PS/2コネクタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PS/2コネクタ
MiniDIN-6 Connector Pinout.svgPS2 Ports ATX.jpg
PS/2コネクタ 緑がマウス、紫がキーボード用。
種別 キーボード(PS/2キーボード)とマウス(PS/2マウス)の接続。
開発者 IBM
開発年 1987年
前モデル DINコネクタ(PC/AT)
D-subminiature
後継モデル ユニバーサル・シリアル・バス (1996年1月)
ホットプラグ 未対応
ケーブル ツイストペア多心シールドケーブル
ピン数 6
コネクタ Mini-DINコネクタ
電気的特性 TTLレベル
許容電圧 5 V
許容電流 275 mA
データ信号 シリアル通信
クロック16 kHz
ストップビット1
スタートビット1
パリティビット奇数
帯域幅 1オクテット
バンド域幅 16キロオクテット毎秒
許容デバイス 入力装置
プロコトル 3線式シリアル通信
MiniDIN-6 Connector Pinout.svg
ピン 信号名 説明
ピン1 +DATA データ信号
(正極性)
ピン2 Not connected 未接続
ピン3 GND 接地
ピン4 Vcc 電源 +5V
ピン5 +CLK クロック
(正極性)
ピン6 Not connected 未接続
ケース Case sealed シールド接地

PS/2コネクタ(ピーエスツーコネクタ)- パーソナルコンピュータで使われる入出力ポート接続コネクタである。名称はIBM PS/2で採用されたことに由来する。

概要[編集]

物理形状はミニDIN6Pコネクタ、通信方式はシリアル通信が採用されており、以後のPC/AT互換機の多くではマザーボードに搭載された。通常はキーボード(PS/2キーボード)とマウス(PS/2マウス)の接続に使用される。過去にはバーコードリーダ磁気カードリーダなどの入力デバイス、ごく稀にはポータブルHDD、キーボード切り替え装置などの駆動用電力を取得する目的でも使用された。

キーボードの信号内容はATマザーで使われた5ピンの(ミニでない大型の)DINコネクタと同等であり、PS/2コネクタとの変換コネクタが存在する[1]

ノートPCなどではマウスとキーボードがひとつのPS/2コネクタに統合されていることがある。そのままではマウスかキーボードの片方しか接続できないが、PS/2スプリッターで分岐することにより両方を同時に利用できるようになる。

レガシーデバイス[編集]

1990年代後半以降はUSBBluetoothに置き換わりつつあり、PS/2コネクタを廃止したマザーボードが増えており、レガシーデバイスの1つとされる事もある。

PS/2との両対応を謳ったUSBキーボードやUSBマウスは一般にPS/2コネクタに接続するための変換アダプタが付属するが、この場合はキーボード・マウス側がPS/2の信号に対応している前提があり、変換アダプタ自体は単純な作りになっている。USBマウスの場合はこの手の変換アダプタでPS/2接続でも使用できる場合が多いが、USBキーボードではこの変換に対応していないものも少なくなく、基本的には個々の専用品であって汎用の変換アダプタではない。なおUSB端子を持たないPS/2コネクタのみの古いノート機の一部では変換アダプタ経由では認識できない場合もある。

逆にPS/2接続のキーボード・マウスをUSB接続に変換するアダプタもあるが、こちらはアダプタ内で信号を変換する回路を搭載する汎用品であるため、逆の変換アダプタと比べて大掛かりなアダプタになっていることがある。

またPCIスロットに増設するタイプでUSBチップを搭載した、USBキーボードやUSBマウスとして認識するためのPS/2インターフェース増設ボードもある。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 吉田功、キーボード&マウス・ポートの構造、トランジスタ技術1995年10月号、pp224-239

関連項目[編集]