IntelliStation Pro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IntelliStation Pro
IBMZPRO6221.jpg
Intellistation Z Pro (6221)
メーカー IBM
種別 ワークステーション
発売日 1997年3月(M Pro - 6888)
OS Windows
CPU Intel
 Itanium
 Xeon
 Pentium 4
 Core 2 Duo
AMD
 Opteron
IBM
 PowerPC 970
 POWER3-II
 POWER4+
 POWER5+
前世代ハードウェア IBM PC 360・365
次世代ハードウェア Blade Workstation HC10
ウェブサイト IntelliStation Pro 全製品

IntelliStation Pro(インテリステーション・プロ)は、かつて展開していたIBMワークステーションの製品名である。IBM PC 360・365の後継として1997年3月に発売された。Blade Workstation HC10 の登場により、製造販売を中止した。IBMによるPC事業売却の対象とならず、ThinkCentreThinkPadシリーズ売却の2005年以降もIBMで開発・販売されたため、Lenovoが販売する「ThinkStation(シンクステーション)」とは開発上の関連性はない。

一部のM PrpはローエンドモデルのNetFinity1000シリーズとハードウエア構造的に類似していた。

2002年2月には、POWERプロセッサをベースとするeServer pSeriesのワークステーションもIntellistation Proの傘下に収めた。

概要[編集]

企業向けクランアントコンピュータとして提供され、主に機械設計用のCATIAなどの3次元CADや、コンピュータグラフィックス性能を要求する業務用のアプリケーションソフトウェアを利用する。

インテル Pentium4や、Core 2 Duoを搭載したM Pro(エム・プロ)、Xeon搭載のZ Pro(ゼット・プロ)、AMDCPU搭載のA Pro(エー・プロ)のシリーズがある。エントリー向けワークステーションとしてEPro(イー・プロ)。日本もマーケット向けに、小型化したMProとして MPro SFFがラインナップに存在した。 IBMのサーバー管理ソフトウェアDirectorやRDMと連携できる仕掛けや、不具合が起きた際、故障個所をLEDの点灯で明示するLight Path を備え保守を容易にしている。オンラインでハードウェアのリビジョンやファームウェアバージョン、インストールされているアプリケーションのバージョン一覧を取得するツールを利用できるなど、PCと差別化のできなくなっている今日のワークステーションと比べ、前述の通りNetFinityやSystem p、System xと近しい関係にありサーバー譲りの独自機能が付加されていた。


高度な描画性能へのニーズに応え、NVIDIAQuadroシリーズやATI FireProシリーズなど基板サイズの大きなビデオカード(選択式)を内蔵する。また、サーバと同様にディスクアレイコントローラを搭載し、RAID構成で稼働率の高い構成が採れる。

このように、CPUやビデオカード等の構成が多岐に渡るため、IBMおなじみのい筐体ながらIntellistation専用のものからNetVistaThinkCentreと共通のものまでラインナップされおり、シリーズによって大きさが異なる。またIntellistationの多くに共通する特徴として、NetVistaやThinkCentreなどに用いられていたIBMカラーであるブルーのアクセントが用いられていないあるいは使われている比率が少ない場合が多い.


2007年に後継のIBM BladeCenter HC10の登場により販売を終了した.

モデル[編集]

  • A pro - AMD社製プロセッサ搭載モデル(2004年-2006年)
  • E pro - エントリーモデル(1998年-2003年)
  • M pro - Intel PentiumⅡ・Pentium4・Core2 Duo・Xeon搭載モデル(1997年-2007年)
  • R pro - 1Uラックマウント型(2001年)
  • Z pro - Intel Xeon・Itanium搭載モデル(1997年-2006年)

いずれのシリーズも2013年現在は生産終了している.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]