IntelDX2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Intel i486DX2-66マイクロプロセッサ、正面から
同裏側。金色のピンが並ぶ。

IntelDX2(インテルディーエックスツー)は、インテル1992年に発売したx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ。略称はDX2。

80486DXの内部クロックを2倍にして性能向上したもので、当初の名称は「80486DX2」だったが[1]、後に80486DXがi486DXに改名された際に同時に「i486DX2」に改名された。

更に1994年に、内部クロックを3倍にした「IntelDX4」(略称DX4)が発売され、同時に「i486DX2」は更に「IntelDX2」に改名された。

クロックダブリング[編集]

DX2の基本技術は486DXと同一だが、これに新たにダブルクロック(クロックダブリング)と呼ばれる技術を追加した。この技術はCPU全体のクロック周波数フロントサイドバスの2倍に引き上げるもので、同じバス周波数のi486DXベースのCPUよりも高速である。DX2はクロックダブリングをした最初のマイクロプロセッサである。

たとえばDX2-50は、バス周波数25MHz、クロック周波数50MHzなので、DX-25と互換性があり、DX-50と同じ(DX-25の2倍の)処理能力を持つ。したがって、CPUがDX-25のシステムのCPUだけをDX2-50に変更すれば、設計・仕様をほとんど変えずにパフォーマンスを向上させられる。DX2-50のシステムのパフォーマンスはDX-25とDX-50の間であり、ボトルネックがCPU外にあればDX-25に近づき、CPU内にあればDX-50に近づく。

同様のCPU変更は、完成・販売したシステムに対しても可能である。このための交換用CPUがオーバードライブプロセッサ (ODP) である。486SXや486DX用に、内部がDX2のODPが販売された。

ラインナップ[編集]

  • i486DX2
    • i486DX2-50:フロントサイドバスが25MHz、クロック周波数が50MHz
    • i486DX2-66:フロントサイドバスが33MHz、クロック周波数が66MHz
  • i486DX4
    • i486DX4-75:フロントサイドバスが25MHz、クロック周波数が75MHz
    • i486DX4-100:フロントサイドバスが33MHz、クロック周波数が99MHz
  • IBM (インテルからのライセンス供与によりIBMが製造)
    • IBM486DLC2-33/66:フロントサイドバスが33MHz、クロック周波数が66MHz
    • IBM486DLC3-33/99:フロントサイドバスが33MHz、クロック周波数が99MHz

影響[編集]

1993年には次世代のPentiumが発表されたが、DX2やDX4は従来の安価で普及済の486系のマザーボードも使用でき、モデルによっては当初のPentiumを上回る性能を実現したため、当時のVESA ローカルバス対応のビデオカードと同時に広く普及した。特に日本ではPC/AT互換機の普及時期とも重なった。

またインテルはIntel 80386からはセカンドソースを原則廃止したが、資本参加を受けていたIBMには例外的にIntel486までの製造ライセンス提供を継続した。IBMは当時はPowerPC推進もありPentium採用は遅らせ、x86市場ではIBM486DLC2やIBM486DLC3などの通称Blue Lightningシリーズも投入した。

またAMDは40MHzのフロントサイドバスで80MHzで駆動するDX2チップを開発した。

これ以後のCPUでは、フロントサイドバス周期につき複数のCPUクロックを実行するものが一般的となった。

脚注[編集]

  1. ^ 「The Intel microprocessors: 8086/8088, 80186/80188, 80286, 80386, 80486, Pentium, Pentium Pro processor, Pentium II, Pentium III, and Pentium 4 : architecture, programming, and interfacing」(Pearson/Prentice Hall, 2006, p900)[1]
486DX2