IBM 386SLC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM 386SLCインテルがライセンスした386SXの派生であり、1991年IBMによって開発・製造された。省電力管理の能力と、8KBの内蔵キャッシュを備えることにより、より高価である同じクロックの 386DX プロセッサと同じぐらいの性能で動作した。IBMの中では、SLC"Super Little Chip" のイニシャルとして知られ、IBM PS/2 35, 40 56シリーズと IBM PS/ValuePointで使用されたが、あまり大きなシェアを得ることはなかった。 IBM 386SLC は 8086を装備した PS/2 25シリーズの アップクレードオプションとしても出荷された。

設計と技術[編集]

IBM 386SLCは、CMOS技術で構成され、161 mm² のダイを使用していた。IBM 386SLCは16, 20, 25MHzのクロックスピードで利用できた。25MHzのモデルはわずか2.5ワットの消費電力であり、ラップトップや他の携帯機器での使用に適していた。

IBM 486SLC[編集]

IBM 486SLCはIBM 386SLCの改良版であり、インテルのコアに基づいている。IBM 486SLCは134.9万トランジスタ、69 mm² のダイ、16KBの L1キャッシュを持つ。100ピンのPQFPパッケージ、33MHzのFSBであり、1992年に製造された。

後に外部の2倍のクロックで動作するIBM 486SLC2も登場し、動作クロックも50MHzや66MHzに向上した。

Blue Lightning[編集]

1993年7月に、IBMは完全な32ビットの、486BL/4 75MHz、486BLX2、486BLX3 (BL - Blue Lightning) を製造した。これらは、0.8μmのCMOSプロセスであり、140万トランジスタを 82mm² のダイに収めた、改良型のSLCバージョンであった。132ピンのQFPパッケージであり、IBMだけによって販売された。

関連項目[編集]

参照[編集]