Intel HD Graphics

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD Graphics 2000 を内蔵する Core i5 プロセッサ

Intel HD Graphics とは、インテルによるプロセッサ内蔵グラフィックコントローラ (GPU) のシリーズ名である。単に HD Graphics と呼ばれることもある。

第4世代 Core プロセッサ(Haswellマイクロアーキテクチャ)では、従来 HD Graphics で統一されていた統合型GPUについて、最上位2モデルに対して「Intel Iris Graphics」「Intel Iris Pro Graphics」のブランドが与えられた[1]。本項では、これらブランドも取り扱う。

概要[編集]

Intel HD Graphics は、同社の Intel Graphics Media Accelerator (Intel GMA) シリーズを置き換えるもので、同社の開発した CPU に統合される形で設計されている。

Intel HD Graphics は、単体のグラフィックカード製品としてではなく、主にコストの削減や消費電力を減らすため、高いグラフィック性能を必要としない安価なコンピュータにおいて、独立したグラフィックカードの代わりに用いられている。

Intel HD Graphics が登場するまで、Intel は内蔵グラフィックスをマザーボード上のノースブリッジに組み込んでいた。これには Intel Extreme Graphics や Intel GMA が含まれる。後の Platform Controller Hub (PCH) の登場により、プラットフォーム刷新の一環としてノースブリッジが除去され、これらのグラフィックスの処理機能は CPU に移された。

世代[編集]

GPUの世代数はIntel HD Graphics以前の世代を含めての数。
FLOPSはFLOPS#Intelに一部記述。
表の情報源:[2][3][4][5][6][7][8][9]

第5世代[編集]

HD Graphics
(CPU:Celeron U3x00/P4xxx, Pentium U5x00/P6x00/G6x00, 第1世代Core i3/i5/i7 xxx)
製造プロセス45nm 2010Q1-2011Q3リリース 初のHD Graphicsであり、GPUをCPUと同じパッケージに内蔵(CPUの製造プロセスのみ32nm[10])。EU数の増加。DirectX 10.1/ OpenGL 2.1、WiDiへの対応。デュアルビデオストリーム、HDビデオに対するシャープネス、xvYCC、Dolby TrueHDDTS-HD Master Audio等への対応[11]。機能を生かすには対応するチップセットを実装したマザーボードとの組み合わせが必要。
#Gen5- Arrandale / Clarkdale の表を閉じる+ Arrandale / Clarkdale の表を開くc(JavaScriptが無効で表の開閉不可)

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics Mobile Celeron U3x00
Pentium U5x00
Arrandale
公式
0046 166 500 12 4.0 10.1 2.1 No 12.8 1.7 CVT No No No
ix-xx0UM Yes Yes
Celeron U3405 17 CVT No
i7-6x0LM 266 566 Yes Yes
Celeron P4x0x
Pentium P6x00
500 667 CVT No
ix-xx0M 766 Yes Yes
Desktop Pentium G69xx Clarkdale
公式
0042 533 No No
i3-5x0
i5-6x0
733 21.3 Yes Yes
i5-661 900

第6世代[編集]

HD Graphics 無印/2000/3000/P3000
(CPU:Celeron xxx/Bxxx/Gxxx, Pentium xxx/Bxxx/Gxxx, 第2世代Core i3/i5/i7 2xxx, Xeon E3 12xx)
製造プロセス32nm 2011Q1-2013Q2リリース GPUがCPUのチップに内蔵され、Last Level Cache (LLC) も共有出来る様になりパフォーマンスが向上。Dynamic Frequency技術による最大周波数の増加。SM 4.1/ OpenGL 3.1(Win) 3.3(Mac, Linux)への対応。総合カラー制御、肌トーン補正等への対応[12]HDMI1.4規格に対応したBlu-ray 3Dをサポート[13]。Quick Sync Video (QSV) に対応し、MPEG2/MPEG4 AVC をハードウェアエンコードで高速化する事が可能 (利用には対応するソフトが必要)。P3000はECCメモリの対応と業務向けアプリケーションの最適化と認定が追加されている[14]。またP3000はC206チップセットと組み合わせることで使用することができる。
#Gen6- Sandy Bridge の表を閉じる+ Sandy Bridge の表を開くc

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics Mobile Celeron 7x7
Celeron 8x7
Pentium 9x7
Sandy Bridge
公式
0102
0106
0112
0116
0122
0126
010A
350 800-
1000
6 4.1 10.1 3.1 win
3.3 mac
3.3 linux
No 21.3 1.7 No No No No
Celeron B7x0
Celeron B8xx
Pentium B9x0
650 950-
1150
Desktop Celeron G4xx
Celeron G5x0T
Pentium G6xxT
1000-
1100
17
Pentium G860T 1100 21.3
Celeron G5xx
Pentium G6xx
850 1000-
1100
17
Pentium G8x0 1100 21.3
HD Graphics 2000 Desktop ix-2xx0S
ix-2xx0T
650 1250 Yes Yes Yes Yes
ix-2xx0 850 1350
Server E3-1260L 650 1250 No
HD Graphics 3000 Mobile ix-2xx7M 350 900-
1200
12 Yes
i7-2xx9M 500 1100
i3-2328M 650
i3-2348M 1150
i5-2435M
i7-2xx0QM
i7-2xx0XM
ix-2xx0M
1300
Desktop ix-2x05
ix-2x00K
850 1350
HD Graphics P3000[14] Server E3-12x5 No

第7世代[編集]

HD Graphics 無印/2500/4000/P4000
(CPU:Celeron 10xx/G16xx, Pentium 2xxx/G2xxx, 第3世代Core i3/i5/i7 3xxx, Xeon E3 12xx V2)
製造プロセス22nm(Tri-gate) 2012Q2-2013Q3リリース DirectX 11.0 [SM 5.0]/ OpenGL 4.0(Win) 4.1(Mac)/ OpenCL 1.2への対応。QSV 2.0への対応、GPUコアの設計面の改善、EU数の増加 (HD Graphics 4000 のみ)、アイドル時動作クロックの低下等が挙げられ[15]、性能向上や省電力化等を図っている。4K出力(2系統のDisplayPort出力とCore i5/i7の必要がある)、4Kのハードウェアデコードへの対応[16]。3画面出力への対応。
#Gen7IvyBridge- Ivy Bridge の表を閉じる+ Ivy Bridge の表を開くc

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics Mobile Celeron 1019Y Ivy Bridge
公式
0162
0166
016A
0152
0156
015A
350 800 6 5.0 11.0 4.0 win
4.1 mac
3.3 linux
1.2 25.6 1.7 No No No No
Pentium 2129Y 850
Celeron 10x7U
Pentium 21x7U
1000-
1100
Celeron 10xxM
Pentium 20x0M
Pentium A1018
650
Desktop Celeron G16x0
Celeron G16x0T
Pentium G20x0
Pentium G20x0T
1050 21.3
Pentium G21x0
Pentium G21x0T
25.6
HD Graphics 2500 Desktop i3-32x0
i3-32x0T
Yes Yes Yes Yes
i5-3xx0
i5-3xx0S
i5-3x70T
1050-
1150
Server E3-1265LV2 1150
HD Graphics 4000 Mobile ix-3xx9Y 350 850 16 Yes
i3-32x7U
i5-33x7U
i5-3427U
i7-3xx7U
1050-
1200
i3-31x0M
i5-32x0M
650 1000-
1100
i5-3437U
i7-36xxQM
1100-
1200
i5-33x0M
i7-35x0M
i7-37x0QM
i7-38x0QM
1200-
1300
i7-39x0XM 1300-
1350
Desktop i3-32x5 1050
i5-3475S 1100
i7-3770
i7-3770S
i7-3770T
ix-3x70K
1150
HD Graphics P4000 Server E3-12x5V2 1250

HD Graphics
(CPU:Atom Z37xx, Celeron N2xxx/J1xxx, Pentium N35xx/J2xxx)
製造プロセス22nm(Tri-gate) 2013Q3-201xリリース GPU部はIvy Bridgeベース[17]。VP8のハードウェアデコードへの対応[18]
#Gen7BayTrail- Bay Trail の表を閉じる+ Bay Trail の表を開くc

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics Tablet Atom Z3735E
Atom Z373xG
Bay Trail-T
公式
311-
313
646 4 5.0 11.0 3.0
[18]
1.2
[18]
5.3
Atom Z3735D
Atom Z373xF
10.6
Atom Z37x0D 688 Yes Yes Yes
Atom Z3745D
Atom Z3775D
792
Atom Z37x0 667 17.1 Yes Yes Yes
Atom Z3745
Atom Z3775
Atom Z3795
778
Atom Z3785 833 21.3
Mobile Celeron N2805 Bay Trail-M
公式
667 4.0 win
3.3 linux
1.2 8.5 No No No Yes
Celeron N2806 756
Celeron N2807 750 10.6 Yes
Celeron N2808 792
Celeron N281x
Celeron N2820
Celeron N2910
756 17.1 No
Celeron N2920 844
Celeron N2830 750 21.3 Yes
Celeron N2840 792
Celeron N2930
Celeron N2940
854
Pentium N3510
Pentium N3520
750-
854
No
Pentium N3530 896 Yes
Pentium N3540
Desktop Celeron J1x00 Bay Trail-D
公式
688 750-
854
Yes Yes
[19]
Celeron J1x50 No
Pentium J2850 854
Pentium J2900 896 Yes

第7.5世代[編集]

HD Graphics 無印/4200/4400/4600/P4600/P4700/5000, Iris Graphics 5100, Iris Pro Graphics 5200/P5200
(CPU:Celeron 29xx/G18xx, Pentium 35xx/G3xxx, 第4世代Core i3/i5/i7 4xxx, Xeon E3 12xx V3)
製造プロセス22nm(Tri-gate) 2013Q2-201xリリース 前世代 Ivy Bridge からの基本性能の向上等を図っている。DirectX 11.1/ OpenGL 4.3(Win)への対応。DisplayPort1.2による3D出力、HDMI1.4による4K(24Hz)出力への対応、QSVとWiDiの強化[20]。CMAA (Conservative Morphological Anti-Aliasing、従来のMSAAよりも性能が向上しているアンチエイリアス)、Adaptive Rendering Control (バッテリーを使って最大パフォーマンスを選択せずにゲームをしている時にシーンに変化が無いなら再レンダリングを控えて消費電力を抑える技術)への対応[21]。Iris Pro Graphics 5200/P5200 (GT3e)ではCPU+GPU全体にL4キャッシュとしてeDRAMをパッケージ上に搭載[22](128MB、片方向51.2GB/s、双方向102.4GB/s[23])により帯域を必要とする処理を高速化。
#Gen7_5- Haswell / Crystal Well の表を閉じる+ Haswell / Crystal Well の表を開くc

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics (GT1) Mobile Celeron 2961Y Haswell
公式
200 850 10 5.0 11.1 4.3 win
4.1 mac
3.3 linux
1.2 25.6 1.7 CVT No [24] No
Pentium 356xY
Celeron 29xxU 1000
Pentium 355xU
Celeron 29x0M 400 1100
Pentium 35x0M
Desktop Celeron G18x0T 200 1050 21.3 No Yes
Pentium G32x0T 1100
Pentium G34x0T 25.6
Celeron G18x0 350 1050 21.3
Pentium G32xx 1100
Pentium G3430
Pentium G3440
Pentium G3450
Pentium G3460
25.6
Pentium G3420 1150
Server E3-1265LV3
E3-1275LV3
1200 Yes Yes
HD Graphics 4200 (GT2) Mobile ix-4xxxY 200 850 20 Yes
HD Graphics 4400 Mobile i3-40x5U 950
i3-4xx0U
i5-4200U
i5-4210U
1000
i5-4300U
i5-4310U
i7-4510U
i7-4x00U
1100
Desktop i3-41x0T 1150
i3-41x0 350
HD Graphics 4600 Mobile i3-4xx0M 400 1100
i5-42x0H
i5-42x0M
i7-47x2HQ
i7-47xxMQ
1150
i7-4700HQ
i7-4710HQ
1200
i5-43x0M 1250
i7-46x0M
i7-48x0MQ
i7-49x0MQ
1300
i7-49x0MX 1350
Desktop i3-43x0T
i5-4570T
200 1150
i5-4460T
i5-44x0
i5-44x0S
350 1100
i3-43x0
i5-4590T
i5-45x0
i5-45x0S
1150
i5-46x0
i5-46x0K
i5-46x0S
i5-46x0T
i7-47x0S
i7-47xx
i7-47xxT
1200
i7-47x0K 1250
HD Graphics P4600[25] Server E3-1225V3
E3-1226V3
E3-1245V3
E3-1246V3
1200
E3-1275V3
E3-1276V3
1250
HD Graphics P4700 E3-1285LV3
E3-1286LV3
E3-1285V3
E3-1286V3
1300
HD Graphics 5000 (GT3) Mobile i5-4250U
i5-4260U
200 1000 40 Yes
i5-4350U
i5-4360U
i7-4x50U
1100
Iris Graphics 5100 i3-4158U
i5-4258U
i5-4278U
i5-4288U
i5-4308U
i7-45x8U
1200
Iris Pro Graphics 5200 (GT3e) Mobile i7-4750HQ
i7-4760HQ
i7-4770HQ
i7-48x0HQ
Crystal Well
i7-49x0HQ 1300
Desktop i5-4570R 1150
i5-4670R
i7-4770R
1300
Iris Pro Graphics P5200 Server E3-1284LV3 750 1000

^ 上へ移動

第8世代[編集]

HD Graphics 5300
(CPU:第5世代Core M 5xxx)
製造プロセス14nm(Tri-gate) 2014Q3-201xリリース DirectX 11.2/ OpenCL 2.0への対応。共有仮想アドレス領域がハードウェアでサポートされ、CPUコアとGPUコアの間のデータ交換が容易になった[26]
#Gen8- Broadwell の表を閉じる+ Broadwell の表を開くe

製品 Market CPU Code name Device ID コアクロック(MHz) EU SM APIサポート メインメモリ 動画機能 WiDi
Base Max DX OGL OCL 帯域 GB/s DVMT (GB) CVT HD 3D QSV
HD Graphics 5300
(GT2[27])
Mobile Core M-5Y10
Core M-5Y10a
Broadwell
公式
100 800 24 11.2 4.3 2.0 25.6 Yes Yes Yes Yes
Core M-5Y70 850

脚注[編集]

  1. ^ 性能は2倍以上:Intel、第4世代Coreの統合グラフィックス上位版を「Iris」と命名 - ITmedia PC USER”. 2013 ITmedia, Inc (2013年5月2日). 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ ARK | インテル 製品の情報源 Intel Corporation
  3. ^ Intel® Processor Graphics | Intel® Developer Zone (各世代のファイル一覧)
  4. ^ (組み合わせによっては非対応OSあり XPは1GB) Windows 2000/XP/Vista/7 のグラフィックス・メモリー FAQ Windows 8/8.1 グラフィックス・メモリー FAQ Intel Corporation
  5. ^ インテル® ダウンロード・センター Intel Corporation
  6. ^ Supported Graphics APIs and Features Intel Corporation
  7. ^ OS X OpenGL Info Apple Inc.
  8. ^ OS X Mavericks での OpenCL および OpenGL のサポート Apple Inc.
  9. ^ Intel Open Source Technology Center
  10. ^ インテル、32ナノプロセス世代“Westmere”CPUを“正式に”発表 - ITmedia PC USER
  11. ^ 4Gamer.net - Intel,グラフィックス機能を統合した新型CPU「Core i7/i5/i3」正式発表
  12. ^ 4Gamer.net - Intel,「Sandy Bridge」こと第2世代Core iプロセッサを正式発表
  13. ^ 基礎解説:最新Intelプロセッサ「第2世代Core iシリーズ」は何が変わった? - @IT
  14. ^ a b Intel HD Graphics P3000 Intel Corporation 2013年12月19日閲覧
  15. ^ 本間文 (2012年4月27日). “第3世代Core iのアレコレをギリギリまで:大解説! Ivy Bridgeの新技術と対応インタフェースの謎 (1/3) - ITmedia PC USER”. ITmedia, Inc. 2013年6月4日閲覧。
  16. ^ 4Gamer.net - 機能追加に大量のバグ修正&ゲーム動作確認がなされた「Intel HD Graphics」用ドライバ「15.28.7.2867」が登場。Windows 8&7向け
  17. ^ インテルが全力でインサイドしてきたIDF2013総ざらい:IDF2013 週アスPLUS
  18. ^ a b c Introducing 4th Generation Intel® Atom™ Processor, BayTrail, to Android Developers.pdf Intel Corporation
  19. ^ Release Notes DRIVER VERSION:15.33.22.64.3621 Intel Corporation (リリースノート掲載日2014年6月2日)
  20. ^ ENHANCED BUILT-IN VISUALS ON THE 4TH GENERATION INTEL® CORE™ PROCESSOR FAMILY Intel Corporation
  21. ^ ReleaseNotes_GFX_15_36_3907.pdf Intel Corporation (リリースノート掲載日2014年9月5日)
  22. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】正体が見えてきたHaswellのeDRAMソリューション impress
  23. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Haswellの高性能グラフィックスのカギ「Intel内製eDRAM」の詳細 - PC Watch impress
  24. ^ Yes Celeron 2961Y/2957U/2981U/2970M, Pentium 3561Y/3558U/3560M
  25. ^ Intel HD Graphics P4600 Intel Corporation 2013年12月18日閲覧
  26. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】Intelがデスクトップ/eDRAM版を含めた「Broadwell」ファミリを説明 - PC Watch impress
  27. ^ Intel® Core™ M Processor Product Brief Intel Corporation

関連項目[編集]

外部リンク[編集]