4K解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

4K解像度(よんケイかいぞうど、フォーケイかいぞうど)とは、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称である。Kは1,000を表す「キロ」の意味で、横・縦の解像度を意味する4K2Kとも呼ばれる。現在民生用では「4K解像度」「4K」と言う場合、以下のどちらかを指して使われる。

名称 横縦ピクセル アスペクト 画素数 主な用途
DCI 4K 4096×2160 1.90:1 8,847,360 映画、カメラ
4K UHDTV 3840×2160 16:9 8,294,400 テレビ放送、テレビ受像機、ディスプレイ

4K UHDTV[編集]

4K UHDTV(4K UHD)はITUが定めた規格。フルハイビジョン(1080i)のちょうど4倍の画素数の映像である。アメリカでは有料ネット配信大手が4Kで自社製作したドラマを配信している[1]韓国では2012年10月から地上波による送信が行われており、2014年4月には3チャンネルとなった[2]。またケーブルでも放送されている[3]

日本[編集]

2013年の4K対応テレビの出荷台数は27万台であった。放送では2014年6月2日にChannel 4Kが開局して4K狭帯域衛星放送を開始した[4]。またISDB方式による4K広帯域衛星放送が2016年以降に予定されている[4][5]。この2つのサービスにはアンテナやチューナに互換性がない。圧縮方式にH.265(HEVC)、テレビとの接続にHDMI 2.0、HDCP 2.2を採用している。

名称 放送方式 開始時期
BS ISDB-S 2016年
110度CS(右旋円偏波) ISDB-S 2020年
110度CS(左旋円偏波) ISDB-S 2016年
CS(124/128度) DVB-S2 2014年

DCI 4K[編集]

DCI 4Kは映画制作会社が加盟する団体 Digital Cinema Initiatives(DCI)で定められている4Kである。そのうち、もっとも使用されるアスペクト比で使用されるのが4096×2160である。この解像度で撮影するカメラも、Canon EOS-1D CやSony CineAlta F65など、一般向けに市場に出ている。

DCI 4Kには4096×2160のほかに、別のアスペクト比、シネスコ(2.39:1)やビスタ(1.85:1)向けの解像度がある。これらは4096×2160をアスペクトに合わせてカットしたもので映画の上映で使われている。

その他の4K[編集]

デジタルシネマ撮影する用途で開発されたカメラでは、以下の解像度が使用される[6]が、これ以外にも複数のフォーマットがある。

アスペクト 解像度
1.90:1 4096×2160
16:9 4096×2304
2:1 4096×2048
2003年に発表、2006年10月から有料貸出事業開始。映画撮影で本格的に使われた最初の4Kカメラとされる[7]
2007年8月から販売、邦画を含む多くの映画撮影で使用されている。

ストリーミング[編集]

YouTubeでは2010年7月より4K(4096×2304)に対応した。[8][9]現在ではUHD(2160p、3840×2160)で表示されるようになった。

歴史[編集]

  • 2006年10月、ダルサ オリジンのカメラが有料で貸し出される。
  • 2007年8月31日、レッドワンの受注販売開始[10]
  • 2011年12月、世界初のテレビ受像機が東芝から発売される[4]
  • 2013年、アメリカのSEIKIから538ドル(39インチ)と低価格のテレビが発売される[11]

2K・8Kとの比較[編集]

DCI
画素数
(横×縦)
アスペクト比
(横:縦)
画素数
2K 2048×1080 1.90:1 2,211,840
4K 4096×2160 1.90:1 8,847,360
フルHDTV・UHDTV
通称 画素数
(横×縦)
アスペクト比
(横:縦)
画素数
2K(1080i フルハイビジョン 1920×1080 16:9 2,073,600
4K2160p 4K UHD・QFHD・4K ウルトラHD 3840×2160 16:9 8,294,400
8K(4320p スーパーハイビジョン・8K UHD 7680×4320 16:9 33,177,600

脚注[編集]

関連項目[編集]