IBM PS/2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM PS/2(IBM Personal System/2、IBMピーエスツー)は、IBMPC/ATの後継として、1987年に発売したパーソナルコンピュータのシリーズである。

上位モデルでは、CPUi386、拡張バスにMicro Channel Architecture(MCA)、グラフィックにVGAを採用した。当時としては先進的なビジネス用PCであり、IBMとマイクロソフトの共同開発OSであるOS/2も同時期に発表された。

コンパックなどによるPC/AT互換機が台頭し始めていたPC業界に対し、大胆で野心的な仕様変更を伴うモデルチェンジは、IBMの主導権回復を意図したものであった。しかし、MCAはサードパーティに忌避され、OS/2の動作スペックとも関連するがローエンドモデルに286機を残すことを意図した設計は、互換機メーカーによる32ビット機の優越を目立たせ、むしろIBMの失地を深める結果に終わった。

概要[編集]

一部の下位モデル(25、30など)を除き、以下のハードウェア仕様を採用した。MCAやABIOSを除き、今日のPC/AT互換機に繋がる仕様は、ここで確立された。

  • システムバスとして、拡張ボードのリソース自動設定や高度なバス調停機能を持つ高速なMicro Channel Architecture(MCA)
  • BIOSとして、ABIOSを搭載
  • ビデオサブシステム(グラフィック規格)として、Video Graphics Array(VGA)を搭載
  • 全機種で3.5インチ・フロッピードライブを搭載(720K/1.44M)
  • 全機種でキーボードおよびマウスインターフェースのPS/2ポートを搭載
  • 純正OSとして、PC DOS(IBM DOS)およびOS/2(PS/2より遅れて出荷開始)をサポート

ただし、キーボードレイアウトは後期PC/ATの101拡張キーボードのままであり、プリンターなどはそのまま使用できた。

ハードウェア的には従来のAT拡張カードは使用できず、5インチのフロッピーディスクは3.5インチに変換が必要だったが、ソフトウェア的には上位互換性があり、大半のIBM PC系(PC/XTPC/AT)用のソフトウェアはPS/2でも使用できた。

モデル[編集]

主要なモデルは以下の通りである。この他に派生モデル(LANアダプター搭載モデル、Ultimediaモデルなど)が多数ある。

発表 モデル(型番) CPU バス ビデオ 特徴
1987年4月 30(8530-0xx) 8086 XTバス(8ビットISA) MCGA デスクトップ、720K FDD、HDDなし
50(8550-021) 80286 16ビットMCA VGA デスクトップ
60(8560-041) 80286 16ビットMCA VGA タワー型
80(8580-041/071/111) 80386DX 32ビットMCA VGA タワー型
1987年8月 25(8525) 8086 XTバス(8ビットISA) MCGA ディスプレイ一体型、720K FDD、HDDなし
1987年11月 (OS/2 1.0)
1988年6月 25 LS
50 Z(8550-031/061) 80286 16ビットMCA VGA 50の高速版
70 386(8570-A21/E61/121) 80386DX 32ビットMCA VGA デスクトップ
1988年7月 (DOS 4.0)
1988年8月 30 286(8530-F01/F21) 80286 ATバス(ISA) VGA
1989年5月 55SX(8550-031/061) 80386SX 16ビットMCA VGA
P70 386(8570-061/121) 80386 32ビットMCA VGA ポータブル
1989年10月 486 25 PowerPC MCA VGA
1990年3月 65 SX 80386SX 16ビットMCA VGA
1990年5月 25 286 80286
1990年6月 (PS/1) 80286/386/486 ATバス(ISA) VGA PS/1参照
1990年10月 55 LS
80(-A16/161/081) 486SX 32ビットMCA VGA
90 XP 486(8590-0J9) 486DX-25 32ビットMCA XGA
95 XP 486(8595-0KD) 486DX-33 32ビットMCA XGA タワー型
1990年11月 P75 486 486DX 32ビットMCA VGA
1991年3月 L40 SX(8543-044) 386SX-20 MCA VGA ラップトップ(3.5kg)
1991年4月 90 XP 486SX 486SX 32ビットMCA XGA
95 XP 486SX 486SX 32ビットMCA XGA
1991年6月 35 SX(8535-4x) 386SX-20 ATバス(ISA) VGA デスクトップ
35 LS
40 SX
57 SX(8557-049) 386SX-20 MCA VGA デスクトップ
1991年10月 56 SX(8556-04x) 386SX-20 MCA VGA デスクトップ
1992年11月 90 (8590-OL9) 486DX2-50/25 MCA VGA タワー
1993年2月 56 486SLC (9556-0Bx) 486SLC2-50/25 MCA XGA-2 デスクトップ
1993年3月 76 486SX(9576-0Ux) 486SX-33 MCA XGA-2 デスクトップ
77 486SX(9577-0Ux) 486SX-33 MCA XGA-2 デスクトップ
77 486DX2(9577-0Nx) 486DX2-66/33 MCA XGA-2 デスクトップ
95 XP 486(8595-0MT) 486DX-50 MCA XGA-2 タワー
1993年11月 95A 566(9595-3QT) Pentium-66 MCA SVGA タワー
1993年12月 85 433(9585-0KG) 486DX-33 MCA SVGA タワー
PS/2 E(9533-DB7) 486SLC2-50/25 PCMCIA XGA-2 省スペース・省エネルギー・省ノイズ
1994年6月 76I(9576-Axx) 486SX/486DX2 MCA SVGA デスクトップ
76S(9576-Bxx) 486DX2 MCA SVGA デスクトップ
77I(9577-Axx) 486DX2 MCA SVGA デスクトップ
77I(9577-Bxx) 486SX/486DX2 MCA SVGA デスクトップ

詳細[編集]

アーキテクチャとして「PS/2」と言う場合は、「MCA、VGA、ABIOS」の主流モデル群を指す場合が多い。ただし初期の下位モデルには「ATバス・MCGA・CBIOS」の機種も存在する。

「PS/2は普及しなかった、失敗した」と言う場合は、MCA(バス規格)やOS/2を指す場合が多い。ただし、VGA、PS/2ポート、3.5インチフロッピーディスク(720K/1.44M)などは、PS/2登場後のPC/AT互換機の仕様として事実上の標準となった。

ソフトウェア的には、従来のPC/ATと完全な互換性を有するが、ハードウェア的には殆ど互換性が無かった。PS/2のHDDは、専用のケースに入ったESDISCSIのHDDしか利用できず、特にESDIはIBM専用の特異なインタフェース形状を持つ物であった。ただし、前述のようにmodel 25/30にはISAが搭載されており、PC/ATとある程度のハードウェア互換性があった。

HDDに限らず、PS/2にはFDDや電源ユニットさえもケーブルを用いず、専用のプラスチックレールを持つスロットに差すだけで接続が完了するという、徹底したモジュール化思想が適用されていた。その整然とした筐体構成はネジと板金とケーブルが錯綜するPC/AT互換機に比べれば瞠目すべきものであったが、モジュールの殆どはIBM純正品しか入手できない専用規格であり、融通が利かず高価につくという批判を招く原因ともなった。

影響[編集]

世界[編集]

PS/2登場以前のPC/AT互換機では、バスはATバス、グラフィックはEGAおよびEGA上位互換、フロッピードライブは5.25インチ、マウスはATバスまたはシリアルポート経由が大半であった。

MCA、VGA、3.5インチ・フロッピードライブ(720K/1.44M)、PS/2ポートなどは、PS/2発表時に初めて発表されたこともあり、PC市場に大きな衝撃を与えた。特にMCAは従来からのPC/ATとハードウェア面の互換性を断ち切るものであったため、大きな議論となった。

Micro Channel Architectureの功罪[編集]

Micro Channel Architecture(MCA)はそれまでのPC/ATのISAバス(当時はATバスと呼ばれていた)用拡張ボードとは互換性がなく、またIBMが仕様の使用に対して高額なロイヤルティー(特許使用料)を請求した事から、ごく一部のメーカを除き互換機を発売しなかったため、パーソナルコンピュータにおける拡張カードの主導権奪回と言う当初の目的は失敗した。

Compaq、ASTリサーチ、エイサーなどの大多数のPCメーカは、同様に拡張ボードのリソース自動設定や高度なバス調停機能を持ちつつも、ISAとも上位互換性のあるEISAバスを制定しMCAに対抗した。しかし、高機能が高価格に直結しサーバ機等への採用に留まる事となった。

一方、普及価格帯の機種は、リソースの自動設定機能は持たないが、ATバスをベースにグラフィック高速表示などに特化した簡易的な拡張方法であるVLバスを採用した。

このため、汎用高速バスの普及はPCIを待つことになる。

その後、IBM自身もIBM PC 700シリーズなどを経て、PS/2アーキテクチャ(MCA)からPCIに移行し、PC/AT互換機路線へと復帰した。しかしPS/2に転向していたことからIBMのPC市場における地位は落ちてしまい、IBMが「IBM規格」のパーツを製作する1メーカーにまで成り下がってしまった。

Micro Channel Architecture も参照

日本[編集]

日本IBMは、日本語表示のために日本独自の マルチステーション5550 を販売していたが、PS/2登場後に PS/55(パーソナル・システム/55)と改称し、その上位モデル(5570-S以降)より順次PS/2ベース(当初はMCAに日本語表示アダプターを搭載したもの、後半はXGAなど)へ移行した。

東芝はPC/XTベースで独自に日本語化したJ3100ダイナブックを販売していたが、徐々にPC/AT互換機に移行した。

AX協議会参加の各社(三洋電機、三洋電気、ソニー、シャープ、京セラなど)は、PC/ATベースのAXパソコン(JEGA搭載)を販売していたが、その後AX VGAを発表し、更にPC/AT互換機に移行した。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]