IBM JX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM JX(あいびーえむじぇいえっくす)は、IBMが日本、オーストラリアニュージーランドを含むアジア太平洋地区で販売した、家庭用を目指したパーソナルコンピュータである。日本では、1984年にJX1~JX4の販売が開始され、翌年1985年には改良型であるJX5が登場した。イメージキャラクターには森進一、CMソングは『夢・ステファニー(ロマンティック・トリップ)』を使った。

IBM JX Personal Computer (IBM 5511)

概要[編集]

一般家庭用のパソコンでは8ビット機が主流だった時代に、PC-8800シリーズと同等の価格帯で発売された16ビット機。

PCjrをベースとして独自の日本語化を追加した。IBMは日本ではIBM PCPC/XTPC/ATなどを発売しなかったため、日本IBMから発売された初めての IBM PC アーキテクチャ機でもあった。

普及には遠く及ばず、PC-8800シリーズ・PC-9800シリーズの影で人知れず消えていった。

特徴[編集]

日本市場において「16ビット機はオフィス向け、ホームユースは8ビット機」という風潮があった中、「プライベート16ビット」のコンセプトを掲げ、ホームユース向けの16ビット機として登場した。IBMが米国市場で発売したPCjrをベースとして開発され、英文モードを使用することでPCjrの互換機として動作する。また、IBM PC向けの一部のソフトウェアを動作させることもできる。

当初に搭載されたCPUはIntel 8088・4.77MHzで、速度の面で難があった。改良型のJX5では、Intel 8088のまま7.2MHzになった。

FDDは5.25インチが普及していた中、3.5インチドライブを搭載していた。使用可能なFDは2DD(720KB)である。

メディアとしてはFDの他に、ROMカートリッジも使用可能。一部のソフトウェアがROMカートリッジで供給された他、動作モード切替にも用いられた。2つ搭載されたスロットの奥にはリセットボタンがあり、カートリッジを挿抜すると自動的にPCが再起動する仕組みになっている。

標準的なオペレーティングシステムは、IBMによる「日本語DOS 2.0」と、英語版の「PC DOS 2.0」である。どちらもMS-DOSと互換性がある。

JX1~JX4はパーツの組み換えによってアップグレード可能である。但し、JX5へのアップグレードは行えない。

JX1~JX4には赤外線を用いたワイヤレスキーボードが用いられ、およそ5mの有効範囲から操作が可能だった。ただし、蛍光灯を点灯する際のノイズを拾う等の問題もあり、JX5のキーボードは有線接続になった。 英数字とひらがなの刻印はJIS配列で、記号についてはタイプライター配列(USキーボード相当)である。

動作モード[編集]

  • 基本モード
    JXの標準的なモード。カートリッジを用いずに電源を投入すると起動する。PCjr等の他機種との互換性は無い。日本語DOSを使用可能。
  • 英文モード
    英文モードカートリッジを挿入すると起動する、PCjr(CGA)と互換性を持ったモード。PC DOSを使用可能。
    PCjr用のROMカートリッジを併用することが可能。
  • 拡張表示モード
    JX3・JX4に拡張表示モードカートリッジを挿入すると起動する。JX5は同機能を内蔵しており、スイッチで切り替えるようになっている。日本語DOSを使用可能。
    マルチステーション5550のサブセット的な動作となり、画面解像度についてはマルチステーション5550相当となる。

スペック[編集]

JX1~JX5の基本構成
JX1 JX2 JX3 JX4 JX5
型番 IBM JX 5511 IBM JX5 5510
CPU Intel 8088 4.77MHz Intel 8088 4.77MHz/7.2MHz
RAM 64KB 128KB 256KB 384KB
ROM 128KB(BIOS・BASIC・かな漢字変換用辞書)
漢字ROM 128KB(JIS第一水準・16×15ドットフォント)
外字RAM 2KB
ビデオRAM 32KB 64KB
表示能力 横160×縦200×16色
横320×縦200×4色/16色
横640×縦200×4色
横160×縦200×16色
横320×縦200×4色/16色
横640×縦200×2色/4色/16色
横360×縦512×4色
横720×縦512×2色
FDD なし 3.5インチ 2DD(720KB)×1 3.5インチ 2DD(720KB)×2
サウンド 8オクターブ3重和音
対応モード 基本/英文 基本/英文/拡張
キーボード コンパクト フル
ディスプレイ テレビ RGB対応テレビ/
専用14インチカラーディスプレイ
専用14インチカラーディスプレイ
本体重量 3.7Kg 5.3Kg 6.1Kg 6.2Kg 不明
本体価格 166,000円 270,000円 332,000円 373,000円 不明

拡張機器[編集]

  • 拡張ユニット
    JXのシステムユニットの天板を外し、その上に重ねて使用する。ケーブルによりシステムユニットと接続される。電源はシステムユニットとは別である。
    RAMを512KBまで拡張するためのスロットが使用可能になり、また3.5インチ FDDもしくは5.25インチ FDDを1台搭載することができる。
  • ハードディスク拡張ユニット
    拡張ユニットと同様に、JXのシステムユニットの上に重ねて使用する。5.25インチ・10MBHDDを搭載。価格は30万~40万円だった。

影響[編集]

  • 後のDOS/V時代のインタビューでは「黒船」「元寇」などの表現が見られる(世界を席巻した IBM PC が遂に日本上陸と大騒ぎしたが、あっさり全滅した)
  • JXで使用された型番(5510、5511)は、1991年のPS/55z(5510-Z/S/T)で再開される事になる。

関連項目[編集]

  • 一太郎 :前身のjX-WORDがJX用のワードプロセッサ

参考文献[編集]

  • ANIMAL HOUSE 『IBM JXブック 使いこなすための総合ガイド』 アスキー出版局、1985年。
    ISBN 4-87148-776-8

外部リンク[編集]