IBM PC Series

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM PC Series(IBM PCシリーズ)は、IBMが1994年から発売していた、ビジネス向けのパーソナルコンピュータのシリーズである。一部モデルは日本でも発売された。

IBM PS/2およびPS/ValuePointの後継であり、IBM PC 300/700/800/3000シリーズの総称である。ただし1981年発売の元祖IBM PCとは別シリーズである。

呼称[編集]

IBM PS/2以来の「PS/x」から、初代IBM PCのネーミング「IBM PC xxxx」を復活させた。PS/2で独自路線を進めたIBMが、PC/AT互換機市場へ名実ともに復帰したとも言える。

概要[編集]

IBM PS/2PS/ValuePointの中で発生した多数の系列を、まとめ直したと言える。

300シリーズの486搭載モデル、および700シリーズでは、ライザーカードの交換によりバスを交換できる「SelectaBus」構成で、バスの相違(ISAVLバスMCA)にかかわらず、本体の共通化が図られた。

なお、800シリーズはPowerPCを搭載したPReP(PowerPC参照プラットフォーム)仕様である。

2000年には販売終了した。後継はNetVistaシリーズである。ただしPentium Pro搭載のx86系ワークステーションである PC 360/365 の後継は、IntelliStation Proとなった。

モデル[編集]

主なモデルは以下がある。

  • IBM PC Series 300 (VLバス/ISA、またはPCI/ISA)
  • IBM PC Series 700 (PCI/ISA、またはPCI/MCA)
  • IBM PC Series 800 (CPUはPowerPC、PCI)
  • IBM PC Series 3000 (マルチメディアモデル。日本では未発売)
  • IBM PC 360 (PentiumPro)
  • IBM PC 365 (PentiumPro)
  • IBM PC 300PL (Pentium、Pentium II、Pentium III)
  • IBM PC 300GL (Celeron、Pentium II、Pentium III)

関連[編集]