スーパーミニコンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーミニコンピュータ (スーパーミニ、英:superminicomputer、supermini) は、コンピュータの種類の一つで、他の通常のミニコンピュータと比較して、より高性能なミニコンピュータである。

この用語は1970年代の中頃に作られた[1]。主に従来の16ビットミニコンピュータと区別して、32ビットのミニコンピュータをスーパーミニコンピュータと呼んだ[2]。この用語は現在では「ミニコンピュータ」と同様に廃れ、コンピュータの歴史的用語となっている。

なお、スーパーミニコンピュータと ミニスーパーコンピュータ は、名称が似ているが異なる。ミニスーパーコンピュータは、小型のスーパーコンピュータである(コンベックスなどを指してスーパーミニという語が使われている例も見られる)。

主なスーパーミニコンピュータ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Koudela, J., Jr. (Nov. 1973), “The past, present, and future of minicomputers: A scenario”, Proceedings of the IEEE 61 (11): 1526–1534 
  2. ^ Flowers, Jeff (Feb. 1982), “The Use of the 32-Bit Minicomputer for Data Acquisition”, IEEE Transactions on Nuclear Science 29 (1): 927–931