IBM 9370

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IBMメインフレーム
シリーズ名 アーキテクチャ
IBM 701など (モデルごと)
System/360 S/360
System/370
30x0
4300
9370
S/370
S/370-XA
ESA/370
ES/9000
S/390
ESA/390
(ARCHLVL 1)
zSeries z/Architecture
(ARCHLVL 2)
System z
(z9)
System z
(z10)
z/Architecture
(ARCHLVL 3)
zEnterprise

IBM 9370は、IBM1986年に発売した、ミッドレンジメインフレームコンピュータのシリーズである。

概要[編集]

IBM 9370はSystem/370互換のコンピュータアーキテクチャを持っており、先に発売されたIBM 4300と同様に空冷でオフィスにも設置できたが、更に小型でラックマウント型であった。DECVAXシリーズに対抗し「VAXキラー」とも呼ばれたが、アプリケーションの少なさなどもあり広くは普及しなかった[1]

IBM 9370シリーズは、下位より9373、9375、9377などのモデルがあり、専用の磁気ディスク装置には9332や9335、磁気テープ装置には9347などがあり、全て19インチラックに搭載された。オペレーティングシステムVMVSEミドルウェアCICSSQL/DS、簡易開発言語(4GL)はCSPなどをサポートした。なおIBM 4300とは異なり、全モデルは最後まで S/370互換のみで、S/370-XAモードはサポートしなかった。

IBM 9370は、それぞれの発表時点で、性能面で最上位のIBM 30x0(303x/308x/3090、水冷)、中位のIBM 4300(空冷、ラックマウント)の更に下位に位置した。なお1988年以降は、それぞれ「ES/3090」「ES/4300」「ES/9370」とブランド名称変更された(ESはエンタープライズシステムの略)。

ES/9370の後継は、1990年に発表されたES/9000ファミリーの下位モデルであるES/9221である。

参照[編集]

  1. ^ Can This Elephant Dance? - Time

関連項目[編集]

外部リンク[編集]