System/36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

System/36(S/36、システム/36)は、IBMが1983年にリリースしたミッドレンジコンピュータである。

呼称[編集]

米国ではミニコンピュータ、日本ではオフィスコンピュータに分類される事が多い。IBMの資料では当時は「小型(Small)」、現在はPCサーバ等も普及したため「中型(Midrange)」と呼んでいる。

概要[編集]

主に中小規模の法人や部門の事務処理用であり、ホストコンピュータ(メインフレーム)と通信した分散処理用でもあった。世界的にも多数販売された。

当時のメインフレームと比較し、使い易く、カラーのディスプレイを備え、低価格で、仮想記憶(スワップファイル)を備えた。

オペレーティングシステム(OS)はSSP(System Support Program)で、内部文字コードはEBCDICであり、System/3以来のIBMの簡易言語であるRPG IIの他、COBOLBASICFORTRANが使用できた。またIBMの通信プロトコルであるSNAを備えた。

System/3System/32System/34の後継であり、当系統の最終シリーズでもある。 開発コード名はPIONEERで、S/38と共通の5250表示装置技術を共有していた。 将来的に2バイトコード(日本的には漢字)処理を想定していたので、IO装置・表示技術やWSCの内部処理を共通化させていた。 なお並存したSystem/38(OSはCPF)とは言語とOCLの互換性は無い。

AS/400登場後、徐々に移行した(AS/400はSystem/38ベースであるが、System/36環境を備えた)。

歴史[編集]

  • 1969年 System/3 発表(RPG II)
  • 1975年 System/32 発表(RPG II)
  • 1977年 System/34 発表(RPG II)
  • 1983年 System/36 発表(RPG II、SSP)
  • 1988年 AS/400発表(RPG III、OS/400)
  • 2000年 eServer iSeries と改称
  • 2006年 System i と改称

外部リンク[編集]