PS/1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PS/1(ピーエスワン、Personal System/1)は、IBMが1990年から発売していた、主に個人向けのパーソナルコンピュータのシリーズである。なお、日本では発売されず、代わりにPS/Vが発売された。

呼称[編集]

主にビジネス向けの上位シリーズであるIBM PS/2に対して、「IBM PS/1」とネーミングされた。

PS/2は本来は、OS/2などと同様に「次世代」の意味で「/2」を付けたが、下位シリーズの「PS/1」の登場により、結果的に「IBMが従来シリーズ(PC/AT系、オープン路線)へ回帰した」ネーミングといえる。

概要[編集]

IBMはPS/2シリーズで、主力モデルはMCAバス(一部モデルはPC/ATバス)に移行したが、PS/1は全てPC/ATバスである。特徴として、初期の2モデルではPC DOS のROM版を搭載した。高機能・高品質よりは、低価格・簡単を重視したシリーズである。

PS/1とPS/Vの相違点は、以下が挙げられる。

  • PS/1のようなROM版のDOSのモデルは無い
  • OSはDOS/Vで日本語化
  • 日本語キーボード(OADG 106キーボード)付属

PS/1(および日本のPS/V)の後継機種は、Aptivaである。

モデル[編集]

  • 2011(CPU 80286-10MHz、PC DOS 4.0 ROM版)
  • 2121(CPU 80386SX-16MHz、PC DOS 4.0 ROM版)
  • 2155(CPU 80486SX-25MHz、IBM DOS / Windows3.1)

脚注[編集]


関連[編集]

外部リンク[編集]