ポータブルデータターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PDTの一例

ポータブルデータターミナルPDT)とは小型の簡易入力端末の事である。片手で持てる大きさのものはハンディターミナルとも呼ばれる。

主にPOSシステムや、棚卸しの必要なシステムなどに用いられている。

小型の物は単純にキーのみで簡易的な文字表示しかできない。高度なものになると、タブレットPCまたはタッチパネルPCの機能を持つ。

タブレットPCまたはタッチパネルPCでのOSはMicrosoft Windows XP Tablet PC EditionまたはMicrosoft Windows NTを使用し、赤外線又はワイヤレス通信機能、簡易的な充電機能を有する。

主な用途[編集]

  • チケット、切符の発行
    • 列車内における切符販売 - レシートプリンタが内蔵されている。
  • 注文受付、レジ
  • 在庫管理、検品、棚卸し、貨物追跡
    • コンビニエンスストア - バーコードリーダーが内蔵されている。
    • レンタルビデオ - バーコードリーダーが内蔵されている。
    • 図書館(蔵書管理) - バーコードリーダーが内蔵されている。
    • 工場倉庫 - バーコードリーダーが内蔵されている。
    • 運送会社 - バーコードリーダー及び通信機能が内蔵されている。会社によってはプリンタが搭載されている。[1]
  • 決済端末
    • レストラン - テーブル会計を行うための端末
    • 運送会社 - 代引き決済を行うための端末[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ au携帯電話によるデータ通信で、お客様の利便性を高める新システムを構築”. KDDI株式会社 (2005年12月). 2011年11月12日閲覧。
  2. ^ 宅急便コレクト(ヤマトフィナンシャル)、e-コレクト(SGホールディングス)など