携帯機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

携帯機器(けいたいきき)とは、携帯して使用可能な機器の総称。ポータブル機器や、ノーマディック機器とも言う。

一般的には、携帯して利用可能な通信機器(携帯通信機器・端末)や情報機器携帯情報機器・端末)について用いられる。

概要[編集]

携帯機器の殆どは、情報機器、すなわち情報にアクセスするための機器(携帯通信機器・端末、携帯情報機器・端末)にも該当する。種類に応じて、情報端末、情報家電やデジタル家電の範疇にも属する。詳細は情報機器参照。

「携帯」の概念等[編集]

「携帯 (ポータブル)」の「ポータブル」()の由来は、仏語porter(着用する・できる、持ち運ぶの意)から。

「携帯 (ポータブル)」の概念には、「ハンドヘルド(手で持てる)」や「ウェアラブル(身体に装着可)」も含まれうる。例として携帯型トランシーバーは、使用の際には手で持ち、使用しないときには身体に装着する事が多い。また、携帯電話PHS端末は、ベルトポケットに装着したり入れられたりする。

携帯型トランシーバーは、ハンズフリー利用が可能な物が出て、使用の際にも「ウェアラブル」になった。携帯電話端末も、ハンズフリー用のイヤフォンマイクを用いれば同様である。

ポータブルコンピュータラップトップノートパソコンタブレットPCハンドヘルドPDAPocketPCPalm等、将来的にはウェアラブルコンピュータ)も、携帯型トランシーバーと同様に基本的には、使用の際には手で持ち、使用しないときには身体に装着する。もっとも、将来的にはヘッドアップディスプレイ等により使用の際にも「ウェアラブル」になるであろう。

なお、アマチュア無線など無線の分野においては、次のようなクラス分けが存在している。

  • 「固定」クラス - 固定局。基地局など。
  • モバイル」クラス : この分野においては、車載機器、自動車電話衛星電話等を意味する。正確な発音は第1音節アクセントがあるモーバイルまたはモービル
  • 「携帯(ポータブル)」クラス - 「ハンドヘルド(手で持てる)」や「ウェアラブル(身体に装着可)」であるもの。

携帯機器」のタームとしては、冒頭の通り、一般的には、携帯通信機器・端末携帯情報機器・端末について用いられる。また、日本においては携帯電話・PHS端末については、単に携帯ケータイと言う事が多い。

種類[編集]

普及当初は携帯機器ではなかったが、技術の進歩(ダウンサイジング)により、携帯可能な機器が出たものや(例:時計、固定電話携帯電話端末、メインフレームノートパソコン)、携帯可能である事が通常化したようなもの(例:ラジオ、電卓)もある。

電子機器[編集]

等々

電気機器(非電子)[編集]

電気を使わない機器[編集]

消費電力の壁[編集]

携帯機器は、情報処理の高度化・高速化や、移動体通信の通信速度向上によって、年々消費電力と、要求される二次電池の電池容量(Ah、アンペア・時)が増大し続けている。

その一方で、電源を要する携帯機器にはほぼ必須となる二次電池(蓄電池)の、電池容量の効率向上の程度は、前述の消費電力増大の傾向に追いついてない。二次電池分野での技術革新は、情報処理や移動体通信の技術革新のスピードに比べると幾分緩慢である(むしろ、情報・通信分野の革新スピードが速すぎるとも言える)。

そのため、既存の技術であると言う面では可能性がありながらも、携帯機器の消費電力上の制約、サイズ上の制約(大容量の電池ほど大きい容積が必要となる)などから、実際の携帯機器では機能・性能が制限されたり、機能が採用できないと言った制約が存在する。

移動体通信との関連[編集]

携帯機器のうち、携帯通信機器・携帯情報機器の分野は、移動体通信の発展とともに、今日までに大きな発展を見せており、今後もいわゆる「日本的ユビキタスコンピューティング」へと繋がるコンセプトが提示されている。

特に、携帯電話・PHS等の端末は、携帯機器の中ではもっとも進化の早い物であり、「ケータイ」という新たなデジタルツールとしての可能性が次々に考え出されている。

ここでは以下、「ケータイ」と言うタームについてのコンセプトを提示する。

そもそも「ケータイ」とは、元来は携帯電話端末と同義語であった。しかし、今日の実際の携帯電話端末はPHSを含めて電話の機能以外の部分が大きくなっている。つまり、電話と言う機能はさまざまな機能を持つ「ケータイ」というツールの一つの側面に過ぎないという事である。日本製の「ケータイ」は世界でも唯一無二の性能と機能を備えており、日本において、さらに世界に向けて、どのような発展を見せるかが注目されている。

用語に関する考察[編集]

「ケータイ国際フォーラム」という移動体通信関係の展示会 [1]では

ケータイ「携帯電話・PHS、PDAカーナビゲーション等の移動体通信機器・サービスの総称 」

とかなり広義に定義されている。

PHS・カード型[編集]

PHS端末の場合は、一部事業者の一部機種では携帯電話端末と遜色ないか、あるいは競合し、あるいは凌駕している点があり、その点で広義の「ケータイ」に含めてもさほど問題は無いと考えられる。

結局のところ、「クルマ」と言えば法令上の乗用の四輪または三輪の普通自動車・小型自動車・軽自動車を指すのであり、「バイク」と言えば法令上の二輪の自動車・軽自動車と原動機付自転車を指すのである。ここまで考えると、「ケータイ」と法令上の携帯電話・PHS端末との関係性も自ずから再定義されるものと考える。

ただし、カード型のデータ通信専用PHS端末(いわゆるPCカードCFカードだけでなく、SDカードUSB接続型もある)を「ケータイ」と呼んで良いかは疑問だし、カード型のデータ通信専用携帯電話端末も存在する。これも「ケータイ」とは呼べないだろう(ついでに、カード型端末でも、PDAやノートPCと組み合わせて、携帯電話・PHS端末本来の音声通話が可能な機種も存する)。

PHSは当初、法令上「簡易型携帯電話」とされ、後に「PHS」に改められた経緯があり、更に少なからぬマスコミが今もなお「PHS(簡易型携帯電話)」と廃止名称をわざわざ表記するなど、紆余曲折が多少ある。

PDA[編集]

PDA(携帯情報端末)については携帯電話・PHS端末の本来の音声通話機能は持たない物が多いものの(そもそも通信機能はPDAには包含されないが)、携帯電話・PHS端末自体がPDAの機能を包含しようとしており、境界が曖昧になっている面がある(むしろ本来のPDA側が浸食されている部分も大きい)。

もっとも、一般的な認知度から言えばPDAは「ケータイ」と言うよりはむしろ「モバイル」であろう。

また、日本国内では欧米ほど一般的ではないが、スマートフォンと言う概念も以前から存在している。こちらは携帯電話端末などの電話端末がPDAの機能を取り込んで、ユーザーが自由にソフトをインストールできるようになるなど、PDA同様の拡張性をもつようになった物である。

カーナビ[編集]

カーナビゲーションシステムについても、本来の現在位置表示や目的地への走行経路案内の機能だけでなく、音楽再生機能インターネット接続機能などとの融合によるカーコンピュータ化も進んでいる。

一方で「カーナビゲーション」もしくは「歩行ナビゲーション」機能を包含した携帯電話端末も現れるなど、境界が曖昧になりつつある。

ただ、やはり携帯電話・PHS・PDA端末などのモバイル機器が、人に付く「ケータイ」であるところ、「カーナビ」はクルマに付くものであり、「カーナビ」が「ケータイ」であると言う認知はほとんど無いと言える。

VICS等も参照。

今後[編集]

以上のように、ダウンサイジングと移動体通信の発展(日本的に言えば「ユビキタス」)により、端的には、「携帯」が可能・容易である物(特に電子機器)ならばあらゆる物が、「ケータイ」に取り込まれるか、もしくは逆に「ケータイ」的な機能を取り込み、移動体通信機能と融合をする可能性がある(あるいは既にしている)。

現在は移動体通信とは縁が薄いか、または薄くなくとも「ケータイ」としての認識は弱い物としては以下。

デジタルツールとしての機能[編集]

新しいユーザインタフェース[編集]

新しい概念[編集]

  • ファッションツール デザインケータイ・着せ替え・表面の加工(レザーテイスト、レリーフ模様など)etc.
    • これは、「携帯電話」から「ケータイ」へと発展していくなかで発生した概念である。

文化としての側面[編集]

日本では携帯電話・PHSが一般に広く普及して以降、「ケータイ」は若者文化としても定着し、「近頃の若者はケータイをいじってばかりだ」と言う有名なステレオタイプ(特に若者でない年長者により)が定着し続けている。一日の余暇の大半をケータイ経由のメールやウェブアクセスに費やす若者も少なくない。

関連項目[編集]