGL]
GeForce 8400 GS (G86) G86 (80nm) 450MHz (900MHz) 800MHz (64bit) 16 × 10.0 3.3
GeForce 8400 GS (G98) G98 (65nm) 567MHz (1400MHz) 1000MHz (64bit) 8 × 10.0 3.3
GeForce 8400 GS (GT218) GT218 (40nm) 520MHz (-) 1200MHz (64bit) 8 × 10.1 3.3

GeForce 8シリーズのローエンド向けモデル。対応メモリはDDR2(GT218はDDR3)。下記の"GeForce 8500 GT"のメモリバス幅を64bitに削減したものである。Hybrid SLIに対応している。なお、GT218コア(GeForce 210で使用されているものと同じコア)を使用した8400GSが存在する。コアがGT218の為、DirectX10.1に対応する。

GeForce 8500 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 8500 GT G86 (80nm) 450MHz (900MHz) 800MHz (128bit) 16 2-way 10.0 3.3

2007年4月17日(日本時間)発表。開発コードネームは G86。GeForce 8シリーズのローエンド向けモデル。対応メモリはDDR2。Hybrid SLIに対応している。

GeForce 8600 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 8600 GT G84 (80nm) 540MHz (1190MHz) 1400MHz (128bit) 32 2-way 10.0 3.3
GeForce 8600 GTS G84 (80nm) 675MHz (1450MHz) 2000MHz (128bit) 32 2-way 10.0 3.3

2007年4月17日(日本時間)発表。開発コードネームは G84。GeForce 8シリーズのメインストリーム向けモデル。対応メモリはGDDR3

GeForce 8800 Series[編集]

NVIDIA GeForce 8800 Ultra
G80[編集]
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 8800 GTS(G80) G80 (90nm) 500MHz (1200MHz) 1600MHz (320bit) 96 2-way 10.0 3.3
GeForce 8800 GTX G80 (90nm) 575MHz (1350MHz) 1800MHz (384bit) 128 3-way 10.0 3.3
GeForce 8800 Ultra G80 (90nm) 612MHz (1500MHz) 2160MHz (384bit) 128 3-way 10.0 3.3
GeForce 8800 GTX
2006年11月9日(日本時間)発表。
GeForce 8800 GTXはGeForce 7900 GTXから動作クロックはあまり向上していないが、GPUに統合型シェーダユニットを128個内蔵して能力を向上させており、諸々のベンチマークソフトで「7900 GTX」のSLIを超える結果を出しており、性能が大幅に伸びた。SLIコネクタが2つ備えられており、デイジーチェーンで接続する事で3WAY-SLIに対応する。また、PCI Express補助電源コネクタも2系統接続する。対応メモリはGDDR3。メモリバスは384bitと変則的になっている。最大消費電力177W。
GeForce 8800 GTS
2006年11月9日(日本時間)発表。
GeForce 8800 GTXと同時に発表された。2007年2月13日、グラフィックスメモリを320MBに削減した廉価モデルが発表、発売された。メモリバスは320bitに削減されている。PCI Express 補助電源コネクタ、SLIコネクタは1系統。
GeForce 8800 Ultra
2007年5月2日発表。
GeForce 8800 GTXをより高クロックで動作させたGeForce 8シリーズ最上位製品。GeForce 8800 GTXよりも高クロックながら、改良により最大消費電力が177Wから175Wに若干減少している。しかしリファレンスクーラーはより巨大なものを採用している。クロック以外の仕様は8800 GTXに準ずる。

G80世代において、リファレンスデザインではどれも2スロット占有型の大型ファンを搭載している。

G92[編集]
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 8800 GS G92 (65nm) 550MHz (1375MHz) 1600MHz (192bit) 96 2-way 10.0 3.3
GeForce 8800 GT G92 (65nm) 600MHz (1500MHz) 1800MHz (256bit) 112 2-way 10.0 3.3
GeForce 8800 GTS 512MB(G92) G92 (65nm) 650MHz (1625MHz) 1940MHz (256bit) 128 2-way 10.0 3.3

2007年11月9日(日本時間)発表。GeForce 8シリーズのハイエンド向けモデル。

開発コードネームは 、8800 GTXなどの初期のモデルはG80、8800 GT以降のモデルG92とされている。

後発になるGeForce 8800 GTは、65nmプロセス技術を採用して消費電力を下げたほか、メモリバス幅が256bitに縮小、搭載可能なメモリ量が512MBに減ったものの、コアクロックとシェーダクロックが向上している(後から1GB版もリリースされた)。さらに次世代DVDの再生支援などを含むVideo Processor 2が実装されている。性能は同GTXと同GTSの中間ほどで、従来のグレード表記の逆転が起きていた。リファレンスデザインでは、発熱が減ったことで1スロットに収まるファンを搭載している。

また2007年12月には PCI Express 2.0 などに対応した新型 GeForce 8800 GTS 512MB(G92)が発売され、上記の逆転現象は解消された。

GeForce 9 Series[編集]

GeForce 9 Series(ジーフォース・ナイン・シリーズ)は、GeForceシリーズの第九世代製品群である。DirectX 10.1の対応はしていない。現状、DX10のアプリケーションが充実していないことやDX10.1の普及がまだ先との判断から実用上問題ないと判断されている。回路幅が65nmのものと、55nmのものがある。また、このシリーズには8 Seriesのリネームが多い。

GeForce 9300/9400[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (メモリ形式) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9300 G86 (80nm) 450MHz (1200MHz) 800MHz(DDR2)
1333MHz(DDR3)(UMA)
16 10.0 3.3
GeForce 9400 G86 (80nm) 580MHz (1400MHz) 800MHz(DDR2)
1333MHz(DDR3)(UMA)
16 10.0 3.3

GeForce 9シリーズの統合GPUを搭載したチップセット。Intel製CPU向け。グラフィックスメモリはメインメモリの一部を利用する、UMA(Unified Memory Architecture)方式を採用し、LFB(Local Frame Buffer)の方式はサポートしていない。

GeForce 9300 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9300 GS G98 (65nm)
G98b (55nm)
567MHz (1400MHz) 1000MHz (64bit) 16 × 10.0 3.3

GeForce 8400GSのリネーム品。G98コアの、55nm版も流通していると言われている。

GeForce 9400 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9400 GT G96 (65nm)
G96b (55nm)
550MHz (1400MHz) 800MHz (128bit) 16 × 10.0 3.3

2008年8月26日(米国時間)発表。GeForce 9シリーズのローエンド向けモデル。補助電源コネクタが搭載されていない。

GeForce 9500 Series[編集]

Gigabyte GeForce 9500 GT
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9500 GT G96 (65nm)
G96b (55nm)
550MHz (1400MHz) 1000MHz(DDR2)
1600MHz(GDDR3) (128bit)
32 2-way 10.0 3.3

2008年7月29日(米国時間)発表。GeForce 8600 GTの後継とされる、GeForce 9シリーズのバリューモデル。9400 GT同様、補助電源コネクタが搭載されていない。

GeForce 9600 Series[編集]

NVIDIA GeForce 9600GT(59W)
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9600 GSO (G92) G92 (65nm) 550MHz (1375MHz) 1600MHz (192bit) 96 2-way 10.0 3.3
GeForce 9600 GSO (G94b) G94b (55nm) 650MHz (1625MHz) 1800MHz (256bit) 48 2-way 10.0 3.3
GeForce 9600 GT G94 (65nm)
G94b (55nm)
650MHz (1625MHz) 1800MHz (256bit) 64 2-way SLI 10.0 3.3
GeForce 9600 GT (59W) G94b (55nm) 600MHz (1500MHz) 1800MHz (256bit) 64 2-way SLI 10.0 3.3
GeForce 9600 GSO(G92)
GeForce 8800 GSと同一のコアを採用し、ほぼ同等のスペックを持つ。9600 GTより下位におかれていたものの、SP数が多いため、条件によっては9600 GTを上回る性能を出すこともある。搭載メモリ量は384/768MB。
GeForce 9600 GSO(G94b)
NVIDIAからの公式発表はないものの、2008年12月に55nmプロセスのG94bを採用するマイナーチェンジを行った。型番こそ変更はないものの 中身はまったく別物になり、明確に9600 GTの下位におかれるようになった。搭載メモリ量は256/512MB。
GeForce 9600 GT
2008年2月21日(米国時間)発表。開発コードネームは G94。GeForce 9シリーズのメインストリーム向けモデル。対応メモリはGDDR3。メモリインタフェースが256bitとなり、前シリーズのGeForce 8800 GTに近い性能を出せるようになっている。消費電力は96W。
GeForce 9600 GT(59W)
GeForce 9600 GT Green Editionとも呼ばれ、GeForce 9600 GTのコアを55nmにシュリンクしたG94bを搭載し、コアクロックを落とす事で消費電力が59Wまで落ち、補助電源が不要となった製品。消費電力は59W。
当初Green Editionとして発表されたが、NVIDIAの製品ページには59W版として掲載され[3]、これを搭載したビデオカードも"9600 GT"の補助電源不要版として発売されている。NVIDIAから公式にはアナウンスはされていないが、ROPユニット数を8基に下げてメモリクロックバス幅が128bitに下げられた仕様の物(所謂、地雷品)も流通しており[4]、中にはパッケージ上では区別が付かない製品もあり、物議を醸している。

なお近年中国で9600や9800等のBIOSを書き換えたものがGTX680等として世界中で販売され問題となっている。 [脚注 3]
日本国内においてもOEMや互換品と称したものがネットオークション等で確認されている。 [脚注 4]
こうした書き換え品は「クーラーを外してGPUコアの刻印をチェックしたりはしないだろう」という悪意のもとに作られているが GPU-ZでBIOS情報、シェーダー数、メモリタイプの表示を確認すれば簡単に判別できる。

GeForce 9800 Series[編集]

NVIDIA GeForce 9800 GX2
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 9800 GT G92 (65nm)
G92b (55nm)
600MHz (1500MHz) 1800MHz (256bit) 112 2-way 10.0 3.3
GeForce 9800 GT (75W) G92b (55nm) 550MHz (1375MHz) 1800MHz (256bit) 112 2-way 10.0 3.3
GeForce 9800 GTX G92 (65nm) 675MHz (1688MHz) 2200MHz (256bit) 128 2/3-way 10.0 3.3
GeForce 9800 GTX+ G92b (55nm) 738MHz (1836MHz) 2200MHz (256bit) 128 2/3-way 10.0 3.3
GeForce 9800 GX2 G92 (65nm) 600MHz (1500MHz) 2000MHz (512bit[256bitx2]) 256[128x2] Quad 10.0 3.3
GeForce 9800GX2
2008年3月18日(米国時間)発表。GeForce 9シリーズのハイエンド向けモデル。対応メモリはGDDR3。HybridPower、Hybrid SLI、PureVideo HDに対応。
GeForce 9800 GX2では単体でのSLI動作が可能なため、SLI非対応のマザーボードでもSLI(2-way)が構築可能。また、Quad SLIに対応し、GX2を2枚使用することで運用可能。Quad SLI時には4つのGPUがそれぞれ1フレームごとにレンダリングする4way-AFRとして動作する。しかし、Windows Vistaのみで動作し、単体(4枚)と、Quad SLIの切り替えのみとなる。
GeForce 9800 GTX
2008年4月1日(日本時間)発表。GeForce 9シリーズのハイエンド向シングルチップモデル。9800 GTX、同 GX2はG92コアであり、特にGTXはGeForce 8800 GTS(G92)のクロックアップ版に近く(3-Way SLIに対応しており、ただのクロックアップ版ではない)、GeForce 8800 GTX、同 Ultraに性能で劣る場面がある。
GeForce 9800 GTX+
2008年6月19日(米国時間)発表。日本では7月26日発売。9800 GTXを55nmにシュリンクしたG92bコアを採用し、その分クロックを増やして性能を上げている。また、ベンダーによっては6ピン仕様のPCI Express補助電源コネクタが一つだけのマイナーチェンジ版が存在する。Hybrid SLIに対応。
GeForce 9800 GT
2008年7月29日(米国時間)発表。前世代にあたるはずのGeForce 8800 GTと全く同じ(チップ上の刻印まで同じ)ものがある一方で55nmにシュリンクした製品もあるなど消費者にわかりにくい製品になっていた。Hybrid Power対応はカードベンダーが選択する。消費電力は105Wといわれている。
※Hybrid Powerについて、情報の混乱から「55nm版はHybrid Powerに対応している」という噂が流れていたが、実際はカードの設計によるオプション扱いで65nm版も55nm版も共に対応している。Hybrid Powerの可否は製品パッケージやカードメーカーのサイトで確認できる。Hybrid Powerの記述が無ければ対応していないが、記述があってもランニングチェンジで非対応になっていることもあり混乱に拍車をかけている。
GeForce 9800 GT(75W)
GeForce 9800 GT Green Editionとも呼ばれ、GeForce 9800 GTのコアクロックを落とす事で消費電力が75Wまで落ち、補助電源が不要となった製品。

GeForce 100 Series[編集]

GeForce 9000 Seriesのリネーム版とされている。

GeForce 100 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce G100 G98b (55nm) 567MHz (1400MHz) 1000MHz (64bit) 8 × 10.0 3.3
GeForce GT 120 G96b (55nm) 500MHz(1400MHz) 1000MHz (128bit) 32 2-way 10.0 3.3
GeForce GT 130 G94b (55nm) 500MHz (1250MHz) 1000MHz (192bit) 48 2-way 10.0 3.3
GeForce GTS 150 G92b (55nm) 738MHz (1836MHz) 2000MHz (256bit) 128 2/3-way 10.0 3.3

GeForce 100シリーズはすべてOEM向けであり、一般ユーザー向けには市販されていない。

GeForce 200 Series[編集]

GeForce 200 Series(ジーフォース・200・シリーズ)は、2008年6月17日に発表された、GeForceシリーズの第10世代製品群である。GeForce 8800以来、1年半以上にわたり、NVIDIAのハイエンドを担ってきた、G80/90系コアの後継となるべく開発された。開発コードは65nmのものはGT200、55nmのものはGT200bもしくはGT206と呼ばれる。GeForce/Tesla第二世代の意味であるという。

なお、これ以降NVIDIAのGPUの命名規則が変更されたが、後述のGTSシリーズがリネーム品(実質二世代前の製品のシュリンク版)であったり、OEM向けとして発表されたGTシリーズのみ最新プロセスの使用とDirectX 10.1への対応など型番や製品ラインナップが9シリーズ同様非常に分かりづらくなっている。

GeForce GTX 200 Series[編集]

NVIDIA GeForce GTX 280
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce GTX 260 GT200 (65nm)
GT200b[GT206] (55nm)
576MHz(1242MHz) 1998MHz (448bit) 192/216 2/3-way 10.0 3.3
GeForce GTX 275 GT200b[GT206] (55nm) 633MHz (1404MHz) 2268MHz (448bit) 240 2/3-way 10.0 3.3
GeForce GTX 280 GT200 (65nm) 602MHz (1296MHz) 2214MHz (512bit) 240 2/3-way 10.0 3.3
GeForce GTX 285 GT200b[GT206] (55nm) 648MHz (1476MHz) 2484MHz (512bit) 240 2/3-way 10.0 3.3
GeForce GTX 295 GT200b[GT206] (55nm) 576MHz (1242MHz) 1998MHz (896bit[448bitx2]) 480[240x2] Quad 10.0 3.3
GTX 280
シングルチップで、デュアルチップのGeForce 9800 GX2と同等程度の性能を持つ。
それ以上に、これまでGPUの強力な並列演算能力を他分野に生かそうというCUDAテクノロジに最適化されているほか、PhysXテクノロジにも対応しており、GPUを単なる3D描画装置以上に使うNVIDIAの戦略に沿った製品である。
これにより、医療分野や天文分野など専門的な分野のみならず、たとえば動画のエンコードを革新的に高速化するといった利用方法が期待されており、一部で始まってもいる。
ただし、9 Series同様DirectX 10.1には対応していない。
同じチップを使い、よりGPUコンピューティングに特化したモデルがTeslaである。
65nmプロセスにおいて、576mm2の巨大なチップゆえに発熱も大きく、価格も高い。
最大消費電力は236Wとこれまでより増えているが、なんらかの省電力時専用回路が搭載されたようで、アイドル時の消費電力は逆に低下しており、Hybrid SLIにも対応しているため、対応したnForceチップセットと組み合わせて使えば、Hybrid Powerモードにより低負荷時に消費電力を0にできる。
GTX 280は起動に8ピン仕様と6ピン仕様のPCI Express補助電源コネクタが必須である。
GTX 260
GTX 260はGTX 280のコアの一部を無効にしたものである。2008年の秋頃以降に製造された製品からはSP数が1ユニット分増やされた。さらに2009年2月には消費電力を低減した55nm版GTX260が発売された。同名ながら僅かに仕様の異なる3種類のコアが存在していたことになり、入れ替わり時期では店頭での区別が難しい場合があった。
GTX 295
2008年12月18日(米国時間)発表。55nmのGT200b(GT206)チップを2基搭載した製品で、GeForce 9800 GX2同様、二つの基板の間に冷却機構を挟む構造をとっている。2009年6月にはシングル基板のモデルも各社から販売されており、冷却機構がGTX 285などに近い形となった。消費電力は289W。
単体のビデオカードとして、RADEON HD 4870 X2より場合によっては50%以上高速である。また、Quad-SLI構成時にはGTX 285の3way-SLIより25%ほど高速。
GTX 285
2009年1月8日(米国時間)発表。55nmに微細化したGT200b(GT206)を採用し、GTX 280のクロックを向上させながら消費電力を改善した。
GTX 280から1割程度性能が向上している。消費電力は183W。
消費電力がGTX 280より削減されたために、8ピン仕様と6ピン仕様のPCI Express補助電源コネクタの二系統から、6ピン仕様のPCI Express補助電源コネクタ二系統に変更された。
正式なものではないが、ASUSから独自設計でGTX 285を2基搭載(今までのNVIDIAのデュアルチップ製品同様、二つの基板の間に冷却機構を挟む構造をとっている)したものが発売されている。GTX 295より23%~75%高い性能を発揮する。
GTX 275
2009年4月2日 (日本時間) 発表。55nmのGT200b(GT206)チップを採用し、一部機能を制限した製品である。スペック的にはSP数が240、メモリインタフェース448bitとなり、GTX 295のワンチップ版と言える性能である。消費電力が最大219Wと、GTX 275の上位にあたるGTX 285より高く、GTX 285の選別に漏れたチップをGTX 275に回しているとの推察が出来る。外部電源は6ピン仕様のPCI Express補助電源が二系統となる。この製品はAMDのATI Radeon HD 4890の発表から三時間後に発表され、明確に対抗製品である事を伺わせた。
また、メーカーの独自派生製品であるが、GTX 275とGTS 250(メモリインターフェースを192bitに削減した物)という異なるチップを、PCI Express 2.0対応のブリッジチップ、nForce 200によって動作させて、GTS 250をPhysX演算専用コアとして使うカードも発売されている[5]。外見、構造共にシングルPCB版GeForce GTX 295のリファレンスデザインとよく似ている。

GeForce GTS 200 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce GTS 240 G92b (55nm) 675MHz (1620MHz) 2200MHz (256bit) 112 2-way 10.0 3.3
GeForce GTS 250 G92b (55nm) 738MHz (1836MHz) 2200MHz (256bit) 128 2/3-way 10.0 3.3

2009年3月3日(米国時間)発表。200番台が付番されているが、コア自体はGT200bではなくG92bであり、実質的にGTS 250は9800 GTX+と同じ製品、GTS 240は9800 GTの周波数向上版である。 ただし、値段も大幅に安くなったほか、基板の設計の改良により消費電力が削減されており、その結果GTS 250は補助電源コネクタが6ピン1個になり(9800 GTX+は2個)、基板の長さも短くなった。また、新たに1GB版が登場した。 GTS 240は、OEM向けであり、一般ユーザー向けには市販されていない。

GeForce GT 200 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce 210 GT218 (40nm) 589MHz (1402MHz) 1000MHz (64bit) 16 × × 10.1 3.3
GeForce GT 220 GT216 (40nm) 625MHz (1360MHz) 1380MHz (128bit) 48 × 10.1 3.3
GeForce GT 240 GT215 (40nm) 550MHz (1340MHz) 1800MHz(DDR3)
2000MHz(GDDR3)
3400MHz(GDDR5)(128bit)
96 × 10.1 3.3
GT 210、GT 220
2009年7月9日(日本時間)、NVIDIA公式Webサイトにて発表。発表当初はOEM向けの先行発売品となっていた。GeForce 210とGT 220の特徴はGeForceシリーズ初となる40nmプロセスによる量産品であり、NVIDIAのデスクトップ向けGPUとして初めてDirectX 10.1に対応した製品であるという事である(NVIDIAはノート向けGPU、GeForce GTS/GT/G 2*0 MシリーズにおいてDirectX 10.1に初めて対応している)。立場的にはGeForce 210とGT 220はそれぞれGeForce 9400 GTとGeForce 9500 GTに置き換わるものとなっているが、その中身は新プロセスによって作られた全くの別物である。性能は210がGeForce 9400 GTからメモリバス幅を64bitに削減しPhysXを省略したものであるため置換先より低下し、GT220がGeForce 9500 GTからシェーダプロセッサを16基増やしたものであり置換先よりやや向上している。
GT 240
2009年11月17日(米国時間)発表。NVIDIAのデスクトップ向け製品としては初めてGDDR5に対応している。GT200系コアとして初めてミドルレンジを対応する製品であり、GeForce 9600 GTの後継製品でもあるが、DirectX 10.1に対応、CUDAコア(以前はSPと呼ばれていたもの)が96基、ビデオメモリがGDDR5に対応するなど、性能向上した部分もあるものの、メモリバンドが128bit、ROPユニット数、8基(GeForce 9600 GTではそれぞれ256bit、16基)と性能の落ちた部分があり、実際に性能もそれほど向上していない。

GeForce 300 Series[編集]

GeForce 300 Series(ジーフォース・300・シリーズ)は、OEM専用の製品群で、従来製品のリネーム品であることが多い。

GeForce 320Mは、Appleだけで使われているCore 2 Duo向けグラフィックス統合チップ。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI CUDA DirectX OpenGL
GeForce 320M GT216 (40nm) - 1066MHz(DDR3)(128bit) 48 × × 3.3
GeForce GT 330M GT215 (40nm) 1265MHz 1066MHz(DDR3)(128bit) 48 × 10.1 3.3

GeForce 400 Series[編集]

GeForce 400 Series(ジーフォース・400・シリーズ)は、2010年3月27日に発表された、GeForceシリーズの第11世代製品群である。 NVIDIAのグラフィックスチップとしては初めてDirectX11に対応し、また、GPGPUへの最適化が進められた製品である。開発コードはGF100(GT300という開発コードで呼ばれていた時期もあった)。これはGeForce/Fermi第1世代の意味であるという。その構造は、CUDAコアを32基、超越関数ユニット(SFU)やキャッシュ、テクスチャユニット(TeX)を4基、頂点処理エンジン(PolyMorph Engine、いわゆるテッセレーター)が1基で、Streaming Multi-Processor(SM)という最小構成単位を形作り、SMが4基集まってGraphics Processing Cluster(GPC)というミニGPUを構成している。 GF100は4基のGPCでクラスタ化された構造を持ち、クアッドコア的な構成となっている。この為、FermiアーキテクチャはSLIとの親和性が非常に高い特徴を持つ。

GeForce GT 400 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce GT 420 GF108 (40nm) 675MHz(1350MHz) 1800MHz (128bit) 48 × 11 4.3
GeForce GT 430 GF108 (40nm) 700MHz(1400MHz) 1800MHz (128bit) 96 × 11 4.3
GeForce GT 440 GF108 (40nm) 810MHz(1620MHz) 3200/1800MHz (128bit) 96 × 11 4.3
GT 420
2010年9月3日(日本時間)Webサイトにて発表。Fermiアーキテクチャの下位モデル、GF108を採用した製品。現在はOEMでの出荷のみを予定している。メモリはDDR3の2GB、消費電力は50W。
GT 430
2010年10月11日(日本時間)発表。GT 420と同じく、Fermiアーキテクチャの下位モデル、GF108を採用した製品。表に載っていないスペックとして、テクスチャユニットは16基、ROPユニットが4基となっている。メモリはDDR3の1GBかGDDR5の2GB(NVIDIAのWebサイトの記述で確認できるが、現在の所対応した製品は発表されていない)、消費電力は49W。
GT 440
2011年2月1日(米国時間)発表。GT430のオーバークロック版。GDDR5に対応。消費電力は65W。OEM版のGT 440もあるが、スペックは全く異なっている

GeForce GTS 400 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce GTS 450 GF106 (40nm) 783MHz(1566MHz) 3608MHz (128bit) 192 2-way 11 4.3
GTS 450
2010年9月13日(日本時間)Webサイトにて発表。Fermiアーキテクチャのバリューモデルである、GF106を採用した製品。GF106はGF104のちょうど半分のスペックのコアである。なお、テクスチャユニットが32基、ROPユニットが16となっている(このスペックがGF106のフルスペックか否かは食い違う情報が存在する為に不明)。メモリはGDDR5の1GB、消費電力は106Wで、6ピン補助電源が一系統となり、リファレンスモデルで6ピン補助電源が一つで良い、(市場流通している)製品はGeForce400シリーズで初。OEM版も存在するがスペックは異なる(CUDAコアなどが削減されている)。
なおMicrosoft Expression Encoder 4 でのCUDAによるGPUエンコーディングを使用する際には、通常のPCを使用した1ストリームのMP4エンコードの場合で1GBのメモリーと128以上のCUDAコアを持つGPUが推奨となっており、現在の製品ラインアップではGTS450/GTX550以上が推奨スペックとなる[6]

GeForce GTX 400 Series[編集]

Point of View GeForce GTX 480
製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA DirectX OpenGL
GeForce GTX 460 SE GF104 (40nm) 650MHz(1300MHz) 3400MHz (256bit) 288 2-way 11 4.3
GeForce GTX 460(768MB) GF104 (40nm) 675MHz(1350MHz) 3600MHz (192bit) 336 2-way 11 4.3
GeForce GTX 460(1GB) GF104 (40nm) 675MHz(1350MHz) 3600MHz (256bit) 336 2-way 11 4.3
GeForce GTX 465 GF100 (40nm) 607MHz(1215MHz) 3206MHz (256bit) 352 2/3-way 11 4.3
GeForce GTX 470 GF100 (40nm) 607MHz(1215MHz) 3348MHz (320bit) 448 2/3-way 11.1 4.3
GeForce GTX 480 GF100 (40nm) 700MHz(1401MHz) 3696MHz (384bit) 480 2/3-way 11.1 4.3
GTX 460 SE
2010年11月15日(米国時間)発表。他のCUDAコアをGTX 460(1GB,768MB)から48基無効化(SMの一つを無効化)しており、テクスチャユニットも48基に削減されている。その一方でメモリ幅とROPユニットはフルスペックである256bitと32基搭載されている。消費電力は160Wとされ、GTX 460(1GB)と同じく6ピン補助電源二系統を必要とする。GTX 460の名を持つ一方で異なるスペックの製品はこのGTX 460 SEで三種類目であり、命名規則上は上位でありながら性能で劣る(または同程度)GTX 465と共に少々分かり難い商品展開となっている。
GTX 460(768MB)、GTX 460(1GB)
2010年7月12日(日本時間)NVIDIAウェブサイトにて発表と同時に販売開始。FermiアーキテクチャであるGF100の派生コア、GF104を初めて採用した製品。
GF100とGF104の相違点は以下のとおりである。
  • 一つのSM当たりのCUDAコア数が32基から48基に増加
  • GPC数が4基から2基に半減
  • ROPパーティション(ROPユニットが8基まとまったもの)が6基から4基に削減
  • メモリ幅が384bitから256bitに削減
つまり、GF104のフルスペックはCUDAコアが384基、テクスチャユニットが56基、ROPユニットが32、メモリ幅が256bitである。しかし、GTX 460は768MB版と1GB版の二種類存在するものの、それぞれがGF100採用製品と同じ様に歩留まり向上の為にCUDAコア数が336基に削減され、768MB版はメモリ周りもメモリコントローラとROPパーテーションが1基ずつ(つまりはメモリ幅64bit分、ROPユニット数で8基)削減されている。
この仕様変更により、GF100に比べて、DirectX9、10世代のアプリケーションでのパフォーマンスが向上している。
768MB版ではGTX 465に匹敵、1GB版ではGTX 465を上回る性能となっている。
どちらのモデルも6ピン補助電源が二系統必要であるが、消費電力はGTX 465に比べて大きく削減され、768MBで150W、1GBで160Wとされている(リファレンスデザインではどちらも6ピン補助電源二系統だが、メーカーオリジナルデザインであれば768版は6ピン補助電源一系統も存在する[7])。カードサイズも短小化され、取り回しが容易になっている。
GTX 465
2010年5月31日(台湾時間)、COMPUTEX TAIPEI 2010開幕前日に開催した報道関係者向け説明会にて発表。FermiアーキテクチャであるGF100を採用した製品。歩留まり向上の為に一部のCUDAコア等が無効化された、GTX 470、GTX 480からさらに機能削減された製品。表に乗っていない部分での機能削減として、テクスチャユニット、ROPユニットがGTX 470からさらに削減されて、それぞれ44基、32基となっている。メモリ容量もメモリ幅の削減関係上、最大1GB(1024MB)となっている。これらの機能削減から、GTX 470との性能差は大きい。補助電源はGTX 470と同じ6ピン補助電源が二系統となっている。消費電力は200Wとされているが、GTX 470と比べると消費電力は大きく低下している。
GTX 470、GTX 480
2010年3月27日(米国時間)、発表。NVIDIAのGPUとして初めてDirectX 11に対応した。なお、GF100のフルスペックなCUDAコアは512SPであり、GTX 470、GTX 480の両方で歩留まり向上の為に一部のCUDAコアが無効化されている。表に載っていないがテクスチャユニットとROPユニットについてもGTX 470とGTX 480は差異があり、GTX470がそれぞれ56基、40基、GTX480がそれぞれ60基、48基となっている。メモリ容量はメモリ幅の関係から、GTX 480で最大1536MB、GTX 470で1280MBになっている。本来はこの世代で倍精度演算が大幅に強化される予定であったが、予定の1/4の性能にとどまっている(ただしこれでも前世代のGeforceを多少上回っている)。今後発売予定のTeslaでは計画通りの性能を発揮できるようになる予定である。
前世代のハイエンドであるGT200系のチップに比べ、ピクセルシェーダ―機能の性能向上は押さえられ、頂点シェーダ―機能が大幅に強化された(GeForce GTX 280はGeForce FX 5800に比べ、ピクセルシェーダ―の性能は150倍になった一方で、頂点シェーダーの性能は3倍にも達していなかった)。これは、GF100がDirectX11の新機能であるテッセレーションに最適化されている為である。
また、GeForce FXシリーズの教訓から、GeForce 6シリーズより続いた、ハイエンドは枯れたプロセスで生産する原則を破り、TSMCの最新プロセスである40nmプロセスを採用している。GTX 480は非常に発熱が激しく、基板に吸気口を持ち、ヒートパイプを利用した特徴的なGPUクーラーを採用している。GTX 480が6ピン補助電源と8ピン補助電源の二系統、GTX 470は6ピン補助電源が二系統必要となる。消費電力の公称値はGTX 470は215W、GTX 480は250W[8]となっているが、GTX 480のフルロード時に消費電力が300W近くになるという動画やレビューが日本国外で掲載されている[脚注 5](なお、電源供給は6ピン補助電源と8ピン補助電源の二系統と、PCI-Expressスロットからの給電で合計300Wになるので、電力不足になる事はない)。

GeForce 500 Series[編集]

GeForce 500 Series(ジーフォース・500・シリーズ)は、2010年11月9日に発表された、GeForceシリーズの第12世代製品群である。 GeForce 400シリーズから世代が変わったような命名であるが、コアのアーキテクチャはほぼ同一である。

GeForce 500 / GT 500 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL 備考
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅)
GeForce 510 GF119(40nm) 523MHz
(1046MHz)
48 8 4 Up to 898 MHz
(64bit)
× × × 25W 11 4.3
GeForce GT 520 (OEM) GF119(40nm) 810MHz
(1620MHz)
48 8 4 Up to 898 MHz
(64bit)
× × × 29W 11 4.3
GeForce GT 520 GF119 (40nm) 810MHz
(1620MHz)
48 8 4 1800MHz
(64bit)
× × 29W 11 4.3
GeForce GT 530 GF118 (40nm) 700MHz
(1400MHz)
96 16 4 2666MHz
(128bit)
× × 50W 11 4.3
GeForce GT 545 GF116 (40nm) 720MHz
(1440MHz)
870MHz
(1740MHz)
144 24 24

16
DDR3 Up to 900 MHz
(192bit)
GDDR5 1998MHz
(128bit)
× 70W

105W
11 4.3
GT 520
2011年4月12日(米国時間)発表。GeForce 500シリーズのローエンドモデル。公称消費電力は29W。
GT 530、GT 545
2011年5月19日(米国時間)発表。OEM向けの製品のラインナップ拡充の製品であり、一般販売はされない。OEM向けの製品ではしばしば発生する事であるが、GT 545の命名規則を持つ製品には最初から仕様が二種類存在する。それはGDDR5採用版とDDR3採用版であり、メモリ容量がGDDR5採用版で1GB、DDR3採用版で1.5GBか3GBとなり、メモリ容量のみで見るとDDR3採用版が高くなっているが、それ以外の仕様、メモリバス幅やクロック数等はGDDR5採用版の方が勝っており、性能としてはGDDR5採用版が高くなる。なお、GT 530ではDDR3が採用され、メモリ容量は1GBか2GBとなる。テクスチャーユニットについてはGT 530が16基、GT 545が24基となっている(両仕様で同一)。消費電力については公表されていない。

GeForce GTX 500 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅)
GeForce GTX 550 Ti GF116 (40nm) 900MHz
(1800MHz)
192 32 24 GDDR5 2050MHz
(192bit)
2-way 116W
(6pin)
11 4.3
GeForce GTX 555 GF114 (40nm) 776MHz
(1553MHz)
288 48 24 GDDR5 914MHz
(192bit)
2-way 150W
(6pin x 2)
11 4.3
GeForce GTX 560 GF114 (40nm) 810~950MHz
(1620~1900MHz)
336 56 32 GDDR5 2002~2200MHz
(256bit)
2-way 150W
(6pin x 2)
11 4.3
GeForce GTX 560 Ti GF114 (40nm) 822MHz
(1644MHz)
384 64 32 GDDR5 2004MHz
(256bit)
2-way
Surround
170W
(6pin x 2)
11 4.3
GeForce GTX 560 (OEM) GF100(40nm) 552MHz
(1104MHz)
384 48 40 GDDR5 1603MHz
(320bit)
2-way 150W
(6pin)
11 4.3
GeForce GTX 560 Ti (OEM) GF100(40nm) 732MHz
(1464MHz)
352 44 40 GDDR5 1900MHz
(320bit)
2-way
Surround
210W 11 4.3
GeForce GTX 560 Ti
448 Cores Limited Edition
GF110 (40nm) 732MHz
(1464MHz)
448 56 40 GDDR5 1900MHz
(320bit)
2-way
Surround
210W
(6pin x 2)
11.1 4.3
GeForce GTX 570 GF110 (40nm) 732MHz
(1464MHz)
480 60 40 GDDR5 1900MHz
(320bit)
3-way
Surround
219W
(6pin x 2)
11.1 4.3
GeForce GTX 580 GF110 (40nm) 772MHz
(1544MHz)
512 64 48 GDDR5 2004MHz
(384bit)
3-way
Surround
224W
(6pin,8pin)
11.1 4.3
GeForce GTX 590 GF110 (40nm)
x 2 チップ
607MHz
(1215MHz)
512 x 2 64 x 2 48 x 2 GDDR5 1707MHz
(384bit x 2)
Quad
Surround
365W
(8pin x 2)
11.1 4.3
GTX 550 Ti
2011年3月15日(日本時間)発表。GeForce GTX 550 Tiに搭載されているGF116チップはGeForce GTS 450に搭載されているG106チップを改良したモデルである。GTX 560 Tiと同様にTi が名称につけられている。GTS 450との比較でコアクロックは783MHz→900MHz、シェーダクロックは1566MHz→1800MHz、メモリクロック(メモリインターフェース)は3608MHz(128bit)から4104MHz(192bit)になっているが、最大消費電力は106Wから116Wと微量増加している。なお、GeforceGTS450の改良版であるGeForceGTX 550 Tiにハイエンド向けの命名規則、GTXがつけられているが、これは2010年第4四半期以降命名規則基準が変更された為である。[3]性能的にはGTS 450からは順当に上昇しているものの、GTX 460(768MB)に及ばず、GTX 460 SE程度の性能となっている。
GTX 555
2012年1月19日(日本時間)発表。Alienware社のBTOPCである「Alienware X51」のBTOオプションの一つとして採用されている、OEM専用品。GTX 555と550番台でありながらGF114コアを採用している。ROP数は非公開だが、テクスチャユニットは48基であり、GTX 560からあらゆる面でデチューンされている。その一方で最大消費電力はGTX 560と同じ150Wとされ、補助電源も6ピン補助電源二つを必要としている(ただし、「Alienware X51」のBTOオプションとして採用されたものはクロック数が若干落とされ、補助電源が一系統になっている)。
GTX 560
2011年5月17日(日本時間)発表。GeForce GTX 460の後継製品であり、GF114版のGTX 460と言える仕様の製品である。GTX 560 Tiとの違いはCUDAコアやテクスチャーユニットがGTX 460と同数(それぞれ336基、56基)まで削減されている他、製品の周波数がリファレンスデザインで定められていない点にある。リファレンスデザインで定められているのは、150Wまでという製品の消費電力の制限のみであり、発表では想定される製品の周波数を大まかに示すだけであった。なお、一番低い周波数がリファレンスクロックという訳ではなくNVIDIAは「GTX 560のリファレンスデザインはないため、リファレンスクロックも設定していない」[4]という公式見解を出している。この為、周波数ではGTX 560 Tiを超える製品も存在し、3D性能が同程度に高められている。なお、補助電源は6ピン補助電源が二系統必要となる。
GTX 560 Ti
2011年1月25日(日本時間)発表。使用されているコア、GF114はGeForce GTX 460で使用されているGF104に、GF100からGF110で施されたものと同じ改良が加えられたものである。また、GeForce 400シリーズでモデルナンバーが3桁しか無い為に分かりにくくなった命名規則の反省からか、GeForce 4 Tiシリーズ以来となるTi の命名規則が復活した。スペック的にはGeForce GTX 460系に比べ、コアクロックやメモリクロックが上昇している他に、CUDAコアが336基から384基(SM換算では7基から8基)に、テクスチャユニット数が56基から64基に(ROP数は1GB版と同じ32基)なっている。これは、GF104やGF114のフルスペックであり、GeForce GTX 580とGTX 480の関係に非常に近い。また、性能的にも上昇し、GeForce GTX 460系を完全に上回り、GTX 470と同程度になっている。消費電力は170Wで、6ピン補助電源が二系統必要となっている。
GTX 570
2010年12月7日(米国時間)発表。先立って発表、発売された、GTX 580の下位モデル。GTX 580から、メモリバス幅、SM、ROPユニット等が削減されている。その為、スペック上では一つ前のモデルのGTX 480、GTX 470と似通ったものになっている。具体的には、一つのSMが無効化された為にCUDAコアが480基、テクスチャユニット数が60基(共にGTX 480と等しい)、メモリバス幅が320bit、ROPユニット数が40基(共にGTX 470と等しい)となっている。また、コアクロックとメモリクロックはGTX 480より高く、GTX 580よりは低い。これらの機能削減と、GF110で施された改良から、消費電力が219W(GTX 480は250W[8]、GTX470は215W)となり、それに伴い補助電源も6ピン補助電源が二系統となった。GPUクーラーはGTX 580で採用されたものと同じく、ベイパーチャンバーが採用されている。カードサイズはGTX 580と等しい。性能も、GTX 470を完全に上回り、GTX 480と同程度の性能となっている。
GTX 580
2010年11月9日(日本時間)23時発表。この製品のコア、GF110は、アーキテクチャ的にはGF100に若干の機能を追加した以外はほぼ同一でGTX 480のフルスペック版と言えるが、歩留まりの向上や消費電力の改善などの物理設計が大きく見直された可能性がある[9]。GTX 480で無効化されていたCUDAコア、テクスチャユニットが全て有効化され(ROPユニットに関してはGTX480もフルスペックの48基であった)、それぞれ512基、64基となっている。消費電力はGTX 480と同程度に抑えられ(公称244W)、スペックが上回るのにもかかわらず、補助電源が6ピン補助電源と8ピン補助電源の二系統と、GTX 480と同じになっている。また、GPUクーラーに関してもベイパーチャンバーを採用するなどしてGTX 480から大幅に改善され(特徴的なヒートシンクや基板の吸気口も姿を消している)、冷却力と静音性が向上した。性能に関してもGTX 480から十数%向上している。
GTX 590
2011年3月24日(日本時間)22時発表。GeForce GTX 295以来であり、Fermi世代初のデュアルGPUカードである。使用しているコアはGTX 580と同じくGF110のフルスペック版となる(ROPユニットやテクスチャユニット等に関してもGTX 580と同じくフルスペック)。公称消費電力は365Wで、8ピン補助電源が二系統必要となる。これにより合計375Wの電力をカードに供給する事が可能であるが、PCI-SIGの規定は6ピン補助電源と8ピン補助電源を一系統ずつの合計二系統(供給電力はPCI-Eスロットからのものと合わせて300W)までと定められており、このリファレンスデザインを超えるものである(メーカー独自デザインのものであれば既に規定を超えるものは発売されていた)。しかし、動作クロックはGTX 580と比べて大きく引き下げられている。これは、公称消費電力が244WであるGTX 580(と同じGF110コアのフルスペック版)をGTX 590として一つのカードに搭載する為だが、既に本来のPCI-SIG規定を超えている為に、この制限は他社製品であるRadeon HD 6990(GeForce GTX 590発売時点でのデュアルGPUカードの最上位製品であり、補助電源は8ピンx2)を意識したものであると推察できる。性能的にはGTX 570のSLIと同程度になっているが、消費電力まで実測では公称219WのGTX 570のSLI(単純計算として合計438W)と同程度になっている。GPUクーラーはコンパクトでありながら静音性と冷却力に優れている。

GeForce 600 Series[編集]

GeForce 600 Series(ジーフォース・600・シリーズ)は、2012年3月22日に発表された、GeForceシリーズの第13世代製品群である。 GeForce500 Seriesからアーキテクチャの大幅な刷新をおこなった。開発コードネームをKeplerと呼ぶ。NVIDIAはKeplerアーキテクチャをCUDAの転換点と位置付けておりパフォーマンス/電力に重きを置いた設計をおこなっている。シャープの4K解像度ディスプレイPN-K321において3860x2160ドットの60Hzの映像伝送は、ドライバソフトの仕様制約により、AMD系GPU(RADEON HD7000系、Fire Pro)の方は動作できているが、NVIDIA系GPUはMosaic機能を有するQuadro K5000でしか現状は利用ができない。NVIDIA GeForce GTX600系は60Hzの映像伝送ができない。(2012年12月時点)。[10]

なおGK104チップは汎用コンピューティング(GPGPU)向けの機能は切り捨てておりGPGPUとしての性能は低い。そのためGPGPUを用いる分野にはGK110チップが対応する。

GeForce 600 / GT 600 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅) 帯域
GeForce 605 (OEM) GF119 (40nm) 523MHz
(1046MHz)
48 8 4 Up to 898MHz
(DDR3 64bit)
14.4GB/sec - × × 25W 11 4.3
GeForce GT 610 GF119 (40nm) 810MHz
(900MHz)
48 8 4 1800MHz
(DDR3 64bit)
14.4GB/sec - × 29W 11 4.3
GeForce GT 620 (OEM) GF119 (40nm) 810MHz
(1620MHz)
48 8 4 Up to 898MHz
(DDR3 64bit)
14.4GB/sec - × × 30W 11 4.3
GeForce GT 620 GF108 (40nm) 700MHz
(1400MHz)
96 16 4 1800MHz
(DDR3 64bit)
14.4GB/sec - × 49W 11 4.3
GeForce GT 630
(GeForce GT 440)
GF108 (40nm) 810MHz
(1620MHz)
96 16 4 1800MHz
(DDR3 128bit)
3200MHz
(GDDR5 128bit)
28.8GB/sec

51.2GB/sec
- × 65W 11 4.3
GeForce GT 630(Kepler) GK208 (28nm) 902MHz
(902MHz)
384 32 8 1800MHz
(DDR3 64bit)
14.4GB/sec - 25W 11.1 4.3
GeForce GT 630 (OEM) GK107 (28nm) 875MHz
(875MHz)
192 16 16 891MHz
(DDR3 128bit)
28.5GB/sec - × 50W 11.1 4.3
GeForce GT 640 (Kepler) GK208 (28nm) 900MHz
(900MHz)
1046MHz
(1046MHz)
384 28.8 8 1800MHz
(DDR3 128bit)
5000MHz
(GDDR5 64bit)
28.5GB/sec
40GB/sec
- 65W
48W
11.1 4.3
GeForce GT 640 (OEM)
192bit
GF116 (40nm) 720MHz
(1440MHz)
144 24 24 891MHz
(DDR3 192bit)
43GB/sec 2-way 75W 11 4.3
GeForce GT 640 (OEM)
128bit
GK107 (28nm) 797MHz
(797MHz)
950MHz
(950MHz)
384 32 16 891MHz
(DDR3 128bit)
2500MHz
(GDDR5 128bit)
28.5GB/sec

80GB/sec
- 50W

75W
11.1 4.3
GeForce GT 645
(GeForce GTX 555)
GF114 (40nm) 776 MHz
(1552 MHz)
288 48 24 1914MHz
(GDDR5 192bit)
91.9GB/sec 2-way 140W 11 4.3

GeForce GTX 600 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック [GPU Boost]
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅) 帯域
GeForce GTX 650 GK107 (28nm) 1058MHz
(1058MHz)
384 32 16 GDDR5 2500MHz
(128bit)
80.0GB/s - 64W
(6pin x 1)
11.1 4.3
GeForce GTX 650 Ti GK106 (28nm) 925MHz
(925MHz)
768 64 16 GDDR5 2700MHz
(128bit)
86.4GB/s - 110W
(6pin x 1)
11.1 4.3
GeForce GTX 650 Ti BOOST GK106 (28nm) 980MHz [1033MHz]
(980MHz~1033MHz)
768 64 24 GDDR5 3004MHz
(192bit)
144.2GB/s 2-way
Surround
134W
(6pin x 1)
11.1 4.3
GeForce GTX 660 GK106 (28nm) 980MHz [1033MHz]
(980MHz~1033MHz)
960 80 24 GDDR5 3004MHz
(192bit)
144.2GB/s 2-way
Surround
140W
(6pin x 1)
11.1 4.3
GeForce GTX 660 Ti GK104 (28nm) 915MHz [980MHz]
(915MHz~980MHz)
1344 112 24 GDDR5 3004MHz
(192bit)
144.2GB/s 2-way
Surround
150W
(6pin x 2)
11.1 4.3
GeForce GTX 670 GK104 (28nm) 915MHz [980MHz]
(915MHz~980MHz)
1344 112 32 GDDR5 3004MHz
(256bit)
192.2GB/s 3-way
Surround
170W
(6pin x 2)
11.1 4.3
GeForce GTX 680 GK104 (28nm) 1006MHz [1058MHz]
(1006~1058MHz)
1536 128 32 GDDR5 3004MHz
(256bit)
192.2GB/s 3-way
Surround
195W
(6pin x 2)
11.1 4.3
GeForce GTX 690 GK104 (28nm)
× 2 チップ
915MHz [1019MHz]
(915~1019MHz)
1536 x 2 128 x 2 32 x 2 GDDR5 3004MHz
(256bit x 2)
384GB/sec 2-way
Surround
300W
(8pin x 2)
11.1 4.3
GTX 660
2012年9月13日発表。GK106チップを採用している。メモリクロックはGTX 660Tiと同じだが、CUDAコア数が1344基から960基に、テクスチャユニットが112基から80に削減され、GPCが4基から3基に削減されている。その一方でコアクロックは915MHzから980MHZとGTX 660Tiより65MHz増加している。公称のTDPは140Wとされ、GTX 660Tiから10W程低下しており、また、補助電源が6ピン1系統となっている。
GTX 660Ti
2012年8月16日発表。Kepler初のミドルクラスモデルで、上位モデルであるGTX 670、GTX 680と同じGK104チップを採用している。コアクロックやメモリクロックは上位モデルであるGTX 670と全く同じだが、メモリ周りのスペックはGTX 670の約8割程度に抑えられており、公称のTDPは150Wとされ、GTX 670から20W程低下している。
GTX 670
2012年5月10日発表。現状のシングルチップ最上位であるGTX 680と同じGK104チップを採用したモデル。GTX 680との差異は、四基あるGPCの内一つで片方のSMXが無効化されている事である。これによってCUDAコア数がフルスペックの1536基から1344基に。テクスチャユニットが128基から112基に削減され、クロックもGTX 680の約9割程度に抑えられている。その一方でメモリ周りはGTX 680と全く同じであり、公称のTDPは170Wとされ、GTX 680から25W程低下している。リファレンスデザインでは、基板から大きくはみ出したGPUクーラーが特徴的である。基板のみであれば170mm程度のサイズにもかかわらず、クーラーが70mmも基板よりも大きい。その為に補助電源コネクタがカードの中央付近にあり、少々奇異に感じるかもしれない。性能的にはGTX 580を上回り、GTX 680の9割程度となっている。
GTX 680
2012年3月22日発表。NVIDIA初の28nmプロセスルールで製造された製品である。この製品のコアGK104はGeForece 500 Seriesから大幅にアーキテクチャを刷新しており、CUDAコアはFermiより3倍増しとなっている。
従来のGeForceの核となっていたSM(Streaming Multiprocessor)を見直しSM一つに含まれるCUDAコアの数量が大幅に増加した。更にSMの名称をSMX(Streaming Multiprocessor eXtreme)へと変更している。
Fermiプロッセッサに比べパイプラインの段数が大幅に減少しており、プロッセッサ内でハードウェア処理されていたスケジューリングの大半がソフトウェア処理に回った。
パイプラインが浅くなったことによりラッチ回路が減少し消費電力を大幅に押し下げる結果となった。トランジスタ数がFermiに比べ18%のみの増加でありながら、CUDAコアがFermiの3倍存在するのはパイプラインが大幅に減少したためと思われる。その他の仕様として、テクスチャユニットは128基、ROP数は32基となり、テクスチャユニットはGTX 580から倍増しているもののROPは若干減少している。28nmプロセスルールの製造した恩恵によりGTX 580からトランジスタ数が増加した一方でダイサイズが半分近くまで大幅に縮小し、GTX 560(GF114)以下のサイズになっている。上記の設計変更と併せてGTX 580と比べて消費電力が大幅に低減した一方でメモリインターフェースが384bitから256bitに削減されている。しかし転送レートが4GT/sから6GT/sに高速化された為、メモリ帯域は192.26GB/sとGTX580の192.4GB/sからあまり変わっていない。またGK104チップはIntel Turbo Boost Technologyと非常に近い機能を有するGPUBoostが搭載されている。
GPUの消費電力が想定より低かった場合、想定電力に達するまでGPUコアクロックとGPUコア電圧を引き上げる機能である。
公称消費電力は195Wで、リファレンスデザインでは補助電源は6ピンが2系統となる。
TXAAといわれる新しいアンチエイリアシング手法をハードウェアでサポートすることによって、GPUへの負荷を減らしながら従来よりも高品質なAA処理が可能となっており、GTX580を3枚使用したデモをGTX680 1枚で行うことを可能にしている。また1枚で画面を4出力することができ、3D Vision Surroundに対応しているのでトリプルヘッドのためにSLIを組む必要はない。
NVIDIA AdaptiveV-Syncによって、画面のティアリングとフレームレートのカクツキを最小限に抑えることができる。
Intel X79 ExpressプラットフォームがPCIe Gen3に対応しておらず動作確認が完全にとれるまで無効としていると説明していたが、2012年6月現在、NVIDIAはX79プラットフォームの各社マザーボードでのマザーボード-CPU間の通信タイミングに開きが見られるため
X79プラットフォームでのPCIe Gen3対応は見送られた。なお公式ではサポートを行わない条件においてX79でのPCIe Gen3を有効化する無保証パッチを配布している。
GTX680はPCIe Gen3に対応しているので、今後PCIe Gen3に完全対応しているチップセットではPCIe Gen3が有効化される予定。
GTX 690
2012年4月29日発表。GTX680に搭載されているGK104チップを二基搭載した製品である。本製品はコアの動作クロックをGTX680に比べて落としているものの、CUDAコア数やメモリ周りの仕様はGTX 680と変わらない。GPUクーラーのファンカバーはマグネシウム合金、それ以外のクーラーカバーはクロムメッキ処理が施されたアルミ素材を採用し、それぞれのGPUにはベイパーチャンバー式ヒートシンクが搭載されている。なお中央のファンは3000rpmで回転している。冷却性能の向上に注力しているが、GTX680二枚をSLIで動作させるよりも騒音が小さい。
電源は10フェーズで基板は10層となっている。起動中は側面のGTX690のロゴが緑色に光る。消費電力は300W。リファレンスデザインでは補助電源は8ピンが2系統必要となる。インターフェイスはPCIe Gen3、ディスプレイインターフェイスはDual-Link DVI×3、Mini DisplayPort 1.2。カード長は279mmとなり、GTX 580から1mmだけ伸びている。
なお、前世代までのデュアルチップカードでは、ブリッジチップとしてnForce 200が採用されていたが、PCIe Gen3に対応する為かブリッジチップにはLX Technology製のPEX 8747が採用されている。

GeForce 700 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック [GPU Boost]
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅) 帯域
GeForce GTX 750 GM107 (28nm) 1020MHz [1085MHz]
(1020MHz~1085MHz)
512 32 16 GDDR5 5000MHz
(128bit)
80.0GB/s
55W
11.2 4.4
GeForce GTX 750 Ti GM107 (28nm) 1020MHz [1085MHz]
(1020MHz~1085MHz)
640 40 16 GDDR5 5400MHz
(128bit)
86.4GB/s
60W
11.2 4.4
GeForce GTX 760 GK104 (28nm) 980MHz [1033MHz]
(980MHz~1033MHz)
1152 96 32 GDDR5 6008MHz
(256bit)
192.2GB/s 3-way
170W
(6pin × 2)
11.1 4.4
GeForce GTX 770 GK104 (28nm) 1046MHz [1085MHz]
(1046MHz~1085MHz)
1536 128 32 GDDR5 7010MHz
(256bit)
224.3GB/s 3-way
230W
(6pin,8pin)
11.1 4.4
GeForce GTX 780 GK110 (28nm) 863MHz [900MHz]
(863MHz~900MHz)
2304 192 48 GDDR5 6008MHz
(384bit)
288.4GB/s 3-way 250W
(6pin,8pin)
11.2 4.4
GeForce GTX 780 Ti GK110 (28nm) 875MHz [928MHz]
(875MHz~928MHz)
2880 240 48 GDDR5 7000MHz
(384bit)
336.0GB/s 4-way 250W
(6pin,8pin)
11.2 4.4
GeForce GTX 780 Ti
Special Black Edition
GK110 (28nm) 1000MHz [1033MHz]
(1000MHz~1033MHz)
2880 240 48 GDDR5 7000MHz
(384bit)
336.0GB/s Unknown Unknown Unknown Unlimited 11.2 4.4
GTX750、GTX750Ti
2014年2月18日発表。NVIDAの新アーキテクチャの「Maxwell」を初採用したミドルレンジ向け製品。アーキテクチャを刷新により電力効率が向上しており、補助電源が不要。
MaxwellはSMXを32基のCUDAコアで構成した4つのブロックにわけ、それぞれにコントロールロジックを配置し、タスクのスケジューリングを行うように変更された。これによりコアの使用率が向上しKeplerと比較して、コア当たりのパフォーマンスが35%向上、電力効率も2倍になった。
GeForce GTX 750 Tiの仕様は、CUDAコア数640基、ベースクロックが1,020MHz、ブーストクロックが1,085MHz、メモリが128bit接続のGDDR5 1GBあるいは2GB、メモリクロックは5.4Gbps。TDPは60W、PCとの接続バスインタフェースはPCI Express 3.0。映像出力コネクタはDL-DVI×2、miniHDMI×1、DisplayPort×1。
GeForce GTX 750は、CUDAコア数512基、テクスチャユニットが32基に削減され、メモリ容量が1GB、TDP55Wとなっている他は750Tiに準ずる。
GTX760
2013年6月25日発表。GeForce GTX 660 Tiの後継と位置付けられる製品。コアはGK104を採用している。GeForce GTX 660 Tiと比べ、SMX 1基分のCUDAコアやテクスチャユニットが削減されているが、GPUクロックとメモリ帯域幅が向上している。
GTX 770
2013年5月30日発表。GeForce GTX 780の下位に位置付けられるモデルだが、GPUコアはGTX 680と同じGK104コアを採用する。若干コアクロックが上がったことを除いては、CUDAコア数や、テクスチャユニット数、ROP数などはGTX 680と変わっていないが、メモリクロックが初めて7GHzに達した。また、メモリ容量は最大4GBまで正式サポートする。メモリクロックが上がっているため、メモリバンド幅は224.3GB/secとなる。
GTX 780
2013年5月23日発表。2月に発表された最上位GPU「GeForce GTX TITAN」と同じGK110コアを採用する。TITANとの違いはCUDAコア数2,304基へ削減、コアクロックは863MHz、ブーストクロックは876MHzから900MHzに引き上げられている。また、テクスチャユニット数は192基に削減されるが、ROP数は同じ48基を搭載する。メモリはGDDR5で容量は3,072MB。インターフェイスとクロックは変わらない。
トランジスタ数は71億で変わっていないことから、ダイはTITANと同じで、SMXを2基分無効にしているものと思われる。なおTITANにあった、倍精度浮動小数点数演算プロセッサのフルスピードモード化機能はGTX780では利用できない。
TDPは250Wで、電源コネクタは8ピン+6ピン。リファレンスのカード厚は2スロットで、ディスプレイインターフェイスはデュアルリンクDVI×2、HDMI出力、DisplayPort。
GTX 780 Ti
2013年11月7日発表。780/TITAN同様GK110コアを使用するが、GPUコアの全てのブロックが有効化され、CUDAコア数2880、テクスチャユニット数240となる。メモリインターフェースは384bitであるが、7,000MHz駆動のGDDR5を搭載し、バンド幅は336GB/sとなる。コアクロックは875MHz、Boostクロック928MHz、搭載メモリ3GB。全体的な性能はTITANを上回るが、倍精度浮動小数点プロセッサのフルスピード化機能はGTX780同様利用できず、倍精度浮動小数点計算を多用するソフトウェアではTITANを下回る場合もある。
TDPは250Wで、電源コネクタは8ピン+6ピン。リファレンスのカード厚は2スロットで、ディスプレイインターフェイスはデュアルリンクDVI×2、HDMI出力、DisplayPort。
GTX 780 Ti Special Black Edition

GeForce TITAN Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック [GPU Boost]
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅) 帯域
GeForce GTX TITAN GK110 (28nm) 836MHz [876MHz]
(836MHz~876MHz)
2688 224 48 GDDR5 6008MHz
(384bit)
288.4GB/s 3-way 250W
(6pin,8pin)
11.2 4.3
GeForce GTX TITAN Black GK110 (28nm) 889MHz [980MHz]
(889MHz~980MHz)
2880 240 48 GDDR5 7000MHz
(384bit)
336.0GB/s 3-way 250W
(6pin,8pin)
11.2 4.3
GeForce GTX TITAN Z GK110 (28nm)×2チップ 705MHz [876MHz]
(705MHz~876MHz)
2880x2 240x2 48x2 GDDR5 7000MHz
(768bit)
672.0GB/s 375W
(8pin x 2)
11.2 4.4
GTX TITAN
2013年2月19日発表。先に「Tesla K20X」として投入されていたGK110コアを採用する初のコンシューマ向けGPU。製品名については、Tesla K20Xを採用し、TOP500で現在世界最速を誇る米オークリッジ国立研究所スーパーコンピューターTitan」に由来している。
仕様は、CUDAコア数が2,688基、コアクロックが836MHz、Boostクロックが876MHz、テクスチャユニット数が224基、ROP数が48基、L2キャッシュサイズが1,536KB。メモリは6,008MHz駆動のGDDR5を6,144MB搭載。メモリインターフェイスは384bit。
コアクロックは836MHzとGTX680に比べて下がっているが、SP数は75%増え、テクスチャフィルレートは45%向上。メモリクロックは変わっていないが、インターフェイスが256bitから384bitになったことで、バンド幅は50%高い288.4GB/secとなっている。これらにより、ピーク演算性能は4.5TFLOPS(GTX 680は3.09TFLOPS)に達する。なお、このCUDAコアは単精度で、192基をひとまとめにした1SMXの中には、64基の倍精度ユニットも搭載されている。これは、GTX 680の8倍の数だが、GTX TITANの倍精度ユニットは、通常コアクロックの8分の1の速度で動作している。ただし、NVIDIA Control Panelの設定を変更することで、コアと同クロックで動作させられるようになっており、このときの倍精度ピーク演算性能は1.3TFLOPS。プロセスルールは28nmで、トランジスタ数は71億。消費電力は最大250W。電源は8ピン+6ピン。SLIは3Wayまで対応する。
GTX TITAN Black
2014年2月18日発表。コアがフルスペック版のGK110となり、2,880基のCUDAコアを全て有効にしながら、倍精度浮動小数点演算ユニットの動作クロックを引き上げられる機能を備える。
浮動小数点数演算性能は単精度が5.1TFLOPS、倍精度が1.3TFLOPS。またコアのベースクロックは889MHz、ブーストクロックは980MHzとなり、動作クロックとメモリークロックも向上されている。その他6GBのGDDR5メモリー、バス幅やTDP等はTITANに準ずる。
GTX TITAN Z
2014年3月25日発表。

GeForce GTX 900 Series[編集]

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック [GPU Boost]
(CUDAコアクロック)
コア数 メモリ SLI PhysX 3D Vision 最大消費電力
(補助電源)
DirectX OpenGL
CUDA テクスチャ ROP クロック(バス幅) 実効クロック 帯域 実効帯域
GeForce GTX 970 GM204-200 (28nm) 1050MHz [1178MHz]
(1050MHz~1178MHz)
1664 104 64 GDDR5 7000MHz
(256bit)
9333MHz相当 224.0GB/s 298.7GB/s相当 3-way 145W
(6pin×2)
12.0 4.4
GeForce GTX 980 GM204-400 (28nm) 1126MHz [1216MHz]
(1126MHz~1216MHz)
2048 128 64 GDDR5 7000MHz
(256bit)
9333MHz相当 224.0GB/s 298.7GB/s相当 4-way 165W
(6pin×2)
12.0 4.4
GTX 970、GTX980
2014年9月19日発表。Maxwellアーキテクチャの第2世代GM204を採用するハイエンド製品。既存のKeplerアーキテクチャ採用GPUと同じく28nmプロセスで製造されたGPUコアだが、電力効率に優れたMaxwellアーキテクチャの採用により、1.4倍のCUDAコア性能と2倍の電力性能比を実現している。KeplerアーキテクチャのGTX 780/770との比較では、GTX 980が250W→165W、GTX 970が230W→145Wと大幅に減少し、必要な外部電源端子も6ピン+8ピンから6ピン×2へ緩和されている。このため、Kepler世代のGPUとは、CUDAコアの数だけで性能の優劣を判断することはできない。
第2世代Maxwellでは、新たなメモリ圧縮技術を採用しメモリの利用効率が高まった。GTX 980/970では7.0GbpsのDRAMを採用するが、メモリ圧縮技術により9.2Gbps相当のパフォーマンスを発揮できるほか、より処理が軽いアンチエイリアス技術「MFAA」(Multi-Frame sample Anti-Aliasing)や、細い植物の描写など細やかな表現が可能な「DSR」(Dynamic Super Resolution)といった技術に対応する。
GTX 980は、CUDAコア数2,048、テクスチャユニット数128、ROPユニット数64、対応メモリがGDDR5 4GB(256bit)、GPUクロックがベース1,126MHz、ブースト時1,216MHz、メモリクロックが7GHz。GTX 970では、CUDAコア数1,664、テクスチャユニット数104に削減され、GPUクロックがベース1,050MHz、ブースト時1,178MHzに低減されている。

ノートPC向け[編集]

GeForce 2 Go Series[編集]

GeForce 2 Go Series(ジーフォース・ツー・ゴー・シリーズ)は、GeForceシリーズの初代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce 2 Go NV11 (180nm) 166MHz 143MHz (128bit) 64MB 1 0 × 2W 7
GeForce 2 Go 200 NV11 (180nm) 166MHz 286MHz (64bit) 32MB 1 0 × 2W 7
GeForce 2 Go 100 NV11 (180nm) 166MHz 286MHz (32bit) 16MB 1 0 × 2W 7

GeForce 3 Go Series[編集]

GeForce 3 Go Series(ジーフォース・スリー・ゴー・シリーズ)は、GeForceシリーズの第二世代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce 3 Go NV11 (180nm) 250MHz -MHz (128bit) 64MB 1 0 × 2W 7

GeForce 4 Go Series[編集]

GeForce 4 Go Series(ジーフォース・フォー・ゴー・シリーズ)は、GeForceシリーズの第三世代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce 4 488 Go NV17M (150nm) 275MHz 550MHz (32bit) 64MB 2 0 × -W 7
GeForce 4 460 Go NV17M (150nm) 250MHz 500MHz (32bit) 64MB 2 0 × -W 7
GeForce 4 440 Go NV17M (150nm) 220MHz 440MHz (32bit) 64MB 2 0 × -W 7
GeForce 4 420 Go NV17M (150nm) 190MHz 400MHz (32bit) 64MB 2 0 × -W 7

GeForce FX Go Series[編集]

GeForce FX Go Series(ジーフォース・エフエックス・ゴー・シリーズ)は、GeForceシリーズの第四世代ノート向け製品群である。DirectX 9に対応。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック(シェーダクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce FX Go 5700 NV36M (130nm) 450MHz 550MHz (128bit) 64MB 4 1 × -W 9
GeForce FX Go 5600/5650 NV31M (150nm/130nm) 350MHz 600MHz (128bit) 64MB 4 1 × 18W 9
GeForce FX Go 5200 NV31M (150nm) 300MHz(300MHz) 600MHz (128bit) 32MB 4 1 × 9W 9

GeForce Go 6 Series[編集]

GeForce Go 6 Series(ジーフォース・ゴー・シックス・シリーズ)は、GeForceシリーズの第五世代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック(シェーダクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce Go 6800 Ultra NV41M (110nm) 450MHz(450MHz) 1200MHz (256bit) 256MB 12 5 66W 9.0c
GeForce Go 6800 NV42M (110nm) 300MHz(300MHz) 600MHz (256bit) 256MB 12 5 27W 9.0c
GeForce Go 6600 NV44MV (110nm) 350MHz(350MHz) 600MHz (128bit) 256MB 8 4 18W 9.0c
GeForce Go 6400 NV44M1 (110nm) 400MHz(400MHz) 700MHz (64bit) 32MB 4 3 -W 9.0c
GeForce Go 6250 NV44MV (110nm) 400MHz(400MHz) 700MHz (64bit) 32MB 4 3 10W 9.0c
GeForce Go 6200 NV44MV (110nm) 300MHz(300MHz) 600MHz (64bit) 32MB 4 3 9W 9.0c
GeForce Go 6150 C51MV (110nm) 350MHz(350MHz) 0MHz (0bit) 0MB(TC) 2 1 -W 9.0c
GeForce Go 6100 C51MV (110nm) 425MHz(425MHz) 0MHz (0bit) 0MB(TC) 2 1 -W 9.0c

GeForce Go 7 Series[編集]

GeForce Go 7 Series(ジーフォース・ゴー・セブン・シリーズ)は、GeForceシリーズの第六世代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック(シェーダクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) メモリ容量 PP数 VS数 SLI 消費電力 DirectX
GeForce Go 7950 GTX G71M (90nm) 575MHz(575MHz) 1400MHz (256bit) 512MB 24 8 45W 9.0c
GeForce Go 7900 GTX G71M (90nm) 500MHz(500MHz) 1200MHz (256bit) 512MB 24 8 45W 9.0c
GeForce Go 7900 GS G71M (90nm) 375MHz(375MHz) 1000MHz (256bit) 512MB 20 7 20W 9.0c
GeForce Go 7800 GTX G70M (110nm) 440MHz(440MHz) 1100MHz (256bit) 512MB 24 8 65W 9.0c
GeForce Go 7800 G70M (110nm) 400MHz(400MHz) 1100MHz (128bit) 256MB 16 6 -W 9.0c
GeForce Go 7700 G73M-B1 (80nm) 450MHz(450MHz) 1000MHz (128bit) 512MB 12 5 -W 9.0c
GeForce Go 7600 GT G73M (90nm) 500MHz(500MHz) 1200MHz (128bit) 256MB 12 5 -W 9.0c
GeForce Go 7600 G73M (90nm) 450MHz(450MHz) 700MHz (128bit) 256MB 8 5 -W 9.0c
GeForce Go 7400 G72M (90nm) 450MHz(450MHz) 900MHz (64bit) 64MB 4 3 -W 9.0c
GeForce Go 7300 G72M (90nm) 350MHz(350MHz) 700MHz (64bit) 64MB 4 3 -W 9.0c
GeForce Go 7200 G72M (90nm) 450MHz(450MHz) 700MHz (32bit)/0MHz(0bit) 64MB/0MB(TC) 4 3 -W 9.0c

GeForce 8 M Series[編集]

GeForce 8 M Series(ジーフォース・エイト・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第七世代ノート向け製品群である。名称がそれまでのGeForce GoからGeForce Mに変更された。DirectX 10に対応。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce 8800M GTX G92M (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (256bit) 96 65W 10.0
GeForce 8800M GTS G92M (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (256bit) 64 50W 10.0
GeForce 8700M GT G84M (80nm) 625MHz (1250MHz) 1600MHz (128bit) 32 29W 10.0
GeForce 8600M GT G84M (80nm) 450MHz (900MHz) 1200MHz (128bit) 32 22W 10.0
GeForce 8600M GS G84M (80nm) 600MHz (1200MHz) 1400MHz (128bit) 16 20W 10.0
GeForce 8400M GT G86M (80nm) 450MHz (900MHz) 1200MHz (128bit) 16 × 14W 10.0
GeForce 8400M GS G86M (80nm) 400MHz (800MHz) 1200MHz (64bit) 16 × 11W 10.0
GeForce 8400M G G86M (80nm) 400MHz (800MHz) 1200MHz (64bit) 8 × 10W 10.0
GeForce 8200M G MCP77MV MCP79MVL (80nm) 400MHz (800MHz) 0MHz (0bit) 8 × × × -W 10.0

GeForce 9 M Series[編集]

GeForce 9 M Series(ジーフォース・ナイン・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第八世代ノート向け製品群である。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (SPクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) SP数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce 9800M GTX NB9E-GTX (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (256bit) 112 75W 10.0
GeForce 9800M GTS NB9E-GT (55/65nm) 600MHz (1500MHz) 1600MHz (256bit) 64 75W 10.0
GeForce 9800M GT NB9E-GT2 (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (256bit) 96 65W 10.0
GeForce 9800M GS NB9E-GS1 (55nm) 530MHz (1325MHz) 1600MHz (256bit) 64 60W 10.0
GeForce 9700M GTS NB9E-GS (65nm) 530MHz (1325MHz) 1600MHz (256bit) 48 60W 10.0
GeForce 9700M GT NB9E-GE (65nm) 625MHz (1550MHz) 1600MHz (128bit) 32 45W 10.0
GeForce 9650M GT NB9P-GT (55nm) 550MHz (1325MHz) 1600MHz (128bit) 32 23W 10.0
GeForce 9600M GT NB9P-GS (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (128bit) 32 23W 10.0
GeForce 9600M GS NB9P-GE (65nm) 430MHz (1075MHz) 1600MHz (128bit) 32 -W 10.0
GeForce 9500M GS NB9P-GE1 (80nm) 475MHz (1200MHz) 1400MHz (128bit) 32 -W 10.0
GeForce 9500M G NB9P (65nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (128bit) 16 -W 10.0
GeForce 9400M G MCP79MX (65nm) 450MHz (1100MHz) 0MHz (0bit) 16 12W 10.0
GeForce 9300M G NB9M-GS (80nm) 400MHz (800MHz) 1200MHz (64bit) 16 × -W 10.0
GeForce 9300M GS NB9M-GS1 (65nm) 550MHz (1400MHz) 1400MHz (64bit) 8 13W 10.0
GeForce 9200M G NB9M-GE (65nm) 550MHz (1300MHz) 1400MHz (64bit) 8 × 13W 10.0
GeForce 9100M G MCP77MH MCP79MH (65nm) 450MHz (1100MHz) 0MHz (0bit) 8 × -W 10.0

GeForce 100 M Series[編集]

GeForce 100 M Series(ジーフォース・100・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第九世代ノート向け製品群である。100Mシリーズはミドルレンジからローエンドをカバーするネームブランドであった。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce GTS 160M N10E-GS1(55nm) 600MHz (1500MHz) 800MHz (256bit) 64 -W 10.0
GeForce GTS 150M N10E-GE1(55nm) 400MHz (1000MHz) 800MHz (256bit) 64 -W 10.0
GeForce GT 130M N10P-GE1(55nm) 600MHz (1400MHz) 1066MHz (128bit) 32 23W 10.0
GeForce G 110M N10M-GS1(55nm) 400MHz (1000MHz) 700MHz (64bit) 16 × 14W 10.0
GeForce G 105M N10M-GE1(55nm) 640MHz (1600MHz) 700MHz (64bit) 8 × 14W 10.0
GeForce G 102M MCP75(65nm) 450MHz (1100MHz) 0MHz (0bit) 16 × 14W 10.0

GeForce 200 M Series[編集]

GeForce 200 M Series(ジーフォース・200・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第九世代ノート向け製品群である。200Mシリーズは主にハイエンドからミドルレンジをカバーするネームブランドであった。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce GTX 285M N10E-GTX1(55nm) 576MHz (1500MHz) 2040MHz (256bit) 128 -W 10.0
GeForce GTX 280M N10E-GTX1(55nm) 585MHz (1463MHz) 1900MHz (256bit) 128 -W 10.0
GeForce GTX 260M N10E-GT(55nm) 550MHz (1500MHz) 1900MHz (256bit) 112 75W 10.0
GeForce GTS 260M N10E-GS(40nm) 550MHz (1375MHz) 1800MHz (128bit) 96 38W 10.0
GeForce GTS 250M N10E-GS(40nm) 500MHz (1250MHz) 1600MHz (128bit) 96 28W 10.0
GeForce GT 240M N10P-GS(40nm) 550MHz (1210MHz) 800MHz (128bit) 48 23W 10.0
GeForce GT 230M N10P-GS(40nm) 500MHz (1100MHz) 800MHz (128bit) 48 23W 10.0
GeForce G 210M N10M-GS(40nm) 625MHz (1500MHz) 800MHz (64bit) 16 × 14W 10.0

GeForce 300 M Series[編集]

GeForce 300 M Series(ジーフォース・300・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十世代ノート向け製品群である。DirectX 10.1に対応。

製品名 コア名 (プロセス) CUDAコアクロック メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 演算能力 DirectX
GeForce GTS 360M N11E-GS1(40nm) 1249MHz 2000MHz (256bit) 96 2-way 360GFlops 10.1
GeForce GTS 350M N11E-GE1(40nm) 1249MHz 2000MHz (256bit) 96 2-way 360GFlops 10.1
GeForce GT 335M N11P-GS1(40nm) 1080MHz 1066MHz (128bit) 72 × 233GFlops 10.1
GeForce GT 330M N11P-GE1(40nm) 1265MHz 1066MHz (128bit) 48 × 182GFlops 10.1
GeForce GT 325M N11P-GV1(40nm) 990MHz 1066MHz (128bit) 48 × 142GFlops 10.1
GeForce 310M N11M-GE1(40nm) 1530MHz 800MHz (64bit) 16 × × 73GFlops 10.1
GeForce 305M N11M-LP1(40nm) 1150MHz 700MHz (64bit) 16 × × 55GFlops 10.1

GeForce 400 M Series[編集]

GeForce 400 M Series(ジーフォース・400・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十一世代ノート向け製品群である。DirectX 11に対応する(470M以下のTDPは非公開)。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック (CUDAコアクロック) メモリクロック[脚注 1] (バス幅) CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce GTX 485M N12E-GTX(40nm) 575MHz (1150MHz) 3000MHz (256bit) 384 70W 11.0
GeForce GTX 480M N11E-GTX(40nm) 425MHz (850MHz) 2400MHz (256bit) 352 100W 11.0
GeForce GTX 470M N11E-GTS(40nm) 533MHz (1070MHz) 2500MHz (192bit) 288 -W 11.0
GeForce GTX 460M N11E-GS(40nm) 675MHz (1350MHz) 2500MHz (192bit) 192 -W 11.0
GeForce GT 445M N11E-GE(40nm) 590MHz (1180MHz) 2500/1600MHz (192/128bit) 144 × -W 11.0
GeForce GT 435M N11P-GT(40nm) 650MHz (1300MHz) 1600MHz (128bit) 96 × -W 11.0
GeForce GT 425M N11P-GS(40nm) 560MHz (1120MHz) 1600MHz (128bit) 96 × -W 11.0
GeForce GT 420M N11P-GE(40nm) 500MHz (1000MHz) 1600MHz (128bit) 96 × × -W 11.0
GeForce GT 415M N11P-GV(40nm) 500MHz (1000MHz) 1600MHz (128bit) 48 × × -W 11.0

GeForce 500 M Series[編集]

GeForce 500 M Series(ジーフォース・500・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十二世代ノート向け製品群である。DirectX 11に対応する。

製品名 コア名 (プロセス) コアクロック(CUDAコアクロック) メモリクロック(バス幅) メモリ帯域 CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 消費電力 DirectX
GeForce GTX 580M N12E-GTX2(40nm) 620MHz (1240MHz) 1500MHz (GDDR5 256bit) 96.0GB/s 384 100W 11.0
GeForce GTX 570M N12E-GT(40nm) 575MHz (1150MHz) 1150MHz (GDDR5 192bit) 72.0GB/s 336 -W 11.0
GeForce GTX 560M N12E-GS(40nm) 775MHz (1550MHz) 1250MHz (GDDR5 MAX192bit) MAX60.0GB/s 192 50W 11.0
GeForce GT 555M N12E-GE-B(40nm) MAX753MHz (MAX1506MHz) 785-900 MHz(DDR3/GDDR5 128/192bit) MAX50.2GB/s MAX144 -W 11.0
GeForce GT 550M N12P-GT(40nm) 740MHz (1480MHz) 900MHz(DDR3/GDDR5 128bit) 28.8GB/s 96 -W 11.0
GeForce GT 540M N12P-GS(40nm) 672MHz (1344MHz) 900MHz(DDR3/GDDR5 128bit) 28.8GB/s 96 35W 11.0
GeForce GT 525M N12P-GE(40nm) 600MHz (1200MHz) 900MHz(DDR3/GDDR5 128bit) 28.8GB/s 96 25W 11.0
GeForce GT 520MX N12P-GVR(40nm) 900MHz (1800MHz) 900MHz(DDR3 64bit) 14.4GB/s 48 -W 11.0
GeForce GT 520M N12P-GP/LV(40nm) 600/740MHz (1200/1480MHz) 800/900MHz(DDR3/GDDR5 64/128bit) 12.8GB/s 48 17W 11.0

GeForce 600 M Series[編集]

GeForce 600 M Series(ジーフォース・600・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十三世代ノート向け製品群である。DirectX 11に対応する。 一世代前(Fermi)のアーキテクチャが混在している為必ずしも全てのアーキテクチャが次世代(Kepler)ではない。

製品名 [アーキテクチャ]
コア名(プロセス)
コアクロック
(CUDAコアクロック)
メモリクロック(バス幅) メモリ帯域 CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 3D Vision 消費電力 DirectX 備考
GeForce GTX 680MX [Kepler](28nm) 720MHz (720MHz) 2500MHz (GDDR5 256bit) -GB/s 1536 2-way 122W 11.0 PCI-E 3.0
GeForce GTX 680M [Kepler]N13E-GTX(28nm) 720MHz (720MHz) 1800MHz (GDDR5 256bit) 115.2GB/s 1344 2-way 100W 11.0 PCI-E 3.0
GeForce GTX 675MX [Kepler](28nm) 600MHz (600MHz) 1800MHz (GDDR5 256bit) 115.2GB/s 960 2-way -W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GTX 675M [Fermi]N13E-GS1(40nm) 620MHz (1240MHz) 1500MHz (GDDR5 256bit) 96.0GB/s 384 2-way 100W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GTX 670MX [Kepler](28nm) 600MHz (600MHz) 1400MHz (GDDR5 192bit) 67.2GB/s 960 2-way -W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GTX 670M [Fermi]N13E-GS1-LP
(40nm)
598MHz (1196MHz) 1500MHz (GDDR5 192bit) 72.0GB/s 336 2-way -W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GTX 660M [Kepler]N13E-GE(28nm) 835MHz (835MHz) 2000MHz (GDDR5 128bit) 64.0GB/s 384 2-way -W 11.1 PCI-E 3.0
GeForce GT 650M [Kepler]N13E-GE(28nm) MAX900MHz (900MHz) N/A (DDR3/GDDR5 128bit) MAX80.0GB/s 384 - -W 11.1 PCI-E 2.0
PCI-E 3.0
GeForce GT 645M [Kepler]N13P-GS(28nm) MAX710MHz (710MHz) N/A (DDR3/GDDR5 128bit) 64.0GB/s 384 - -W 11.1 PCI-E 3.0
GeForce GT 640M [Kepler]N13P-GS(28nm) 625MHz (625MHz) N/A (DDR3/GDDR5 128bit) 64.0GB/s 384 - -W 11.1 PCI-E 3.0
GeForce GT 640M LE [Kepler]N13P-LP(28nm) 500MHz (500MHz) N/A (DDR3/GDDR5 128bit) 28.8GB/s 384 - -W 11.1 PCI-E 3.0
GeForce GT 635M [Fermi]N13E-GE2(40nm) MAX753MHz (1506MHz)
MAX675MHz (1350MHz)
N/A (DDR3/GDDR5 192bit) MAX43.2GB/s MAX144 - -W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GT 630M [Fermi]N13P-GL(40nm)
N13P-GL2(28nm)
672MHz (1344MHz)
800MHz (800MHz)
N/A (DDR3/GDDR5 128bit) 32.0GB/s 96 - 35W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GT 625M [Fermi]N13M-GS(28nm) MAX625MHz (625MHz) 1500MHz (DDR3 64bit) 14.4GB/s 96 - - 15W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce GT 620M [Fermi]N13P-GLP(40nm)
N13M-GS(28nm)
625MHz (1250MHz) 1500MHz (DDR3 128bit) 28.8GB/s 96 - - -W 11.0 PCI-E 2.0
GeForce 610M [Fermi]N13M-GE(40nm) 900MHz (N/A) N/A (DDR3 64bit) 14.4GB/s 48 - - - -W 11.0

GeForce 700 M Series[編集]

GeForce 700 M Series(ジーフォース・700・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十三世代ノート向け製品群である。DirectX 11.1に対応する。全てKeplerアーキテクチャとなった。

製品名 [アーキテクチャ]
コア名(プロセス)
コアクロック
(CUDAコアクロック)
メモリクロック(バス幅) メモリ帯域 CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 3D Vision 消費電力 DirectX OpenGL 備考
GeForce GTX 780M [Kepler] 823MHz (823MHz) 2500MHz (GDDR5 256bit) 160.0GB/s 1536 2-way 100W 11.1 4.3
GeForce GTX 770M [Kepler] 811MHz (811MHz) 2000MHz (GDDR5 256bit) 96.0GB/s 960 2-way 75W 11.1 4.3
GeForce GTX 765M [Kepler] 850MHz (850MHz) 2000MHz (GDDR5 256bit) 64.0GB/s 768 2-way 75W 11.1 4.3
GeForce GTX 760M [Kepler] 657MHz (657MHz) 2000MHz (GDDR5 256bit) 64.0GB/s 768 2-way 55W 11.1 4.3

GeForce 800 M Series[編集]

GeForce 800 M Series(ジーフォース・800・エム・シリーズ)は、GeForceシリーズの第十四世代ノート向け製品群である。DirectX 11.2に対応する。三世代のアーキテクチャが混在しており、GTX860Mに至ってはKeplerとMaxwellの2タイプが存在する。

製品名 [アーキテクチャ]
コア名(プロセス)
コアクロック
(CUDAコアクロック)
メモリクロック(バス幅) メモリ帯域 CUDAコア数 SLI PhysX CUDA 3D Vision 消費電力 DirectX OpenGL 備考
GeForce GTX 880M [Kepler] 954MHz (MHz) 2500MHz (GDDR5 256bit) 160.0GB/s 1536 2-way 122W 11.2 4.4
GeForce GTX 870M [Kepler] 941MHz (MHz) 2500MHz (GDDR5 192bit) 120.0GB/s 1344 2-way 100W 11.2 4.4
GeForce GTX 860M [Kepler] 797MHz (MHz) 2500MHz (GDDR5 128bit) 80.0GB/s 1152 2-way 75W 11.2 4.4
GeForce GTX 860M [Maxwell] 1029MHz (MHz) 2500MHz (GDDR5 128bit) 80.0GB/s 640 2-way 75W 11.2 4.4
GeForce GTX 850M [Maxwell] 936MHz (MHz) 2500MHz (DDR3/GDDR5 128bit) 80.0GB/s 640 - -W 11.2 4.4
GeForce 840M [Maxwell] MHz (MHz) MHz (DDR3 bit) GB/s - 11.2 4.4
GeForce 830M [Maxwell] MHz (MHz) MHz (DDR3 bit) GB/s - -W 11.2 4.4
GeForce 820M [Fermi] MHz (MHz) MHz (DDR3 bit) GB/s - -W 11.2 4.4

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au メモリチップの実クロックではなく、SDRAM換算したもの。
  2. ^ nVidia GeForce FX 5800 - nVidia's ThoughtsというタイトルのビデオがYouTubeで閲覧可能。
  3. ^ Подделка GTX680 за 65 долларов(ロシア語)ベースカードにMSI製の9600GTが使われた物の動画
  4. ^ [1]日本国内のネットオークションに出回っているBIOS書き換え品を解説する動画
  5. ^ 一例として次のページが挙げられる。GeForce GTX 480 Tortured by FurMark: 300W and Earplugs Required!

参考文献[編集]

  1. ^ 宮崎真一 (2005年11月2日). “1枚でGeForce 7800 GTのSLIが可能な「製品」にメリットはあるか Extreme N7800GT DUAL/2DHTV/512M”. 4Gamer.net. 2011年3月2日閲覧。
  2. ^ ASUS EN7800GT DUAL/2DHTV/512M” (English). ASUS. 2011年3月2日閲覧。
  3. ^ NVIDIA GeForce 9600 GT”. Nvidia. 2011年3月2日閲覧。
  4. ^ N9600GT-MD512 Classic” (English). MSI. 2011年3月2日閲覧。
  5. ^ EVGA社 GTX 275 CO-OP PhysX グラフィックスカード国内発売開始”. 株式会社シネックス (2010年1月20日). 2011年3月2日閲覧。
  6. ^ GPU Encoding in Expression Encoder 4 Pro SP1”. マイクロソフト. 2011年6月12日閲覧。
  7. ^ 省電力版 6ピン×1を可能にしたFermi GTX460 GREEN EDITIONを発売開始”. GALAXY(企業) (2010年9月6日). 2011年3月2日閲覧。
  8. ^ a b GeForce GTX 480”. Nvidia. 2011年3月2日閲覧。
  9. ^ 後藤弘茂 (2010年11月12日). “NVIDIAのGeForce GTX 580に隠された設計上の秘密”. インプレス. 2011年3月2日閲覧。
  10. ^ IGZOが開けるディスプレイの新たな扉 西川善司が最新4K2Kディスプレイをレポート

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NVIDIA GeForce Family