ミッドレンジコンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミッドレンジコンピュータ(ミッドレンジシステム)とは、企業の基幹業務などに利用される、中型(中規模、中クラス)のコンピュータを指す用語である。

概要[編集]

通常、大型のコンピュータ(メインフレームなどの「ラージ」)と、小型のコンピュータ(マイクロコンピュータとも呼ばれる、パーソナルコンピュータワークステーションなどの「スモール」)の間に位置するコンピュータを呼ぶ。

広義には、中規模のコンピュータ全体を指す。このため1980年代のメインフレーム全盛期には比較的下位のメインフレーム(IBM 4300など)や、2009年現在では比較的上位のPCサーバなども含まれる場合がある。

狭義には、通常「サーバ」と呼ばれるRISCUNIXを搭載したコンピュータを除いた、各メーカー独自のコンピュータ・アーキテクチャのコンピュータのみを指す。ミニコンピュータ無停止コンピュータ、日本独自用語のオフィスコンピュータなどである。

ただし2009年現在では、PCサーバの性能向上や、メインフレームなどのオープン標準サポートもあり、コンピュータのサイズとアーキテクチャの関連性は薄れたため、単に「エントリーミッドレンジハイエンドエンタープライズ)、パフォーマンス」など一般用語化が進んでいる。

主なミッドレンジコンピュータ[編集]

有名なミッドレンジコンピュータのメーカーとシリーズには以下がある。

歴史[編集]

ミッドレンジコンピュータの領域は1960年代に生まれ、その中ではミニコンピュータが広く知られている。歴史的にはミッドレンジコンピュータは、メインの大型コンピュータよりも中小規模のビジネス用や、大企業の支店用や部門用に販売された。

1980年代クライアントサーバコンピューティングが普及すると、このような規模のコンピュータは、エンドユーザーが使用する「クライアント」コンピュータに「サーバ」として処理を提供するようになったため、広く「サーバ」と呼ばれるようになった。

更にクライアントサーバモデルがUnix系オペレーティングシステムで構築されるようになると、「サーバ」は更に、独自技術(プロプライエタリ)ではなく、標準的なプロトコルプログラミングインターフェースをサポートする用語としても使われるようになった。

備考[編集]

  • 電子情報技術産業協会(JEITA)の統計では、当初は「ミッドレンジ」に「サーバ」も含めていたが、2005年度(平成17年度)から「ミッドレンジ」の表現が消え、「サーバ」または「独自OSサーバ」となった[1]

参照[編集]

  1. ^ コンピュータおよび関連装置等出荷統計 - JEITA

関連項目[編集]